みんなが自由に練習できるウィキです。

浄化槽のフタ
ライター:akinto010さん(最終更新日時:2017/4/8)投稿日:2017/4/8
ナイス!:0閲覧数:16
ノート
関連Q&A
印刷用のページを表示する
浄化槽のフタが壊れたりした場合取り替えますが、純正品でないと合わないと
主張する販売サイトがある一方、ほとんど合うと主張するサイトもあります。
純正品を高く売りたいサイトは前者であり、後者はノンブランド品を安く販売します。

良心的なショップはココ↓
http://kudohkenzai.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=626...
浄化槽メーカーはたくさんあってフタのデザインもさまざまですが
じつは樹脂製のフタその物を作っているメーカーは他にあり数はそう多くありません、
浄化槽メーカーはここからフタを購入しています。
自社で作るより安く買えるからです。

そして樹脂製のフタは規格こそないもののほとんど同じ寸法で互換性があります。
鉄製やコンクリート製は合いません。

Φ450、Φ500、Φ600の3サイズあり、実際の寸法は呼び径より弱冠大きく作られています。
呼び径はフタを載せる枠の内側の直径を表しているからです。
マンホールと呼ばれることもありますが、man holeつまり人が通る穴のことですから
日本語では人孔(じんこう)と呼びます。

したがって孔の一番狭い部分で450mm 500mm 600mmが保障され、フタはそれより
大きくなります。
タグ

このページへのコメント

練習

Posted by のん 2016年01月23日(土) 23:31:33

もぐもぐ

Posted by ぽてち 2015年12月15日(火) 20:09:40

練習でございます

Posted by とりがら 2015年12月14日(月) 22:01:41

とむはあしを

Posted by かたろむ 2015年04月11日(土) 13:21:41

練習します

Posted by ああああ 2011年02月12日(土) 00:01:23

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

フリーエリア

どなたでも編集できます