カテゴリー
最近更新したページ
メニューバーA
ここは自由に編集できるエリアです。
メニューバーB
ここは自由に編集できるエリアです。

AIDMAの法則

AIDMA(アイドマ)の法則とは、1920年代にアメリカのローランド・ホール(S.Roland Hall)[要出典]が提唱した消費行動における仮説であり、消費者の心理に焦点を絞ったプロセスモデルとされる。

AIDMA(アイドマ)の法則では、消費者がある商品を知って購入に至るまでに次のような段階があるとされる。

Attention (注意)
Interest (関心)
Desire (欲求)
Memory (記憶)
Action (行動)
このうち、Attentionを「認知段階」、Interest、Desire、Memoryを「感情段階」、Actionを「行動段階」と区別する。


類似の用語として、1920年代に応用心理学の分野で米国のStrong[1]が論文中に示したセールスにおける顧客心理の段階AIDA[1][2]があり、米国でのマーケティング、セールスにおける用語としては現在でも世俗的に用いられることがある。

Attention (顧客の注意を引く)
Interest (顧客に商品を訴求し関心を引く)
Desire (顧客に商品への欲求があり、それが満足をもたらすことを納得させる)
Action (顧客に行動を起こさせる)

近年、ネットでの購買行動のプロセスモデルとしてAIDMAに対比されるものとしてAISAS[3]の法則が提唱されている。

Attention (注意)
Interest (関心)
Search (検索)
Action (行動、購入)
Share (共有、商品評価をネット上で共有しあう)
現在は AISCEAS と言われ S=サーチの後に C=コンパリゾンという比較(これはサイト上だけでなくリアルな店舗も含めて比較する そしてE=エグザミネーション=検討し A=アクション S=シェアー 名も知らぬ人たちとの共有・共感・共鳴からヒットが生まれている。ブランド表示者からすれば このサーチとコンパリゾンとシェアーの厳しい要求に対して耐えれる商品 もしくはそこに乗る商品プロモーションを考えると新たなブランドデビューが果たせるというもの。

Wikipedia
2007年09月15日(土) 12:11:34 Modified by mizunobara




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。