みんなが自由に練習できるウィキです。

見出し

古紙・鉄屑・アルミ缶及び家電製品を回収を生業とする人あるいは会社。
昭和30年代には大阪陸軍造兵工廠跡地に放置された膨大な鉄類を盗むアパッチ族という窃盗集団も存在した。
芥川賞作家である開高健が『日本三文オペラ』の題材ともしている。
その他、ヤン・ソギルもアパッチ族の暗躍を描いた『夜を賭ける』で直木賞候補となった。
また、矢沢永吉もキャロル結成前の下積み時代に古紙回収のアルバイトをしていたことを自著『成りあがり』にて記している。
現在は一部の業者が先積みといわれる方法(廃品を積み込んだ後、法外な金額を請求する)業者が社会問題となっている。
なお、古くは江戸時代には屑屋として落語の題材とされることも多い。『らくだ』『井戸の茶碗』など。

夜を賭けて

成りあがり

日本三文オペラ


らくだ(柳家小三治)


廃品回収業者

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

フリーエリア

どなたでも編集できます