ワールドメイトと深見東州(半田晴久)について

深見東州先生の業績

人気オペラを身近に


オペラファンにオペラを身近なものにし、世界に日本文化で吸収したオペラを発信する目的で、深見東州先生はIFACを通じて、西洋の人気オペラを音楽と原語はそのままで、日本文化を背景にした舞台設定にして、毎年上演している。博士が主役や準主役を演じたオペラには、「元禄のトラヴィアータ」、「大正時代のボエーム」、「雛祭りのフィガロの結婚」、「リゴレットin ジャパン」、「大江戸版 好色男のファルスタッフ」などがある。

ボウリングの振興に尽力


深見東州先生は、ISPSを通じてゴルフとボウリングの振興に尽力している。過去数年間にISPSが支援したイベントは、PGA半田杯フィランソロ ピー・シニアトーナメント(日本における賞金総額最高となるシニア男子公式トーナメント)、グランドゴールド半田杯兼ASEAN在京委員会ゴルフトーナメ ント(在東京ASEAN諸国大使館のコンペ)などがある。ボウリング振興のためには、2007年より、最も権威のある男女の公式戦トーナメントをスポン サーする。また、女子シニアトーナメントにも力を入れている。

貧困と格差、病苦を救う


深見東州先生は日本国内外に十数社の企業を経営する国際的ビジネスマンである。実践派経営コンサルタントとして、数多くのシンポジウムやセミナーで講演し、経営するコンサルタント会社の顧客企業の企業経営評価を通年で行っている。また、宗教協力によって貧困と格差、病苦を救うプロジェクトを、国連認可の団体で進め、ワールドバンクや英国国教会と協力して進めている。

幅広い分野に230冊超す著作


著書は230冊を超える。ビジネス書、経営書に限らず、芸術、文化、宗教その他、分野は多岐にわたる。主な著作には、「中小企業の経営の極意」、「Understanding Japan」、そして420万部を売り上げ数カ国語に翻訳された「強運」などがある。また、日本で美術分野の出版社としてもっとも著名な求龍堂より、多数の書画集を出版している。詩集三冊、句集二冊、絵本も数冊出版している。

最近では小説家としてデビューを果たし、二冊目に出版した一冊で、社団法人 日本図書館協会選定図書に早くも選ばれている。

FM全国ネットで放送20年


深見東州先生はまた、FM全国ネットで20年近く放送され続けている、「さわやかTHISWAY」のパーソナリティやFM79.5(NACK5)の「遊びがNight」のパーソナリティも務めている。

週一本のレギュラー番組、「さわやかTHIS WAY」(FM・全国ネット)を担当

北海道(AM) (日)AM9:00〜9:30
FM大阪 (日)AM7:00〜7:30
ふくしまFM (日)AM7:00〜7:30
FM山陰 (日)AM7:00〜7:30
intarFM (日)AM7:00〜7:30
FM山口 (土)AM7:30〜8:00
FM富士 (日)AM5:30〜6:00
FM香川 (日)AM7:00〜7:30
静岡放送(AM)(日)AM7:30〜8:00
FM長崎 (日)AM7:00〜7:30
FM石川 (日)AM7:00〜7:30
エフエム熊本 (日)AM7:00〜7:30
FM三重 (日)AM7:00〜7:30
FM沖縄 (日)AM7:00〜7:30
KISS-FM (日)AM7:30〜8:00
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

ワールドメイトランキング

  • seo

管理人のみ編集できます