最近更新したページ
Wiki内検索
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
最新コメント
FrontPage by saclouisvuitton.galleryr.org
FrontPage by Scarpe Gucci outlet a prezzi pi┫ bassi
FrontPage by K?p Bogner jacka med stor rabatt, kan du njuta av v?rlden snabb leverans.
FrontPage by Belstaff Medium Uomo Borsa Yello
essays by awesome things!
FrontPage by Moose Knuckles 3/4 Jacket Ladies
リンク集 by stunning seo guys
FrontPage by Atlanta Braves Caps Black White Outlet

第二回通訳アフターケア

  • 第二回の通訳アフターケアです。
  • (から)です。DVD+CDの配布をすでに始めています。(まだの方すみません。編集すみ次第つぎつぎと送っていきますんで)
もしS.G.英語で聞き取れない単語やフレーズがあって、僕がその場で訳し切れてない(ものばっかりです、ごめんなさい)があれば、カタカナでどう聞こえるか、と、DVDでの時間を記入してここに質問してください。カタカナにできなかったら時間だけでもいいです。カタカナとかいう問題じゃなくて、大体その時間一帯の彼の言っている内容がわからない、というのでもありです。訳します。訳せないかもしれませんけど。(てかあたしの通訳ひどいことになってるなときどき。はずかしい)
で、もし受講生みなさんにみなさんのDVDが配れるとすれば。(準備はするつもりですが、受講生みなさんの了承をまだ得ていません。そのうちあたしから電話が行きますが、まじ断ってくださってもOKコンピューターです)
みんなで、S.G.がそのレッスンで本当に言いたかったことについて議論できると、非常に面白い場になると思うのです。


石橋さん

第一回 A.バリオス/ワルツOp.8-4

第二回 A.バリオス/ワルツOp.8-4

小澤さん

第一回 曲忘れました

第二回 同上すみません

加藤さん

第一回 M.ジュリアーニ/ソナチネOp.71-3

第二回 R.ディアンス/リブラ・ソナチネ第三楽章、M.ジュリアーニ/ソナチネ(だったよね

関澤さん

第一回 G.レゴンディ/夢

(から)

DVD 00:11:28
you can organize the objects,,, these are,,, like objects, one chord, one chord, one base, one chord,
but how they fit together?
So they come from idea of the composer
and they adjust giving their resume, summery of these idea
they adjust elements,,,云々 (彼らは(作曲家は)要素エレメンツを調整する)

すみません。このresumeレシュームはいわゆるレジュメ(要綱、まとめ)であり、彼はその後でsummeryと言い換えてくれているんですが、わたしの頭ではこれがassume(推測する)と聞き違えており、しかもassumeは「集める」という意味だと勘違いしていて、なんか変な訳をしているんですが、でもなんとなくあたらずとも遠からずみたいな。すんません、resumeでした。(から)

第二回 F.ソル/第七幻想曲

高須さん

第一回 S.L.ヴァイス/パッサカリア

第二回 J.ダウランド/ファンタジー

多治川さん

第一回 F.ソル/もしもわたしが羊歯ならばによる変奏曲Op.26

第二回 タレガ/アラビア風奇想曲(だったよね

築岡さん

第一回 武満徹/すべては薄明のなかで 第一楽章

第二回 武満徹/すべては薄明のなかで 第一楽章 第二楽章

(から)

非常に重要な場面を訳し切れていません。ごめんなさい。
DVD35:15ぐらいから。最初はBflat->Eの話(これは二音ではなく一音だ)をしています。だけどそのあとでそのひとつ前のCsharp->Bflatの二音の関係についてCsharpが強すぎるという話に移ります。
it depends on how high you can go with the B flat
このシフラットとともにあなたはどこまで高いところまでいけるかにかかっている
your right hand is stronger than your mind
右手に弾かせてしまっている
そのあとで「アルペジオス」といっているような気がしますが多分これは「技巧的にアルペジオを弾いているだけだ」と非難しているのだと思います。
so you have to invert ...(僕のこえが邪魔してわからないですごめんなさい。おそらく"sense"系の言葉を言っています。彼の右手が回転しているので、要するに「その右手のアルペジオは技巧ではなく、君自身のセンセーションに変換しろ」といっているわけです)
つづく
えっと、僕が誤訳しているのは「Do#に気持ちを篭めろ」と訳したのは、Do#ではなくてSi♭に「向かえ」ということをS.G.は言っていて、むしろDo#に重力をあまり置きすぎてはいけないところを僕はそう仕向けるような訳をしてしまっているということをちゃんと訳しなおしておきたいのです。今ちょっと時間内ので要約だけ。Si♭の高さを感じろと最初に(35:15)言っていますが、後半にはDo#がaloneでsquareでSiflatに向かっていないということを言い続けているのですが訳せてないです。むしろ逆を訳しました。ごめん。
つづく
  • あと、なんか逆のことを言ってる場面があった。シドソドレファの音形で「何でラレンタンドするんだ」と言うようなことを言ってるとき、「そこは、ラレンタンドで」と。そこでのからさんは、かなり疲れた声だった…。

(から)

あー、すまんです。超チェックしたいので時間を教えてください。

徳永さん

第一回 D.スカルラッティ/ソナタK.11

第二回 H.ヴィラ=ロボス/5つのプレリュードより 2番(だけだったっけ?)

等々力さん

第一回 M.M.ポンセ/プレリュード ホ長調

第二回 M.M.ポンセ/プレリュード ホ長調

渡辺さん

第一回 ソル/魔笛の6つのアリアより1〜4

第二回 ソル/魔笛の6つのアリアより5・6

2008年08月30日(土) 00:30:37 Modified by kzkara




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。