佐藤龍一 Official Web Site

佐藤龍一訳詞集


佐藤龍一による洋楽曲の訳詞作品を掲載しています。

............................................................................

<INDEX>

1. 朝日のあたる家(The House Of Rising Sun)
2. サニー(Sunny)
3. 陽の当たる場所(A Place In The Sun)
4. その涙、川となるまで(Cry Me A River)
5. ルビー・チューズディ(Ruby Tuesday)
6. アズ・ティアーズ・ゴー・バイ(As Tears Go By)
7. プラウド・メアリー(Proud Mary)
8. Some Guys Have All The Luck
9. コパカバーナ(Copacabana)
10. フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ(For Once In My Life)
11. カンゴフロック(Jailhouse Rock)
12. ガール(Girl)
13. 好きにならずにいられない(I Can't Help Falling Love With You)
14. あいこあいこ(IKO IKO)
15. ホテル・カリフォルニア(Hotel California)
16. ストーミー・マンデー・ブルース(Stormy Monday Blues)
17.ドック・オブ・ザ・ベイ(Dock Of The Bay)
18.フォーエバー・ヤング(Forever Young)

............................................................................

1.朝日のあたる家

(The House Of Rising Sun / アメリカ伝承歌)


辿り着いたのは New Orleansの
朝日屋と呼ばれる女郎屋だったの

日が沈む夢の酒場を
誰が呼んだか RISING SUN
アバズレ女の吹きだまり
そう、あたいもそのひとり

あたいのかあさん お針子で
こさえてくれたブルージーンズ
惚れた男はバクチ打ち
流れ流れて New Orleans

いい子でいたなら今頃は
お家にいたものを
若すぎた馬鹿すぎた愚かなあたい
あいつを追いかけて

旅から旅へのギャンブラー稼業
度胸ひとつにトランク下げて
こころ休まるひと時は
呑んで潰れて眠るだけ

グラスのふちまで酒を注いで
あいつはカードを配る
たったひとつの楽しみは
街から街へと流れること

国の妹に伝えておくれ
あたいみたいになるんじゃないと
甘い言葉に騙されちゃだめよ
ここには朝陽が昇らない

片足をプラットフォームに置いて
もう片っぽうは汽車ん中
いかなくちゃ帰らなきゃ New Orleansへ
両足には鎖と錘

発車のベルが鳴り響く
旅の終りも近い
終着駅は New Orleansの
The House Of Rising Sun

「朝日のあたる家」とは何か・その娼館は実在した・新訳"RisingSun"

グレゴリー・アイザックスの「朝日のあたる家」

● 佐藤龍一「朝日のあたる家」(2009)feat. KA-DOO(per)



● 佐藤龍一「朝日のあたる家」(2011)feat. 内田けんたろう(vl)



............................................................................

2. サニー(Sunny)

作詞・作曲:BOBBY HEBB



サニー 雨に濡れた 僕の心
サニー 癒してくれた 君の笑顔
憂鬱な日々は過ぎ去り 光り輝く毎日
Sunny one so true, I love you

サニー 太陽を 花束にして
サニー 届けてくれたのは君
何から何まで 僕に捧げてくれた
Sunny one so true, I love you

サニー 真実を教えてくれた
サニー 全ての事実にありがとう
風に舞う砂でも 抱き合えば岩になる
Sunny one so true, I love you

サニー 微笑みに ありがとう
サニー 愛の煌めきを ありがとう
甘く完璧な欲望 燃え上がる炎
Sunny one so true, I love you

● SUNNY - BOBBY HEBB



SUNNY

............................................................................

3.「陽のあたる場所 」(A Place In The Sun)

作詞:Ronald Miller / 作曲:Bryan Wells / 歌:Stevie Wonder

長く孤独な川の流れを
Movin' on, movin' on
小枝のように空に手をのばし
Movin' on..

陽の当たる場所 どっかにあるという
誰もが希望に溢れて
陽の当たる場所 辿りつきたい
Gotta find me a place in the sun oh…

埃まみれの道を歩き続けて
Movin' on..
疲れ果てたこの地球(ほし)を巡って
Movin' on…

陽の当たる場所 探し求めて
僕のハートは走り出す
陽の当たる場所 生きてるうちに
Gotta find me a place in the sun oh…




............................................................................

4.「その涙、川となるまで」(CRY ME A RIVER)

作詞・作曲:アーサー・ハミルトン(1953)

今さら夜が
寂しいだなんて
いいわ お泣きなさい
その涙 川となるまで

今さら過去の
裏切り詫びて
そうね 泣きなさい
cry me a river
私だって泣いた

狂いそうなほど愛して
冷たくされて
忘れられない言い草
ままごと遊びさ
うちにお帰り...って

今さら愛の
証(あかし)を見せるなら
ここで泣くがいいわ
その涙 川となるまで

川となるまで
川となるまで


● JULIE LONDON - CRY ME A RIVER




............................................................................

5.ルビー・チューズディ

"RUBY TUESDAY" by Jagger/Richards





1) あの娘が何処の誰かは
誰も知らない どうでもいい
輝く太陽 もしくは闇から
No one knows  She comes and goes

Good bye Ruby Tuesday
名前なんかいらない
月日は変わり続けても
still i'm gonna miss you

2) 自由を求める 理由を
あの娘に聞いても 無駄さ
縛られたくない 失う事無い
人生 at such a cost

Good bye Ruby Tuesday
名前なんかいらない
月日は変わり続けても
still i'm gonna miss you

3) 時間が無いのよって言った
夢が滑り落ち 消える
グズグズしてたら 夢も心も
失う ain't life unkind

Good bye Ruby Tuesday
名前なんかいらない
月日は変わり続けても
still i'm gonna miss you


............................................................................

6.「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」

"As Tears Go By" by by Jagger/Richards (The Rolling Stones)

黄昏時の公園で
ひとりベンチに腰かけ
夢中で遊ぶ子供達の
無邪気な笑顔を見てた

幾千万の財産で
何が買えるというのか
子供達の歌を聞きたいと思うのに
雨音しか聞こえない

昔は僕もああやって
無邪気に遊んでたものさ
黄昏れてゆくいつかは全て
涙溢れて見てた


............................................................................

7.「プラウド・メアリー」

"PROUD MARY" by J.FOGERTY (CCR)





1)仕事をほっぽり出して
街を後にして来たんだい
誰かのため 寝る間も惜しんで
気を揉んで生きるのは止めさ

水しぶき上げて
プラウドメアリー 煙吐いて
Rollin' Rollin' Rollin' on the river


2)皿洗ってた メンフィス
こき使われたよ ニューオリンズ
都会がいいなんて思わなかった
お前に乗るまではRiver bort queen

波かき分けて
プラウドメアリー様が行くよ
Rollin' Rollin' Rollin' on the river


3)もしこっちに来るなら
川辺の連中と会うがいい
金なくても心配ない
喜んで助けてくれるだろう

水しぶき上げて
プラウドメアリー 煙吐いて
Rolling Rolling Rolling on the river
Rolling Rolling Rolling on the river



Creedence Clearwater Revival


............................................................................

8.Some Guys Have All The Luck

"Some Guys Have All The Luck" by Rod Stewart 
訳詞・歌:龍


1)Some guys have all the luck
Some guys have all the pain
太陽が昇っても 僕には雨ばかり降る

人混みの中 バスに揺られて独り
隣の奴の腕の中には ガールフレンド
どんな気分だろう、愛してるっていわれるのは
不公平だよ、僕だけひとりぼっちは

Some guys have all the luck
Some guys have all the pain
太陽が昇っても 僕には雨ばかり降る

腕組み歩く 二人湖の ほとり
それが僕なら どんなに楽しいだろう
恥ずかしがり屋、映画を見ては泣いて
からかわれたら死にたくなる弱虫

Some guys have all the luck
Some guys have all the pain
太陽が昇っても 僕には雨ばかり降る


友達はみんな 指輪をつけてるんだよ
いいひとがいる、僕には誰もいない
負け犬だから うろつくばかり
淋しさだけを ひとりじめしているのさ

Some guys have all the luck
Some guys have all the pain
太陽が昇っても 僕には雨ばかり降る



Some Guys Have All The Luck- Maxi Priest
(OriginalはRod Stewart


............................................................................

9.コパカバーナ

”COPACABANA” by Jack Feldman, Barry Manilow, and Bruce Sussman





1)その娘の名はローラ
彼女はショーガール
黄色い羽根着けて
膝小僧見せて
踊るメレンゲ
お次ぎはチャチャ
ローラの夢はスター
トニーはいつもバーから見てた
午前4時まで
若さの他に何が要ると思う?

ここはCOPA COPACABANA
熱くて燃えそうなHABANA
ここCOPA COPACABANA
MUSICとPASSIONが
ここのFASIONだぜ COPA
They fall in love

2)その男RICO
指にDIAMOND
席につくなりローラに
眼を奪われた
SHOWの後
呼びつけて
しつこくせまる
トニーはバーを横切り
パンチが飛ぶ
椅子が砕ける
血と一発の銃声
撃たれたのは誰?

COPA COPACABANA
炎のスポット North of HABANA
Copa Copacabana
Music and passion is allways co- fassion
at the Copa
She lost her love.


3)その女(ひと)はローラ
昔はショーガール
でももう30年も前のこと
その店も
今はディスコ
片隅にひっそり
ローラかすんだ眼をして
数える
喪くしたものは
若さとトニーと
人生のすべて

ここはCOPA COPACABANA
熱くて燃えそうなHABANA
ここCOPA COPACABANA
MUSICとPASSIONが
ここのFASIONだぜ COPA
Don't fall in love.



Copacabana - Barry Manilow(1978)



............................................................................

10.フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ(For Once in my life)

written by Ron Miller and Orlando Murden for Motown Records' Jobete
sung by Jean DuShon(1967), Tony Bennett(1967), The Temptations(1967),
Stevie Wonder(1968),Frank Sinatra(1969),JOY (1980 訳詞:龍) etc.

そうたった一度
でも一度位 誰かに愛され
生きていて良かったと思う
そんな日が来る
空の青 あなたの優しさ
限りなく
Oh 両手広げ
今駆け出すの Yeah...

傷ついた翼
抱きしめてくれるひとがいる
手を包み
怖がらなくていい
僕が味方だ
瞳の中 愛の光
見つけた時 涙が出た
Once in my life
そのひとはあなた

瞳の中 愛の光
見つけた時 涙が出た
Once in my life
そのひとは あなた



Tony Bennett and Stevie Wonder - For Once in my life live
トニーベネットとスティービーワンダーのデュエット


............................................................................

11.カンゴフロック

(監獄ロック/替え歌)
"Jailhouse Rock" by Jerry Leiber and Mike Stoller

1)ここは地獄の大病棟
患者がバンドで叫び出す
点滴投げつけ大騒ぎ
白衣の天使が逃げ回る
Let's rock.
Everybody let's rock.
重体患者も踊り出す
Dancing to the カンゴフロック


2)TOMがギターをかき鳴らす
PaPaがベースをBoom Boom Bomb
ドラムのショージは床抜いて
シンバル投げつけ大狂乱
Let's rock.
Everybody let's rock.
看護稼業も楽じゃない
踊りゃにゃソンソン カンゴフロック


3)院内放送ジャックして
朝までパーティ Rock"n Roll
院長先生大興奮
「今夜は急患お断り」
Let's rock.
Everybody let's rock.
ナース、クランケ入り乱れ
Dancing to the カンゴフロック


............................................................................

12. ガール

"Girl" (The Beatles)




誰か僕の話しを聴いちゃくんないか
あの娘のことだけど
彼女は愛さずにはいらんないタイプ
もうひとりにゃ戻れない
Girl... Girl, Girl…

別れようとしたけどそりゃ無理
泣かれちゃかなわない
天に誓ってって彼女は言うけど
その時だけなんだ
Girl... Girl, Girl…

友達を前にして
落ち込むようなことばかり言う(tututu)
可愛いっていえばそりゃ
当然でしょってこうくる Cool …
Girl... Girl, Girl…

若いときの苦労は買ってでもしろって
言うけどわかってんのかな
骨折って働いて楽しようと思っても
死んだら終わりじゃないか
Girl... Girl, Girl…


............................................................................

13. 好きにならずにいられない

"I Can't Help Falling Love With You" 歌:Elvis Presly
作詞・作曲:G.Weiss,H.Peretti,L.Creatore

恋に落ちるなんて
愚か者だっていうけれど

止まらないときめきよ
But I can't help falling in love with you.

河の流れ、海へと注ぐ、ダーリンそれは
どうしようもないじゃない

手を取って 連れていってよ
愛さずに いられないんだもん

Like a river flows Surely to the sea
Darling so it goes,
Something are mean to be

もう少し いてもいいじゃない
罪だろうか falling in love with you.





............................................................................

14. あいこあいこ

"IKO IKO" Ameriacan Folk Song
歌:Dr. John, Cyndi Lauper他

ばあさんが二人
暖炉の前で
じいさん自慢をしてるよ
うちの亭主ったらスゴイの

へいな(はいな)へいな(はいな)
あいこ、あいこなんで
作った子供の数は
数えきれない

赤いちゃんちゃんこが
あんたの大将
緑の羽織を着てるのは
ありゃ誰だっけ?

へいな(はいな)へいな(はいな)
あいこ、あいこなんで
子供に孫にひ孫
覚えきれない

うちのじいさん半端ない
年金賭けてもいいわ
ベッドの中ではラブマシーン
往生するわ

へいな(はいな)へいな(はいな)
あいこ、あいこなんで
隠し子3人孫8人
全部でなんぼ?

ところでへいな(はいな)へいな(はいな)
あいこ、あいこなんで
お迎え来るその日まで
あんじょうしてな

Dr. John playing 'IKO IKO'



Cyndi Lauper- Iko Iko



愛子あいこ



............................................................................

15.ホテル・カリフォルニア

歌:イーグルス
作詞・作曲:ドン・ヘンリー/グレン・フライ/ドン・フェルダー(1976)

暗い砂漠の highway、風が髪を撫でる
甘い香りの colitas、あたりを包み込む
遠くに明かりが、またたく
もう疲れて来たし、I had to stop for the night

彼女がドアに立つと、ドアチャイムが鳴って
此処は天国なのか、それとも地獄かな
キャンドルを灯して、部屋へ向かう途中
踊り場で声がした、僕は確かに聴いた

Welcome to the hotel california
Such a lovely place. Such a lovely face
Plenty of room at the hotel california
Any time of year, you can find it here

彼女はティファニー大好き、車はメルセデスベンツ
イケメンの男達は、いわゆる友達
中庭で踊るのさ、sweet summer sweat.
思いで作る為、そして忘れる為に

僕はウェイターを呼んで、ワインを頼んだ
お客さん、スピリットは置いてないんです since 1969
あの声が聞こえる from far away
夜中に目覚めれば、Just to hear them say...

Welcome to the hotel california
Such a lovely place. Such a lovely face
They livin it up at the hotel california
What a nice surprise, bring your alibis

天井は鏡張り The pink champagne on ice
爆らはみんな囚われの身さ、それぞれの都合で
大広間に集い、晩餐会の時
光るナイフはあれど、獣は殺せない

最後の記憶は、ドアに駆け寄ったこと
戻り道を探すのさ、元いた場所へと
リラックスとガードマン、どうかごゆっくりしてってください
チェックアウトはできるが、ここからは出られない


(ホテル・カリフォルニア by 龍&松本佳奈)

............................................................................

16.ストーミー・マンデー・ブルース


"Call It Stormy Monday (But Tuesday Is Just as Bad)"
歌:T-Bone Walker、Allman Brothers他
作詞・作曲:T-Bone Walker(1947)

月曜はひどいもんさって みんなは言うけれど
火曜日だって 負けずにひどい
水曜は最悪 でも木曜ほどじゃない

金曜は鳥が大空に 飛び立つ気分さ
土曜の夜には 遊びに行くのさ
日曜は教会で ひざまづいて祈る

神様お助け どうかお慈悲を
神様お助け 惨めな俺の人生
あの娘のことで 気が狂いそうなのさ


("STORMY MONDAY" The Allman Brothers Band)

............................................................................

17.ドック・オブ・ザ・ベイ

(Dock Of The Bay)
作詞/作曲:STEVE CROPPER/OTIS REDDING



朝陽を浴びて 陽が沈むまで
港に腰掛け 船を眺めてる yeah
Sitting on the dock of the bay. 潮が満ちるまで
Sitting on the dock of the bay. 時をやり過ごす

故郷は遥かジョージア
サンフランシスコまで
生き甲斐とてなく 頼られることもなく ただ
海を眺めてる 波が手招きする
Sitting on the dock of the bay. ただ暇つぶしてる

なんも 変わらないさ
すべて 同じままだぜ
誰がなんと 言おうと無駄さ
おれはずっとこのまま

骨を休めても 孤独がつきまとう
旅路の果て この港に着いた
Sitting on the dock of the bay. 波に揺られて
Sitting on the dock of the bay. 時をやり過ごす



(Otis Redding-Sitting on the dock of the bay)


............................................................................

18.フォーエバー・ヤング

(Forever Young)
作詞/作曲:Bob Dylan

神様が君を守り 願いをすべてかなえ
いつもひとにつくし、ひとにはつくされて
星に梯子をかけ 一段ずつ昇って
いつまでも若く いてほしい
Forever young Forever young
永遠に若く いてほしい

清らかに育ち、汚れなき心を持ち
真実とともにあり、光に包まれて
願わくば勇気と 強い意志を持ち
いつまでも若く いてほしい
Forever young Forever young
永遠に若く いてほしい

その手の休むことなく、足取りも軽やかに
風向きが変わっても、揺らぐことなく
いつも喜びに溢れ、その唇に歌を
いつまでも若く いてほしい
Forever young Forever young
永遠に若く いてほしい



<佐藤龍一作詩集 INDEX>

作詞集1 LOST&FOUND
作詞集2 人力飛行場
作詞集3 第弐滑走路
作詞集4 SSDB

ACCESS

プロフィール



Wikipedia
「佐藤龍一」

金魚えー金魚




INDEX

<サイト案内>

●最新情報/スケジュール
HOME

●アルバム
LEGACY OF LOVE 特設ページ

●作詞集
作詞集1LOST&FOUND
作詞集2
作詞集3
作詞集4SSDB
訳詩集

●ギャラリー(自作絵画)
本館
デッサン館

●ディスコグラフィ
DISCOGRAPHY

●バイオグラフィ
BIOGRAPHY

●ユニット/バンド/イベント
Super Soul Dynaman Brothers
The ElecTrix
唄の市2014
佐藤龍一デビュー45周年、その軌跡

●活動記録
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017

<外部リンク>

●youtube
Ryuichi Sato Songslist

●twitter
佐藤龍一
MIOTRON RECORDS
佐藤龍一 twilog


●facebook
佐藤龍一
MIOTRON RECORDS

●mixi


●blog
流星オーバードライブ

●instagram
miotronrecords

●diviantART(gallery)
diviantART miotron

メンバーのみ編集できます