日本で発生、及び海外における日本人の未解決事件・失踪/行方不明事件の一覧・まとめ・リスト・データベース。

【神隠し】広島一家失踪事件

★新刊案内★


広島県世羅町。岡山県との県境に近い山間の町で不可解な事件が起こった。
同町に住むYさん一家がペットの犬とともに忽然と姿を消したのだ。
Yさん宅は建設会社勤務のMさん(58)と妻J子さん(51)、
Yさんの母(79)の3人暮らし。他に愛犬の「レオ」が一緒に暮らしていた。
美人と評判で町のキャンペンガールもつとめたことのある小学校教諭の長女Cさん(26)は、
竹原市内にアパートを借りて独り暮らしをしていた。

事件が発覚したのは、2001年(平成13年)6月4日。
この日は妻が勤める会社の中国への社員旅行の出発日だったのだが、
集合時間になっても現れないJ子さんを心配して迎えにいった同僚が、
誰もいないYさん宅の異変に気づいた。
Yさん一家は忽然と姿を消してしまっていたのだ。
親族から捜索願いをうけ、広島県警甲山署は機動隊やヘリコプターを動員して
付近を捜索するも、一家の姿を見つけることはできなかった…

奇妙なのはYさん宅の様子。
玄関の鍵は締まっており、侵入や争った形跡、血液反応もない。ただし勝手口の鍵は開いていた。
J子さんの旅行代金や定期預金通帳も手つかずで残っていたことから、強盗などは考えにくい。
Yさんの車がなくなっていたことから、その車で出かけたと思われるが、
J子さんやCさんの携帯電話や免許証は残されおり、
玄関からは4人分のサンダルが無くなっていたが靴はそのまま。
J子さんが行くはずの旅行に持っていくであろう鞄が準備されていた。
またパジャマが見当たらず普段着が畳んであったことから、
サンダル履きのパジャマ姿でほとんど何も持たず家を出たことになる。
蒸発するにしてはあまりにも不自然な格好である。
それに電気がつけっぱなしで、翌朝の朝食が
虫除けネットをかけた状態で準備してあったことを考えると、
失踪は想定外の突発的な出来事であったと想像できる。
だが、状況や証言などからは拉致を疑わせるものは出てこない。
先に触れたように争った形跡がないことや、
近所の人が争う物音を聞いていないこともあるが、
ペットの犬も一緒に姿を消してしまっていることが拉致の線を薄くさせている。
犯人が鳴き声など厄介が多い犬をわざわざ連れ出すことは考えにくいからだ。
自らの意思で失踪したのだとしても、その動機が見当たらない。
Yさん一家の周りには特にトラブルもなく、
恨みをかうような人ではないと多くの者が証言している。
金銭的に困っていたという事実も出てこない。
妻のJ子さんは旅行を楽しみにしていたし、
長女Cさんは職場のアイドル的存在でトラブルの噂もない。
そして将来を約束した男性がいて幸せの最中であり失踪する理由は一見無いのだ。

まさに「神隠し」としか言えない謎の失踪事件なのである。

Yさん一家はいったいいつ頃失踪したのか?
一家で一番最後まで消息がわかっているのは長女のCさん。
前日PTAの球技大会とその後竹原市内での親睦会に出席し、
午後9時半頃には同僚の教師を自らの車で送り届けている。
その時Cさんは、母のJ子さんと電話をしていたのを同僚が聞いていた。
その内容はCさんが化粧品を忘れたので実家に取りに行くというもの。
その後同僚は自宅前でCさんと別れている。これが最後の目撃証言となる。
近所の人は午後10時50分頃に「バタン」という車のドアが閉まる音を
聞いているが、それがCさんが降りた音なのか、Yさんの車に乗る音なのかは不明。
シーツに乱れた後がなく、翌朝午前4時に新聞配達員が訪れた時には
すでに人の気配がなくYさんの車もなかったことから、
3日深夜から4日未明にかけての眠りにつく前に失踪したことになる。
果たして深夜のYさん宅で何が起こったのであろうか…?

地元世羅町では、近くの大将神山で起きた神隠しになぞらえこの事件を語る者もいる。
江戸時代、お夏という女中が突然姿を消し、いくら捜しても見つからなかったという伝説があるのだ。
山には「お夏の墓」があり、そしてその大将神山は、Y家が以前まで所有していた山というのである。


…失踪から1年程が経過した、2002年9月7日。
世羅町にある京丸ダムの湖底で、通行人が車が裏返しで湖底に落ちているのを発見、
車のナンバーからYさん所有の車と判明し、車内から4人と愛犬の遺体が見つかった。
雨不足によって水位が減少したことが車の発見に繋がったのである。
甲山署は・遺体に目立った外傷がないこと・車のキーがささったまま
・転落したと思われる場所の入り口には車止めがあり誤って進入する場所ではないことや、
関係者への事情聴取から納得いく動機が判明したこと等から、無理心中と判断した。
その動機は公にはされていないが、地元ではまことしやかに語られているという。。
ただし、無理心中としてもダムに飛び込むまでなぜ家族は抵抗しなかったのか?
車の窓が開いていたのに逃げられなかったのか?といった疑問が浮かんでしまう。。


◎参考資料(広島一家失踪事件の記事有)
『都市伝説と犯罪』 朝倉喬司 現代書館

このページへのコメント

首謀者に、何か今後生きていくのが嫌になるような重要な事実を突きつけられて、泣きながら土下座して心中を頼まれたりしたら、案外その場の雰囲気に流されて同意してしまうのかもしれないな・・・「一人で死ねばいい!」なんて家族にはなかなか言えない。メンバーが多くて1人が反対すれば「私もやっぱり嫌・・・」と言い出せるかもしれないが、例えば祖母、父、母が心中の意思を固めてしまった場合、いくら未来がバラ色な娘さんでも1人離脱するのは相当に重い決断になる。無理心中というよりは集団自殺に近いものなのかも・・・

Posted by しん 2016年03月06日(日) 14:31:59

深夜に一家揃って車でパジャマ、サンダルはおかしい。夫による無理心中だとしたら、どのように言って家族を誘い出したのだろう。

Posted by ドンキー 2016年02月19日(金) 05:43:56

どうしてもどうしてもうるせーよw

Posted by エセコナン共 2016年01月26日(火) 10:30:57

この事件は
ダムに普通の人は入れないのですが
この父親だけは関係者で入り方を知っていたということがわかったので、ほぼ100%父親のしでかした無理心中です。
朝食をなぜ作っていたかは
もちろん母親も娘も誰も
このあと父親の心中に付き合わされるとは
知らなかったからです。
眠らされたか、殺されたかで
みんな車に乗っけてダムに突っ込んだんでしょう。
無理心中は父親がやることが多く
その場合妻だけじゃなく
自立して外に出てる子供まで含め
一家すべてを身勝手に殺す事件が多いです。

Posted by ようこ 2016年01月09日(土) 15:35:07

この事件の不思議な事は、無理心中ならなぜに朝食を作っていたのか?
一般的に死を覚悟したら食事を残さない。つくらない。

Posted by 虚構 2015年12月26日(土) 22:08:10

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

事件関連書籍

★新刊★






twitter

新刊案内

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます