在日のほんとうの姿を知りたいあなたへ。

Q 朝鮮籍とは北朝鮮籍のことですか?


そのような誤解がありますが、実際は違います。元々1910年の韓国併合によって朝鮮人は全員日本国籍となったわけですが、戦後1947年にその時点で日本に在住していた朝鮮人を対象に「朝鮮籍」という「記号」が便宜上作られたのです。その時点では韓国政府も北朝鮮政府も樹立していませんでしたし「朝鮮」という国家も存在しなかったのです(「国籍」ではなく便宜的な「記号」というのはそういう意味です)。ちなみにこの時点での在日朝鮮人は一応「日本人」ではあるけれども「外国人扱い」という、きわめて不安定・あいまいな存在にされていました。正式に日本国籍を離脱するのはサンフランシスコ講和条約(平和条約)が発効した1952年のことです。

1948年、韓国政府が樹立し、その要請から「朝鮮籍」を「韓国籍」に書き換える措置が採られ、それ以降多くの在日コリアンが韓国籍への書き換えを行いました(※注1)が、中には様々な理由から書き換えを行わない人もいました。

つまり、現在の「朝鮮籍」とは、1947年の時点で日本に在住していた在日コリアン(とその子孫)の内、韓国籍への書き換えを行わず、また日本への帰化もしていない人の事を指します。「朝鮮籍」を保持しているのは様々な理由があり、必ずしも北朝鮮を支持しているということではありません。

なお、「朝鮮籍」から「韓国籍」への書き換えは可能ですが、「韓国籍」から「朝鮮籍」へ戻すのはほぼ不可能です。

外国人登録法上に於ける国籍


 本来、個人の国籍を規定する物は、各国の国籍に関する法律等で定められ、日本国家はそれに干渉することは出来ません。外国人登録証に記載されている「国籍」とは、あくまでも日本国内に於ける便宜上の物で、法的根拠を持つ物ではありません。事実、在日コリアンの外国人登録証の国籍欄には「韓国」「朝鮮」としか記載されておらず、正式名称である「大韓民国」「朝鮮民主主義人民共和国」と記載されていません。これを見ても分かるように「外国人登録の国籍は記号」という根拠といえます。

 つまり「朝鮮籍」は当然「北朝鮮国籍」を示したり、また出身地を証明する物でもありません。また、上記に於ける外国人登録の歴史的背景が示すとおり「朝鮮籍」が「北朝鮮政府」の支持を表明する物では必ずしもありません。しかし、長年の国家分断の歴史や思想的背景などが影響し、それでもって支持の表明として維持する者もいます。また一部には、分断された祖国のどちらにも与しない「統一された朝鮮」と言う意思表示として「朝鮮籍」を維持する者もいます。


※注1 1965年に締結された「日韓法的地位協定」で韓国籍の在日コリアンに協定永住資格が付与されることになったため、その申請の時期に多くの在日コリアンが韓国籍への書き換えを行ったといわれています。 
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます