最近更新したページ
Wiki内検索
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
最新コメント
FrontPage by saclouisvuitton.galleryr.org
FrontPage by Scarpe Gucci outlet a prezzi pi┫ bassi
FrontPage by K?p Bogner jacka med stor rabatt, kan du njuta av v?rlden snabb leverans.
FrontPage by Belstaff Medium Uomo Borsa Yello
essays by awesome things!
FrontPage by Moose Knuckles 3/4 Jacket Ladies
リンク集 by stunning seo guys
FrontPage by Atlanta Braves Caps Black White Outlet

お楽しみ満載!『第4回美山ギター音楽祭』

美山ギター音楽祭実行委員会ニュース2月号より


今回、ステファノ・グロンドーナは腰痛(ヘルニア)の悪化により来日が不可能になり、急遽、古い友人のティモシー・ケイン氏に講師を務めてもらうこととなりました。ティムに始めて出会ったのは、35年前マエストロ・ホセ・トマスに師事するためスペインのアリカンテに行って一月ほどたったある日、アリリオ・ディアスのリサイタルの後、歓迎パーティがあり、向かいの席に居たのがティムでした。キャンベラの音楽大学(現ANU)を卒業して、彼もまたアリカンテに着いたばかりでした。オーストラリアからトマス先生に電話したところ、「今、スペインでは何時だかわかっているか!」開口一番叱られたそう、時差を考えずに電話したようです。その後、演奏を聴いてもらったり、聴かせてもらったりするようになり、貴重なアドヴァイスをもらいました。それはいつもわかりやすく的確でした。バスで2時間ほどのアルコイに住んでいたゴンサーレス先生のレッスンにも一緒に通いました。ティムの音楽に対する誠実さ愛は、聖職者のようだと印象に強く残っています。ここ数年、世界各地の国際コンクールでティムの生徒達が驚くべき成果を上げているのも頷けます。ステファノとはまた違った大きな足跡を残してくれるものと確信しています。ティムの初来日を感謝を込めて温かく迎えたく思います。(渡部)


ティモシー・マジックに接する絶好の機会

この3年間で、ケイン氏の生徒達が、世界各地の国際ギターコンクールにおいて14もの一等賞を獲得しています。その手腕は「ティモシー・マジック」として世界が注目しています。そのマジックに接すれば、あなたの演奏も大きく進化するかも…?!


ティモシー・ケイン (Timothy Kain)プロフィール

オーストラリアのギタリスト。キャンベラ音楽学校(現オーストラリア国立大学音楽部)にて、サディー・ビショップに師事。
卒業後、スペインに渡り、ホセ・トマスに師事。第3回アリカンテ国際ギターコンクール優勝。1975年〜 英国王立北音楽大学に学ぶ。ゴードン・クロスキーに師事。バッハ賞受賞。 現オーストラリア国立大学ギター科の主任教授。

1992年にはジョン・ウィリアムスが結成した7人編成のアンサンブル”Attacca”に呼ばれて参加。続いてジョンと二重奏を結成しイギリスとオーストラリアで広くツアーを行う一方、ソニーレコードより二重奏のCD「月とカマキリ」をリリース。

オーストラリアを代表する作曲家達に作曲の依頼・演奏・録音を行うなど長年にわたりオーストラリア音楽の発展に貢献。
また、その門下からは多くの優秀なギタリストを輩出するなどの功績が称えられ 2005年にAPRA (the Australian performing right association)&AMC(Australian music centre)賞を受賞した。



参加するあなたが主役です!

ギター好きにはホントにもう…たまりません!!豪華なお楽しみがイ〜ッパイ!の「第4回美山ギター音楽祭」。音楽に浸りきって、参加する仲間とワイワイ思う存分楽しんじゃいましょう!!美山の夏は、ホントにとにかく素晴らしいんです。この夏、あなたも美山へおいでください!かけがえのない出逢いがきっとあなたを待っていますよ!もちろんあなたが「主役」です。参加をどうしようか迷っているそこのあなた、さぁ一歩踏み出して申込みへGOーーーーー!!!(加藤)


受講料 \45,000(2回のレッスン料、全ての催し物、入場料含む)※受講希望者は、5/15までに所定の申込み用紙に必要事項を記入の上、受講したい曲目を録音したものとともに事務局までお送りください。審査の上、6/15までに受講生を決定します。聴講料、各入場料など詳しくは事務局までお問い合わせください。(通し割引、学生割引あります)

音楽祭 日程
■8/15・14時 ティモシー・ケインギターリサイタル
会場:府民ホールALTI(京都市)
■8/16〜19   公開レッスン(講師:ティモシー・ケイン氏)
会場:安掛コミュニティーセンター(美山町)
■8/17・20時   つのだたかしリュートリサイタル
会場:安掛コミュニティーセンター(美山町)
■8/16,18・20時 聴講生による有志コンサート 
会場:安掛コミュニティーセンター(美山町)
■8/19・19時30分 ファイナルコンサート
会場:安掛コミュニティーセンター(美山町)



ゲスト演奏は世界的リュート奏者のつのだたかし氏

つのだたかし[リュート] プロフィール

ドイツのケルン音楽大学リュート科卒業。リュート、バロックギター等の古典撥弦楽器の独奏、歌曲の伴奏者としてヨーロッパ、日本で、多くの公演、録音を行う。古楽CDレーベル『パルドン』をプロデュースし、歌手・波多野睦美とともに16-17世紀の声楽作品を中心に多数のCDを発表。その多くは「レコード芸術」誌で特選となる。古楽バンド《タブラトゥーラ》、宗教曲を演奏する《アンサンブル・エクレジア》を主催。あたたかい音色、絶妙のアンサンブル、深い音楽性を感じさせる演奏で、広く聴衆の支持を得ている。



聴講生による有志コンサート 「ハイ!ハイ!コンサート」で演奏しませんか!?

聴講生の中にも、ギターを持参をされ、レッスン後に熱心に練習されている姿を数多く見るにつけ、この「ハイ!ハイ!コンサート」をやろうと思いました。この機会にドシドシ皆の前で、腕前を披露してください。先着順で申込みを受け付けております!演奏希望の方は、申し込み用紙にその旨をご記入下さい。参加申込みが多い場合は、曲目を制限させて頂きます。



実行委員してみませんか!?

美山ギター音楽祭には、毎回熱心な製作家の方々がご参加して下さっています。そこで、今回は期間中、参加される製作家の方々に協力を得て作品の展示等を企画しております。又、8/16,18には会場で、聴講生有志による「ハイ!ハイ!コンサート」を予定しております。つきまして、それぞれの企画を担当して下さる実行委員を新たに募集致します!


お問い合わせ
ギターセミナー実行委員会事務局   〒601-0722 京都府南丹市美山町安掛上ノ滝46
TEL/FAX 0771-75-0559     携帯電話 090-3033-0857
e-mail:miyamaguitarfes@gmail.com  http://www.geocities.jp/miyamaguitarfes/



・緊急速報!


ステファノ・グロンドーナ氏の来日を、楽しみに待たれていた皆さんにとても残念なお知らせです。
マエストロが、急遽今回の音楽祭に来られなくなりました。
理由は、椎間板ヘルニアが悪化され、長時間に亘っての旅行にドクターストップがかかったこと、又、痛みの症状があり、手術もご検討されているとのことからです。
とても残念ですが、マエストロが治療に専念され、一日も早いご回復をされますよう心よりお祈り致します。

尚、音楽祭の開催につきましては、予定通り行います。
只今、実行委員会で協議を進めており詳細が決定し次第、情報を公開して参りますのでよろしくお願い致します。

================================================

いよいよあの夏がかえってきます!今年で第4回を迎える「美山ギター音楽祭」は、京都府民ホールALTIでのリサイタルを皮切りに、全国から選りすぐられた受講生達との公開レッスン。夜は日本を代表するリューティストのつのだたかし氏のコンサートや参加者による有志コンサートなど盛り沢山な内容で開催されます。詳細につきましては「第4回美山ギター音楽祭」のホームページに随時アップしていきますので、どうぞそちらをご覧ください。受講生・聴講生の募集も、まもなく始まりますのでお楽しみに!


  • 日程

 8月15日(日)14:00『ステファノ・グロンドーナ リサイタル』
  会場:府民ホールALTI(京都市)

16日(月)公開レッスン 20:00  有志によるコンサート 会場:安掛コミュニティーセンター(京都府南丹市美山町)

17日(火)公開レッスン 20:00 『つのだたかしリュートリサイタル』 会場:安掛コミュニティーセンター(京都府南丹市美山町)

18日(水)公開レッスン 20:00 有志によるコンサート 会場:安掛コミュニティーセンター(京都府南丹市美山町)

19日(木)公開レッスン 19:30 ファイナルコンサート 会場:安掛コミュニティーセンター(京都府南丹市美山町)


《ギターセミナー特別講師》

  • ステファノ・グロンドーナ氏 (ギタリスト)

1958年イタリア生まれ。ローマでセルジオ・ノターロ氏に師事。キジアーナ音楽院でオスカー・ギリア氏に師事。ギターの巨匠セゴビア氏から『ディアス、ギリアとともに私の弟子の中で最も優秀な奏者のひとり』と賞賛された。ガルニャーノ、およびアレッサンドリア国際コンクールで優勝をはじめ数々の国際コンクールで入賞。現在、ヴィチェンツァ国立音楽院教授。


《ゲスト演奏者》

  • つのだたかし氏 (リューティスト)

ドイツのケルン音楽大学リュート科卒業。ルネサンス、バロックリュートのソロプログラムで国内外でのコンサート、放送・レコーディングなどで活動している。また声楽のアンサンブルに力を注ぎ、1990年からデュオを組んでいるメゾ・ソプラノの波多野睦美とのリュートソング・デュオの他、J.ダウランドやC.モンテヴェルディの声楽作品公演を多く手がけている。


後援:南丹市、南丹市教育委員会、平屋振興会

主催:ギターセミナー実行委員会

TEL/FAX 0771-75-0559

e-mail:miyamaguitarfes@gmail.com
2010年02月27日(土) 19:50:03 Modified by ID:1i5bxmQp3Q




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。