最近更新したページ
Wiki内検索
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
最新コメント
FrontPage by saclouisvuitton.galleryr.org
FrontPage by Scarpe Gucci outlet a prezzi pi┫ bassi
FrontPage by K?p Bogner jacka med stor rabatt, kan du njuta av v?rlden snabb leverans.
FrontPage by Belstaff Medium Uomo Borsa Yello
essays by awesome things!
FrontPage by Moose Knuckles 3/4 Jacket Ladies
リンク集 by stunning seo guys
FrontPage by Atlanta Braves Caps Black White Outlet

ステファノ・グロンドーナ録音研究

一種の勉強会のように、各録音を聞きながら、レッスンにおけるマエストロの発言やメッセージがどのように実現されているかを語り合う場所として作ってみます。

Novecento 

(奏)

アレクサンドル・タンスマン カヴァティーナ組曲からサラバンド  

マエストロは楽譜の奥の奥の方から音楽を引き出している。ゆったりとしたテンポの中で
無限の空間の広がりを持った音楽が展開されている。
これを感じさせる理由の一つは非常に優れた拍子感ではないかと思う。
和音の持つ緊張感に合せたテンポ・ルバートがこのすごい演奏を生み出しているのではないか。
又、けっしてギター上で生み出された表面的なものではなく、3次元の空間をうまく使っていると思う。
あと感じるのは作曲者の精神性を汲み取り、なおかつそれにマエストロ自身の精神性も反映させた精神性の
高い演奏だと思う。

(kara)

彼の演奏の中でも完璧、これ以上何も付け加えるものがないといいたくなるものの一つです。また、詳しく返信したいです。
2008年10月20日(月) 13:29:58 Modified by ID:w51P9ECKdg




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。