当wikiは、高橋維新がこれまでに書いた/描いたものを格納する場です。

お笑い論・トップ
前→お笑い論 5.展開(10)繰り返し・天丼
次→お笑い論 あとがき

(11)その他

 その他、お笑いでよく聞く見られる用語やコンテンツについて説明を加えます。

大喜利

 これは、特に言うことはありません。お題があって、それにボケて答えるというものです。プロでもアマチュアの間でも広く行われています。

 前述の通り、大喜利力はお笑いの世界における基礎体力であることは間違いないと思います。大喜利で考えたボケはあくまでプリミティブなエレメントに過ぎず、その後でこれを並べて前後に絡み合わせ、複雑なネタを作っていくもんだと思います。そういう作業をせずにエレメントのボケをそのまま見せる大喜利というショウは、ショウとしてやるとしたらもう少し工夫をすべきだと思います。

 基本的には、「大喜利」と銘打ってやるとお客さんが「これからおもしろいものが見られる」と考えてハードルを上げてしまうため、まじめなクイズやアンケートの体で初めて実質は大喜利とであるうことは隠し、奇襲を志向すべきではないでしょうか。
 実際はまじめな質問なのに、気づいたら大喜利化していたということも結構あるでしょう。こういうのが、理想的です。2chでも、大喜利化しているスレッドはよく見かけます。2chの強みは、テレビ・新聞・雑誌のようなメディアにおける束縛(放送禁止用語/下ネタ/暴力描写/スポンサーへの配慮など)にほとんど縛られないことと、単純にネタを考えている人の絶対数が多いことでしょう。
 大喜利でも、ボケのパターンを増やすことは有効です。敢えてすべる、敢えてまじめに質問に答えない、敢えて人の答えをパクる、敢えて前と同じことをいう、など。もちろんお客さんが意表を突かれるかもしれませんが、司会者に技量さえあればきちんと笑いとして回収できます。ただまじめな大喜利イベントではこういうことをやると「邪道」として嫌われる可能性もあるので、そこは空気の読みどころです。筆者としては、ボケを一次的なもののみに限ってしまうと笑いの可能性を自ら狭めることになるので、単に受け手の笑いをとるという局面では、そういう限定をかけない方がいいと思っています。もっとも一次的なボケのうまさを競う大会などでメタなズレをやられても困るわけですが。
 このようなメタなズレを提供している人の代表格が、「笑点」の林家木久扇こと木久ちゃんです。木久ちゃんは、敢えて馬鹿なことを言う、答えができていないのに手を挙げる、くだらないダジャレしか言わないなど、「まじめに答えられていない」というメタなズレを作出してきます。木久ちゃんの場合、もう何十年もこういうことをやっているので、これがキャラクターとして定着しており、お客さんもどのようにおもしろいのかを分かっているという利点があります。司会者の歌丸さんも、扱い方をきちんと分かっています。笑点のまじめなボケは、年配の方向けに分かりやすく作ってあることが多いので、若い人には木久ちゃんの答えが一番楽しめるのではないでしょうか。
 あと笑点では円楽さんがよく社会や政治を諷刺した答えを言いますが、あれは笑える答えではなくて、単にうまい答えです。「おもしれ〜」ではなくて「うめ〜」「すげ〜」の類です。まあ、需要があるのであればよいのではないでしょうか。

トーク

 これも特に言うことはありません。
 しゃべりによってズレを作出するという構造は漫才と同じです。ボケとツッコミという役割付けが漫才ほど明確にされていないだけです。話題があって、その中で参加者がバラバラとしゃべります。誰かがフり、誰かがボケ、別の誰かがツッコむというのが大筋の流れですが、ときに、単体としてオチがついて完結している話があります。これを俗に「おもしろい話」と言います。
 笑いというコンテンツに特化したトーク番組はたくさんあります。「アメトーク」「ダウンタウンDX」「人志松本のすべらない話」などが全国区で有名なところでしょう。その中でも「すべらない話」は、前述した「おもしろい話」に特化した番組です。
おもしろい話は、それひとつで落とす必要があるため、ズレの存在を聞き手に認識させるためのフリとツッコミの使い方が重要になってきます。話に出てくる事実を伝えるだけでフリやツッコミが充足されている場合もありますが、そうでない場合は自らこれを足す必要があります。別の手段として、ズレの程度を現実よりも高めて分かりやすくするというものもあります。後者は「程度の極端さ」によってズレを高めていくもので、俗に「盛る」と言われるテクニックです。

なぞかけ

 これこそおもしろいものではなくて、「うまい」「すごい」の世界に入るものです。なぞかけは、余程工夫しないと笑えるものにはならないと思います。
 なぞかけがなぜ笑えないかと言えば、単にダジャレ的に言葉の類似を指摘するものであって、ズレを作出しないからです。ではなぜダジャレは笑えないのかという話になります。

ダジャレ

 ダジャレは笑いを生みだすものでは基本的にはありません。なぜかって、言葉の音の類似を指摘するに過ぎず、ズレを生むものではないからです。
 おそらく、元は天然ボケだったのでしょう。「エコロジー」と「エロジジー」を天然で言い間違えたとしたら、それは確かにズレがありますが、わざと言ってもズレは大してありません。

 ダジャレが笑いに使われる場合、以下のパターンがあると思われます。
.瀬献礇貅体が生むズレ
△修領犹性から勘違いを生じたというズレ
ダジャレを言ってすべるというすべり芸
ぅ僖蹈妊のタイトル

 は特に言うことはありません。笑点の木久ちゃんとかです。
 い蓮△△までパロディであるため、それ自体がズレになるわけではなりません。もっともこれについても´△里茲Δ弊質を帯びた結果ズレになることもあります。
 △蓮∨粗に記した天然ボケです。タメ口のローラと西城秀樹のローラを間違えたというような話です。わざと言ってもさほどおもしろくないので、天然を装った方がいいです。また、時間を稼ぐにはここから話を広げていく必要があります。
 ,砲蓮△いつかパターンがあります。言うだけでズレになるシモ絡みのダジャレ(あそ国際マラソン)、あまりにマニアックだ(武市シュンペーター)、ダジャレで指摘されている状況にズレがある(そういえば総入れ歯)などです。
 要は、ダジャレもズレを生みださないとダメだということです。そうでなければ、これも「うまい」「すごい」で終わる類のものです。

お笑い論・トップ
前→お笑い論 5.展開(10)繰り返し・天丼
次→お笑い論 あとがき

Menu

メニューサンプル1

メニューサンプル2

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

管理人のみ編集できます