ミネラルウォーターって何が違うの?そんな疑問を解決。ミネラルウォーターの効能や種類、選ぶときのポイントをお教えします!

そうは言っても、どれを選べばいいかわからない、そういうアタナには私がオススメするウォーターサーバーを紹介しましょう!

ガンのリスクを抑えたいなら


なんといってもバナジウム。天然バナジウムを122ugも含有した、富士の銘水「凛(rin)」は飲みやすくおすすめです。
このバナジウムの量は、天然水としては最高値に限りなく近く、日本ならではの銘水と言えるでしょう。
また、凛(rin)には、バナジウムだけでなく天然亜鉛も含まれています。
これは食品からの吸収が難しいとされる貴重な要素で、牡蠣やうなぎ、胡麻などにも含まれている必須ミネラルのひとつです。
→富士の銘水「凛(rin)」を見に行

健康に生活したいなら


健康は血の巡りから。ゲルマニウムの含まれたミネラルウォーターが最適です。
これには天然亜鉛とゲルマニウムを含有した、九州日田「天寿の水」がいいです。
血の巡りだけでなく、美容にもいいとされている要素で、効果的に飲み続けられるミネラルウォーターといえます。
→九州日田「天寿の水」を見に行

とにかく安上がりで幅広く使いたいなら


軟水であれば飲料としてだけでなく、お米を炊いたり、コーヒーを淹れたり、乳児のミルクなど、料理にも幅広く使うことができます。
バナジウムやゲルマニウムのように特別な効果があるわけではないですが、ミネラル自体は適度に摂取できるので、新鮮で美味しい水生活が楽しめるのではないでしょうか。
そんな軟水の中でも特に幅広く使えてコストが安いのが、DMMのウォーターサーバーです。
サーバーのメンテナンスもしっかりしていて、レンタル料も無料ではじめられるので、気軽にミネラルウォーターを生活に取り入れるのなら、かなりオススメです。
→DMMのウォーターサーバー

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

管理人/副管理人のみ編集できます