日本で発生、及び海外における日本人の未解決事件・失踪/行方不明事件の一覧・まとめ・リスト・データベース。

★新刊案内★


【ワラビ採り殺人事件(長岡京殺人事件)】 昭和54(1979)年5月 京都/長岡京
2014.8 宇治市マラソン主婦行方不明事件追加

 昭和54(1979)年5月23日、長岡天神駅前のスーパー「イズミヤ」のパート仲間で、
長岡京市に住んでいた水野恵子さん(当時32歳)と明石英子さん(当時43歳)はスーパーの仕事を終え、
そのまま自転車で午前10時、同市奥海印寺の通称「野山」
(美竹台住宅地の裏山河陽が丘内の竹林)へワラビ採りに出掛けた。
野山は近所の人が山菜やタケノコ狩りをピクニックがてら家族で楽しむような場所で遭難などの危険はない。
しかし何度もワラビ採りに出かけていたはずの明石さん、
3時半には子供を保育所に迎えに行く予定だった水野さんは戻ることなく消息をたった。
 心配した家族の通報を受けた向日町署が野山を捜索したところ、
25日午前10時半ごろ、山頂近くで2人の遺体が発見された。
水野さんは左胸を包丁で刺され、明石さんは首を絞められて死んでいた。
現金や腕時計など2人の所持品は奪われていなかった。持ち歩いていたリュックの中には、
所持金、空の弁当、ワラビの束がそのまま入っていたことと、
検死の結果から、二人は昼食の弁当を食べた正午過ぎから午後2時半の間に殺害されたと考えられた。
明石さんの履いていたジーパンの右ポケットから、
「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」

と裏に鉛筆で走り書きされた、勤め先のスーパー「イズミヤ」のしわくちゃのレシートが見つかった。
 警察は現場の山道の表層土砂を全部ふるいにかけ、
メモを書いたのに使用されたと思われる鉛筆の芯(先の部分)を、
遺体から約17メートル離れた土砂の中から発見しているが、鉛筆自体は見つからなかった。
 2人の遺体にはそれぞれ数十カ所殴られた跡があることから、
犯人は空手などの武術の心得がある者ではないかと思われた。
警察庁科学警察研究所の鑑定の結果、犯人の血液型が1つだけ検出され、O型と判明。
だが、白昼に主婦2人を一度に襲い、多数の殴打の跡があることなどから複数犯の可能性もある。
 遺留品は凶器の包丁だけ。包丁から指紋は検出されなかった。
包丁は岐阜県関市で作られた約7万本の中の1本とみられているが、販売ルートは解明されなかった。
 犯行当日は山菜取りシーズンだったこともあり、15・6人が野山に入山しており車両も5・6台駐車していた。
また付近には宅地造成地があり、多数の作業員が工事に携わっていたので人の出入りは多かったが、
怪しい人物を目撃した人は現れなかった。

 明石さんは全身約30箇所の皮下出血、手拳や蹴り上げられたような跡があった。
左右計9本の肋骨が折れ、肝臓が破裂していた。
シャツに乱れはあったがきちんとジーパンを履いていた。
しかし、体液が検出されたことから強姦されたものと思われる。
死因は首を両手で絞められたことによる窒息死。
 水野さんは約50箇所の皮下出血、手拳や蹴り上げられたような跡があった。
0型の血液型と特定された体毛が付着していた。死因は胸を刺された事による失血死。
胸には肋骨を切断して、心臓から肺にまで達する包丁が突き刺さったままだった。
発見当時、下半身の下着が引き裂かれて、ジーパンや靴が遺体近くに散乱しており、
性的暴行を受けた可能性も示唆していたが、体液は検出されなかった。

 府警捜査本部は捜査員延べ約二万五千人を投入して捜査を続けたが捜査は難航し、
犯人は逮捕されることなく時効を迎えている。

◎宇治マラソン主婦行方不明事件※殺人・死体遺棄で捜査 ←2014.8追加

ワラビ採り事件が起きる半年前の1978(昭和53)年11月23日夜、
現場から15キロほど離れた京都府宇治市槙島で、
マラソン(ランニング)中の主婦、前田昭子さん(当時38歳)が行方不明になった。
警察が付近を捜索すると自宅近くの農道で血痕が見つかり、
そこから200メートル離れた田んぼまであぜ道に血痕が点々と続き、
人を引きずったような跡と複数の足跡も残されていた。
流れ出た血液は1リットルあまりにものぼっていた。
しかし前田さんの姿はそこにはなく、何者かに連れ去られたものと思われた。
付近で交通事故の痕跡がないことから、警察は殺人・死体遺棄事件として捜査。
しかし未解決のままとなっており、ワラビ採り殺人事件との関連が取り沙汰されている。
※参考資料:京都新聞 1978年11月25日

◎事件をめぐる都市伝説〜長岡京主婦放火殺人事件

〜事件から5年後の昭和59(1984)年5月、同じ長岡京市で主婦が
自宅で首や背中を刺され、衣類や布団をかぶせられた上、
(布団でぐるぐる巻きにされていたと言われているがそのような事実は無いようである)
放火されて殺害された事件(未解決のまま時効)の被害者木下京子さん(当時48歳)は、
ワラビ採り殺人事件で殺害された2人の主婦と同じスーパーでパートをしており、
当日も一緒にワラビ採りをしていたが、先に帰って難を逃れていた。
しかしこの事件で犯人に殺されてしまった〜

 これがネットで噂されている内容である。
 しかしワラビ採り殺人事件とこの事件共に、時効時の新聞記事には
互いを関連づける記述(警察の談話等)が無く、同一犯の可能性は無いものと思われる。
※放火殺人の現場では血痕が採取され、ワラビ採り事件でも体液が採取されている。
 血液型は同じO型であった。


◎もうひとつのワラビ採り殺人事件

“ワラビ採り”というキーワードが共通する殺人事件が、昭和62(1987)年5月に兵庫県西宮市で起こっている。
こちらは犯人が逮捕され、無期懲役が確定している。

このページへのコメント

なんで体毛まであって見つからないかなあ

Posted by あああああああ 2015年09月14日(月) 14:38:17

やばいっす

Posted by asann 2015年03月16日(月) 15:51:46

日中友好条約の翌年の事件、メモも日本人じゃないね。

Posted by go 2014年06月19日(木) 01:06:38

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

事件関連書籍

★新刊★




twitter

新刊案内

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます