日本で発生、及び海外における日本人の未解決事件・失踪/行方不明事件の一覧・まとめ・リスト・データベース。

【鈴鹿女子中学生バラバラ殺人事件 他連続少女略取・強姦致傷等事件】

★新刊案内★



平成4年(1992年)8月25日朝、三重県鈴鹿市の中学生3年生Aさん(当時14)が、
犬の散歩に出かけたまま戻らず行方不明になった。
Aさんは宝塚歌劇団に入ることを目指し努力していて、家出するような理由は見当たらない。
家族は捜索願を出して懸命に捜索するも、Aさんの行方はようとして知れなかった。。

2年後の平成6年(1994年)8月11日、三重県伊賀町の竹谷池でビニール袋にくるまれた
手足のない遺体が発見される。渇水によって水位が低下し釣り人が発見したのだ。
歯の治療痕などからこの遺体は2年前に行方不明になったAさんと判明、警察は捜査を開始する。
聞き込みの中で「犬の死体を伊賀方面の池に沈めた」と話していた男がいたとの証言から、
新潟県燕市の自動車修理業、樋田(といだ)康則(当時29)を逮捕する。

樋田は事件当日、当時勤務していた鈴鹿市内の会社に出勤後自らの四輪駆動車で外出。
犬の散歩中のAさんを見かけ乱暴することを計画。
背後から車ではねるも、けがが予想外にひどく乱暴することを断念。
発覚を恐れ殺害を決意し、さらに車をバックさせて轢いて殺害した。
その後Aさんを亀山市の石水渓に運び、ノコギリで遺体の手足を切断し、
いったん伊賀町の鴉山池に胴体と手足を別々の黒ビニール袋に入れ遺棄するも、
1週間後胴体部分だけ浮かびあがってきたため、知人に
「犬の死体を捨てたが浮いてきた。気持ちが悪いので手伝ってほしい」と頼み、
伊賀町の竹谷池に頭部・胴体部分を黒のビニール袋に入れ、重りをつけ遺棄した。

樋田は事件後新潟県に転居。4年前に結婚していた妻と2人の子と家を新築し、
自動車修理工場を始めるなどしていた他、所属していたチームのメカニックとして
「鈴鹿8耐」などに参加していた。
そうして平然と生活する一方、樋田は次々と少女を狙った同様の事件を犯していた。

その事件とは
,錣い擦通榲略取・強姦致傷・窃盗 事件
平成2年(1990年)7月10日、千葉県流山市内で下校途中の当時14歳の女子中学生を背後から車を接触して転倒させ、
車のトランクに押し込んで茨城県結城郡に連れていき強姦しようと殴るなどの暴行を加えたが、
少女が隙を見て逃げたため未遂に終わる。少女が落とした学生手帳を盗む。

強盗致傷・殺人・死体損壊遺棄 事件
鈴鹿市内の上記事件

わいせつ目的略取未遂・傷害・窃盗 事件
平成5年(1993年)5月25日、新潟県西蒲原郡内で自転車で下校途中の当時16歳の女子高校生に道を尋ね、
少女がメモ用紙に道順を書いているすきに、頭をプラスチックハンマーで何回も殴ったが、
少女が逃走したため略取はできなかった。また、少女が落とした学生手帳等を盗んだ。

い錣い擦通榲略取未遂・傷害・窃盗 事件
平成5年6月21日、新潟市内で自転車で下校途中の当時15歳の女子中学生を、
後方から自転車に車を追突して転倒させたが、少女が逃走したため略取はできなかった。
また、少女が残した学生手帳等を盗んだ。

ソ撒鐃入・強姦致傷・窃盗 事件
平成5年7月28日深夜、新潟県西蒲原郡内の住居に侵入し、寝ていた16歳の女子高校生に対し、
略取目的で右目内眼角付近をケガキ針(金属製工具)で突き刺し、脳内に達する傷を負わせた。
その場で強姦しようとするも失敗し逃走。少女は左半身不随となり車いす生活を余儀なくされ、
右目失明・言語障害等の後遺症も残った。
犯行の2ヵ月前と1ヵ月後にも被害者方で、学生服等を盗んでいる。

Δ錣い擦通榲略取・傷害・強姦未遂・強盗 事件
平成5年12月1日、福島県麻邪郡内で下校途中の当時13歳の女子中学生を背後から車を接触して転倒させ、
少女を車の後部座席に乗せて新潟県東蒲原郡まで連れて行き車内で強姦しようとしたが失敗。
また、被害者から着ていたセーラー服等を奪い、裸にして山林に放置した。

その他新潟県内で、クリーニング店・学校・商店・民家などから、
女子中高生の制服等を盗むという窃盗を9件犯している。

樋田は以前から女子中高生の制服に異常な興味を示し、民家に忍び込んで盗むなどした上、
自ら着用したり、交際相手や妻に着させてセックスしたりしていた。
乱暴目的で車をぶつけて少女をさらう手法はアダルト本の内容をまねたものだったという。
同様な手法は平成9年(1997年)の奈良県月ヶ瀬村の女子中学生殺人事件でも行われている。

検察は死刑を求刑するが津地裁で無期懲役の判決が下される。
控訴審ではセ件の被害者A子さんが証人として父親と車いすで出廷。
後遺症の頭痛などに悩まされ、薬を飲み続けていることや、
夢見ていた保母の資格取得が出来なくなり、将来のことは何も考えられないこと、
左目の視力まで低下してきていることなどを、やや不自由な口調で切々と語り、
「どういうことをした人が死刑になるのか。こんな体にされたことが悔しい」と訴えた。
しかし名古屋高裁は1審判決を支持し、控訴を棄却した。
名古屋高検は上告を断念。平成9年(1997年)6月に無期懲役が確定している。

※判決から1年半あまりが過ぎた平成11年(1999年)2月、樋田は自殺した。
1999.02.14 朝日新聞大阪朝刊、2003.05.20 読売新聞大阪朝刊で確認

◎参考サイト
http://f26.aaa.livedoor.jp/~nanase/sikei/sk001.htm

このページへのコメント

裁判官ってなんなんだろう。

Posted by 自殺したとか甘えんな 2017年02月07日(火) 13:04:49

どうせ死刑にならないなら被害者と同じく両手足切断(麻酔無し)、両目から釘を脳内まで入れるくらいしろって、もう死んでるんだっけ。
自殺ってもこんな所に閉じ込められる俺カワイソスもう死ぬぉ、くらいにしか思ってなさそうだな、おい!

Posted by 特命 2016年06月17日(金) 09:30:01

日本の司法は間違っています、こんな判決では
いつまでたっても性犯罪はなくならない。一体いつまで
女性が犠牲にならないといけないんでしょうか?
性犯罪者は死刑、未遂は外国の刑務所へ送還で良いと思います。犯罪者に人権は必要ありません。
厳しくしないと、いつまでも犯罪はなくなりません。
皆さんはどう思いますか?
凶悪犯罪者に更生は無理なんです

Posted by m 2016年06月02日(木) 19:12:58

顔に釘打ち込まれるとか、想像するだけで恐ろしい なんで、これだけの犯罪を犯して死刑にしなかったのか。何故、もっとはやく捕まえられなかったのか 日本の警察は価値なしだな

Posted by 匿名 2015年11月03日(火) 17:31:16

所以这样就可以发言?

Posted by 看不懂 2015年10月21日(水) 17:54:12

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

利用規約をご確認のうえご記入下さい

事件関連書籍

★新刊★



twitter

新刊案内

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます