ミネラルウォーターって何が違うの?そんな疑問を解決。ミネラルウォーターの効能や種類、選ぶときのポイントをお教えします!

軟水、硬水という言葉は耳にしたことがあると思います。そう、ミネラルウォーターには、軟水と硬水という種類が存在しています。
よく軟水のほうが飲みやすいとか、硬水は硬い感じがするとか言いますが、いったいこの軟水、硬水は何が違うのでしょうか。

カルシウム塩とマグネシウム塩の量


ミネラルウォーターにはカルシウム塩とマグネシウム塩という成分が含まれています。実はこの成分の量の大小によって、軟水と硬水は分けられているのです。
少ないものを軟水、多く含まれているものを硬水といいます。一般的には、日本国内を産地とするミネラルウォーターは軟水が多く、欧州などを産地とするミネラルウォーターには硬水のものが多くなっています。
日本のミネラルウォーターの方が飲みやすいのは、こういう理由によるものなのですね。

欧米におけるミネラルウォーター


実は、日本でいうミネラルウォーターと、欧米でいうミネラルウォーターには少し違いがあります。
欧米でミネラルウォーターを注文してみると、炭酸水が出てきた経験はないですか? そう、欧米ではミネラルウォーターの原料となる水に、もともと炭酸が含まれているものがあるのです。
そのため、欧米ではミネラルウォーターといえば炭酸水を指すことが多いのです。
炭酸水を飲む習慣がない日本人は、ちょっとびっくりしてしまうかもしれませんね。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

フリーエリア

管理人/副管理人のみ編集できます