日本で発生、及び海外における日本人の未解決事件・失踪/行方不明事件の一覧・まとめ・リスト・データベース。

★新刊案内★


主な行方不明関係者への怪電話・怪文書

◎1965(S40). 7 鈴木俊之くん行方不明事件
 行方不明2日後、近所のホテル・親戚宅・父親の勤め先の3ヶ所に女の声で不審な電話がかかってくる。
 また近所の鮮魚店に本人と思われる電話がかかってきている。
 ※電話の内容
 ホテルに『お宅の近所で子供が居なくなったそうですが本当ですか。それに間違いありませんね』
 親戚宅に『子供が居なくなったのは本当ですか?』
     『ボクが誘拐した。今日3時ごろまでに熱海駅1番ホームで…』
 父親勤務先に『俊之くんの父親はいませんか?』

◎1969(S44). 2 庄山仁くん行方不明事件
 行方不明当日に仁くんの制帽を持った男が訪れ「この制帽の子にお金を盗られた」と伝える。
 翌日、無理やり書かされたと思われる仁くんからの手紙が届く。
 ※手紙の文面
 「前略 心配かけてすみません。悪い友達にさそわれて、人のお金をとりました。
  中には四十万以上も入っていましたが、僕は少ししかもらっていません。
  学校の方は、僕の気持ちがおさまるまで、病欠にしていてください。
  すぐに帰っておわびいたします。
  どうかさがさないで下さい。仁」

◎1973(S48). 7 猪原修くん行方不明事件
 行方不明数年後、「山に男児の遺体を埋めた」と書かれた手紙が届き、それに書かれた場所を捜索したが遺体は発見できなかった。

◎1981(S56). 6 安達俊之さん行方不明事件 ←2012.4追加
交際中の同僚女性を送るといって自動車で友人宅を出たまま女性とともに行方不明。
失踪数日後、幼い女の子のたどたどしい声で「俊之つかまているよ」と電話。その後無言電話も。

◎1984(S59). 6 山本美保さん行方不明事件
 失踪半年後から無言電話が4年半ほど続く。無言電話はほとんど数秒で切れるものだったが、
 失踪から3年4ヶ月後と3年6カ月後の2回の電話は10〜15分ほど続き、相手はじっと聞いている様子だった。
 3年6カ月後の電話はすすり泣くような声が聞かれた。

◎1987(S62). 3 西安義行さん行方不明事件
 数々の不審な電話があり、不審人物が現れる。
 ※内容 
 ・男性の声で『僕、学校の横』
 ・女児が『歌うから聞いて』『明かりをつけましょ、ぼんぼりに…』
 ・近所の区長宅に地下足袋を履いた2人組が訪れ『西安義行の両親の家はどこか』と尋ねる。
  二人は『西安さんが結婚する相手の近所の者』と名乗る。

◎1989(H 1). 2 日高満男さん行方不明事件
 行方不明1〜2年後に無言電話。モールス信号のような音が聞こえる。

◎1989(H 1). 3 松岡伸矢くん行方不明事件 
 捜索が空振りに終わり、自宅へ変える前日、親戚宅に母親宛に女性の声で電話が入る。
 女は「ナカハラマリコの母親」だと名乗り、「成蹊幼稚園(伸矢くん通園)の月組の父兄です。
 幼稚園で見舞金を集めたのですが、どちらに送れば良いのでしょうか。もう帰ってくるんですか?」と尋ねた。
 しかし幼稚園にはナカハラマリコなる園児はおらず、見舞金の事実も無かった。

◎1990(H 2). 2 南埜佐代子さん行方不明事件
 ネパール旅行中に行方不明に。行方不明から4ヶ月あまり後、自宅に本人と思われる女性から電話がかかってくる
 ※電話のやりとり
 本人?『(泣きながら)ああ、苦しい。……悔しい……』
 母「どうしたの」
 母「どこにいるの」
 本人?『(泣きじゃくったまま切る)』


◎1990(H 2).12 石嵜容子さん行方不明事件 
 行方不明翌日、「大勢の人がいて帰れない」「新宿にいて帰れない」と本人から電話がかかってきた。

◎1991(H 3). 3 加茂前ゆきちゃん行方不明事件
 行方不明から3年後、家族の元に奇妙な手紙が届く。
 ※手紙の文面
 「ミゆキサンにツイテ 
  ミユキ カアイソウ カアイソウ おっカアモアカアイソウ お父もカアイソウ
  コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レトオモイマス
  股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ 
  シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウニツトめた
  イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ 裏口ニ立ツヨウニナッタ
  イまハー ケータショーノチカクデ 四ツアシヲアヤツツテイル
  ツギニ
  スヾカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ アヤメ一ッパイノ部ヤデ 
  コーヒーヲ飲ミナガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ
  アサヤントオもう。
  ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きくワッテ 
  家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイタ。 
  モウ股割レハ人ヲコえて 一匹のメスにナッテイタ。
  感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動いタ。
  ソレガ大きな事件トハシラズニ、又カムチャッカノハクセツノ冷タサモシラズニ、
  ケッカハミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル
  モウ春、三回迎エタコトニナル サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカトオモウ

  ○ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ
  平和希求トハチガウミユキノハハガカ弱イハネヲバタバタ
  ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、広いダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル
  股割れは平気なそぶり時ニハ駅のタテカンバンニ眼ヲナガスコトモアル、
  一片の良心ガアル、罪悪ヲカンズルニヂカイナイ
  ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレルオスヲ探しツヅケルマイニチ
  股ワレワ ダレカ、ソレハ富田デ生レタコトハマチガイナイ
  確証ヲ〓ムマデ捜査機官に言フナ
  キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト 事件ガ大キイノデ、決シテ
  イソグテバナイトオモウ。
  ○ヤツザキニモシテヤリタイ股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ
  ○我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ コレガ人ダ 
  コノトキガ女ノ一番トホトイトキダ

◎1994(H 6). 2 増山ひとみさん行方不明事件 
 行方不明から1年あまりたった後、自宅へ年配の女性から不審な電話がかかってくる。
 ※電話のやりとり
 妹「はい、増山ですが(ひとみさんの妹が電話を取る)」
 女性『もしもし、お姉ちゃんだよ』
 妹「はい?」
 女性『お姉ちゃん』
 妹「誰ですか?」
 女性『お姉ちゃんだよ』
 妹「どちら様ですか?」
 女性『ひとみです』
 妹「は?」
 女性『(無言で電話を切る)』

◎1994(H6). 9 嵐真由美さん行方不明事件 
 テレビのインタビューを受ける父親の後ろにある本棚に、「洋子のはなしは信じるな」(洋子は不明者の姉の名前)というメモが貼ってある。

◎2000(H12). 9 佐藤順子さん行方不明事件
 スイス旅行中に行方不明に。実家に数回、決まって20時30分頃に無言電話がかかってくる。

◎2001(H13). 7 ユリア・ブローツカヤさん行方不明事件
 行方不明後、本人から友人宅に「ウラジオストク出身の女性と一緒に監禁されている」と電話。
 また女性の声で別の友人宅に「イクトカ(実在しない地名)17番地にいる」と電話。

◎2001(H13). 9 田辺信子さん行方不明事件
 行方不明数日後、ワープロ書きの不審な手紙が届く。
 ※手紙の内容
 「私もやっと妻子と別れ、はれて信子と一緒になることが出来ました。ふたりを探さないで下さい」

◎2002(H14). 4 永島康浩さん行方不明事件
 行方不明数ヵ月後。「康浩さんが病院に運び込まれた」と電話があって連絡先を聞くが、その連絡先は繋がらなかった。

◎2011(H23). 9 光永マチ子さん行方不明事件
行方不明1ヶ月後、女性の声で「助けて…」という電話が自宅にかかってくる。


【行方不明者への怪電話・怪文書一覧】  簡易版最新バージョン
・庄山仁くん事件 『悪い友達にさそわれて、人のお金をとりました』と無理やり書かされた本人からの手紙
・松岡伸矢くん事件 「ナカハラマリコの母親」と実在しない幼稚園同級の母親と名乗る女から電話 
・加茂前ゆきちゃん事件  『ミユキ カアイソウ』などと書かれた怪文書が届く
・増山ひとみさん事件 「お姉ちゃんだよ」と中年女性から電話 
・石嵜容子さん事件 「大勢の人がいて帰れない」行方不明翌日本人から電話
・南埜佐代子さん事件 「ああ、苦しい。……悔しい……」ネパールで行方不明数ヵ月後、本人から電話
・日高満男さん事件 モールス信号のような音がする無言電話
・山本美保さん事件 すすり泣く声の電話
・西安義行さん事件 「僕、学校の横」と男性から電話、「明かりをつけましょ、ぼんぼりに…」と歌う女児から電話 他
・猪原修くん事件 『山に男児の遺体を埋めた』と数年後手紙が届くも遺体は見つからず
・鈴木俊之くん事件 近所のホテル・親戚宅・父親勤務先それぞれに女の声で事件を確認するような電話。鮮魚店には本人から電話
・田辺信子さん事件 『私もやっと妻子と別れ、はれて信子と一緒になることが出来ました。ふたりを探さないで下さい』とワープロの手紙
・永島康浩さん事件 失踪数ヵ月後、「康浩さんが病院に運び込まれた」と電話。その番号は通じなくなる
・佐藤順子さん事件 スイスで失踪後数回、実家に決まって日本時間の20時30分頃に無言電話がかかってきた
・ユリア・ブローツカヤさん事件 友人宅に本人から「ウラジオストク出身の女性と一緒に監禁されている」と電話。また友人宅に「イクトカ17番地にいる」と女性から電話
・嵐真由美さん事件 テレビのインタビューを受ける父親の背後の棚に『洋子のはなしは信じるな』(洋子は不明者姉)と書かれたメモが貼られていた 
・光永マチ子さん事件 行方不明1ヶ月後「助けて…」と女の声で電話
・安達俊之さん事件 行方不明数日後、幼い女の子からたどたどしい声で「俊之つかまっているよ」と電話


主な未解決殺人事件での怪文書・怪電話

・1979(S54). 5 ワラビ採り殺人事件 
殺害された主婦のズボンポケットから「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」とレシートに書かれたメモ
・1984(S59).11 土山真樹子ちゃん殺人事件
最初に気を失って倒れていた事件後、祖父宅にすすり泣く若い女性の声で意味不明の事を言った後「すみません」と謝る電話
・2004(H16). 9 筒塩侑子ちゃん殺人事件
事件から1ヶ月後、近くの高校に「サト死」と書かれたメモが入った虫かごが置かれていた。

このページへのコメント

いたずらであるという確証がないなら
いたずらではないと考えるべきだな

Posted by やーれやれ 2017年01月24日(火) 13:37:38

ほとんどがいたずら電話でしょ。

Posted by あ 2016年10月20日(木) 00:39:58

日本ちゅう国はアホと銭ゲバしか住んどらんのかい。

Posted by アホの名無しさん 2016年07月31日(日) 03:36:47

なんらかの理由で帰れなくなったけど
家族の声が聞きたいから電話とかしてたりして。本人と名乗らないのは生きていると判明したら捜索されてしまうから。とか

Posted by か 2016年02月11日(木) 10:41:29

増山さんの件で思うこと

婚約者の女性関係トラブル、その後の婚約者の発言をみると?
事件を起こした後、助けを求められかばう為に、公衆電話から電話をかける年配の女性って・・・。

Posted by M6 2015年07月07日(火) 09:56:10

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

利用規約をご確認のうえご記入下さい

事件関連書籍

★新刊★



twitter

新刊案内

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます