kassen

みこぽん的 合戦の歩きかた 〜入門〜


「合戦って、いってもよくわかんない」とのお話を聞き、
せっかくハマると面白いのに、最初でつまずいてはもったいないなと思ったので
情報をまとめてみることにしました。

分かる範囲の情報なので、ちょっと偏ってますけど参考になれば幸いです。

なお、全くやらないので、PVの情報は一切ありません。
敵Pさんから襲われそうになったら基本的には逃げの一手をオススメします。
つーか、襲ってくるようなPV専門にやってる人にはかなわないデス><



まずは次にあげる解説ページにざっと眼を通すことをオススメします。
私が書くより分かりやすいです。はい。

「月影写楽の忍者屋敷」
  ↑「初心者向合戦ガイド」と地図があります

「信長の野望オンライン 〜戦国案内所〜」
  ↑システム的な内容も多いですが、入門としてすごくわかりやすいです

「無手隊・影の軍団:合戦之心得 壱」
  ↑用語集としても指南書としても非常に分かりやすいです。オススメ!

「合戦指南書 - 風雲浅井家 Wiki*」
  ↑ゲリラについてはこちらが詳しかったです。実装とか参考になります。

「B5で行こう!〜信長の野望オンライン〜」
  ↑武将配置図、合戦マップなどツールが便利。オススメ!

「烈風伝斎藤家 防衛指南書」
  ↑ちょっと上級者向けですね。ちょっと慣れたら。
   あと、PCの方向けにIME辞書が配布されてるのが便利



これから書く内容もほとんど上のサイトで解説されているのですが
まあ、気が向きましたらお読みください。

●合戦に行く前に●

合戦への参加方法については割愛します。
でも、参戦するときに合戦場の地形が表示されますので、見落とさないようご注意を。
まあ、別に見落としても中に入ればいやでも分かるんですけどね。

【地形の確認方法】
  寄合長にご挨拶、合戦>参陣 と選択すると、「〜〜で合戦が起きている」と言われますが
  ここに「平地帯」だとか「盆地帯」だとかでてます。

地形を確認したら、合戦マップのサイトでその地形を探しましょう。
合戦場ではTDなどと同様で、地図が使えないのです。
何度か通ううちにそのうち地形は覚えるので、最初のうちだけですね。

また援軍で参加するときは、この参陣のときにどの部隊に配属されたか通達されるので
これもお見逃しないように。
自分が合戦場をいったん出た後、戻れるかどうかの確認に必要な情報です。

もし見忘れちゃったら、合戦場に入った後、軍監さんに話しかけると教えてもらえます。
この軍監さんには合戦中何かとお世話になります。兵種変えたり退場したり。


さて、合戦場ではとにかく死にまくります。
これはそういうものだと思っていただくしかないです。
なので、お金を持たずに、換金できるアイテムを持っていくとよいです。
軽くて高く売れるものというと、丹、手裏剣、矢などでしょうか。
もったいないので、ごはんは多めに持っていき、買い物しないで済むようにしたい所です。

また、兵種を変更するアイテムをもっていくのをお忘れなく。
特に軍馬は必須ですよ。ないとほんとに困っちゃいますよ。
楽市で買うのは高くついてしまうので、自分で調達しましょう。

●合戦場に入ってまずすること●

合戦場に入ったら、掲示板を確認して、自分の上司の所在を確認しましょう。
ここではどこの陣が落ちたか落ちてないかしか分からないので、
予め上司の名前から、どの陣の武将なのかを確認しておく必要があります。
そんなときに「B5で行こう!」さんの武将配置図が便利です。

また、早速合戦の私設会話に参加しましょう。
ここに参加してないとあんまし情報が回ってきません。
(少なくとも私が参加した合戦は私設に入らないと難しかったです。)

私設名の調べ方は、合戦場で全検索をかけることです。
補足文に数名の方が書いてくださっているのです。

人が多すぎて見つからないときは、自勢力のみに絞って条件検索、
それでも見つからなかったら、時々大声で教えてくれてる人がいますので
大声が流れやすいような人が多いところに行きましょう。
みなさん悪い人じゃないので、周囲会話で尋ねてもいいと思いますよ^^

私設会話に入ったらご挨拶すると思いますけど、返答がないこともまれにあります。
タイミング悪く慌しい時に入っちゃうと、ログをあまり流したくないと考えちゃうんです。
悪気があったり邪険にしてるわけじゃないので、気にしないで下さいね。
逆にどなたか入ってきたら、率先してご挨拶しましょう。やっぱり挨拶は嬉しいです^^


また、今の合戦では、防衛するにも武将にとりつくにも馬がかかせません。
敵PやNに襲われそうになって逃げても、馬がないと追いつかれちゃいますし。
合戦場に入ったら真っ先に乗っちゃいましょう。
馬に乗るには合戦場に入って、後ろの門の近くにいる「軍監」にはなしかけ、
兵種を「騎馬」に変更してもらえばOKです

なお、巫女だと兵種には弓兵という選択肢もありますが
弓は射程が短いし成功率低いしなので、個人的にはあまり使いどころがないです。

●合戦場でのおしごと●

さて、合戦場に入ったら何をしていいのかいきなり判らなくなると思います。
基本的には「ゲリラ」「防衛」「おとり(サポ)」をすることになります。

「ゲリラ」「防衛」「おとり」については上のサイトのあちこちに書いてあるので割愛。
時間が出来たらコツとか書きたいと思います。

そのかわり、みこぽんですから、巫女ならではの仕事をご紹介します。

普段の狩りでも良く使う「与生気」が合戦でも重宝します。
特に味方がたくさん死んでしまって、僧さんや薬師さんが転生をかけ回ってるときが
絶好の働き時です。

転生って結構気合使うようなので、転生をかけた直後の方に無言で与生気です
また、生き返った直後の人がすぐに敵Pに叩かれてまた死んでしまうことも多いので
生き返った方にも与生気^^
また、与生気して回ってる神職/傾奇さんがいれば掛け合って回復できちゃいます。

さらには、修理してくれてる鍛冶屋さん、味方Nに「叱咤」をかけてる侍さんにも
与生気を差し上げると喜ばれます。

あとは、霊視できるように「真実の唄」を配ることや(←霊石を配ってる人がいないときのみ)
どうしても他に転生役がいないときに「鎮魂の唄」をかけることもあります。
どちらも徒党員専用技能なので、つまり徒党に勧誘して、かけて、脱党するわけです

とくに鎮魂のときなど、切羽つまっている状況なので、これも無言勧誘で問題ないです。
勧誘してきたのが神職だと分かれば相手も察してくれます。

こんなふうに合戦をやってると無言で技をかけたり勧誘したりが多くなりますので、
お礼と返礼はこまめに返すと良いでしょう^^

こうやって率先して働いていると、合戦常連の方に名前を覚えてもらえますし
名前を覚えてもらえると、武将徒党やN狩り徒党に誘ってもらいやすくなると思います。

実は、この名前を覚えてもらうことが結構重要だったりします。
道や取り付きに不慣れな人が徒党内にいると取り付きに失敗する率が上がってしまうので、
あまり合戦場で見かけない人は徒党にお誘いしづらかろうと思います。
「ゲリラ」や「おとり」の経験をつむと道や敵武将名を覚えますし、
取り付きも自然とうまくなりますし、周りもそう認識してくれます。
最初のうちは難しいですけど率先して参加しちゃいましょう。

●死んでしまったときは●

自分の上司が敗走してないかを確認しましょう。
敗走していた場合は、絶対に成仏してはいけません。
上司が復活するまで戦場に戻れなくなります。

逆に健在の場合は、理由がない限りは成仏して、転生役さんの負担を減らしてください。

援軍で参加している場合、合戦場が遠いときは上司が健在でも転生をもらってOKです。
上司が分からないときも念のため転生をもらいましょう。

さて、転生はどこでもらえるかですが、
だいたいは大声で誘導してくれてて分かると思うんですけど
分からないときは大声で転生くださいと時折叫んじゃいましょう。
さらに、私設会話に入っていれば、私設会話で聞きましょう。
その際には、自分の位置を矢印だしてほしいとお願いされると思いますが、
コマンドは「%MP」です。

道に不慣れだったりしてどうしても分からないときは
掲示板や本陣方面を目指すようにしましょう。
地図は出ませんが方角は表示されてますので、方角を確認すればおおよそ間違わないです。

●Q&A●

Q: 合戦場では常に丹を飲みますか?
A: 少なくとも私は飲みません。
  武将のときですら、先陣、中陣副くらいまでは飲まないです。
  中陣は飲んだり飲まなかったりです。
  つーか、ゲリラは取り付けないで死んでしまう率が結構高いので丹もったいないです。

Q: 装備はボス戦で使ってるよーな高いやつが必要ですか?
A: 耐久が削れてるヤツでいいです。もったいないです。
  PVでは耐久が削れなくなりましたけど、でもNに襲われたら削れますから。
  ソロでいる分通常の狩りより削れ率が高いです。
  でも、PVしかやらないような人たちは多分すごくいい装備してると思います。
  逆に浴衣で武将に取り付いてる人もいますよ。びっくりデス。

Q: 軍馬はどのくらい用意すればいいの?
A: 所属国によります。
  国によって消費量が違うんです。過疎国ほど少なくて済みます。
  私の場合は1回につき2個消費するんですが、100くらいは用意しております。
  おとりやゲリラしまくると、ガンガン減るんですよ><
  誰かにあげる可能性も含めての数字です。

●用語集●

P
(大方の場合)相手方のプレイヤーのこと

N
NPCの略

叱咤
侍さんや薬師さんが味方Nにかけます。
かけるとNの名前の後ろにマークがつきます。
叱咤がかかってるとLv20台のNでもLv60の人に襲いかかります。邪魔です。

ゲリラ
全員がソロでいっせいに走り出し、
最初に盾役や防御術極意を実装した人が武将を叩き、
すぐに助太刀要請を出して、そこに残り6人が救援に入るという戦法。
みんなソロなので、防衛してても全員を止めきれないため
取り付き成功率が高い戦法ですが、事故も多いです。基本は弱い武将向け。

おとり
サポ(サポートの略)とか露払いともいいます。
武将に取り付くときに徒党よりも前を走って、
防衛してるPを叩いたり周りにいるNを釣ったりします。
生還率は低めですので装備は全部外していきましょう。
 ※徒党と見分けがつかないように頭・胴装備はつけたままの人もいます。

右先、左後 など
本陣に近いほうが後陣、敵側に近いほうが先陣、その間が中陣です。
左右は自分の本陣に背中を向けた場合の方向です。
くっつけて、「中後」とか「右先」とゆー使い方をします
なお、敵の陣は敵の本陣に背中を向けた場合の方向になるので逆になります。
つまり、味方の「右先」の前方に敵の「左先」の陣があります。
ややこしいので私設会話などでよく左右が間違われます。
2008年01月29日(火) 17:03:38 Modified by mikopon123




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。