NPO法人バードリサーチのための図鑑


アカゲラ(亜種エゾアカゲラ)雄 (撮影:石渡賢一氏)

雌(亜種アカゲラ)

特徴
見られる時期:住宅地付近では主に秋から冬。
見られる環境:雑木林、河川敷の疎林、公園の緑地
観察の度合い:やや少ない。
大きさ:ハトより小さく、全長約23.7cm。
体型の特徴:木の幹に立てに止まり、脚が頑丈で、尾が短め。
鳴声:キョッ、キョッと連続して鳴く。嘴で木を突いて音を出すドラミングも行なう。
鳴声を聞く(WMA)鳴声を聞く(MP3)ドラミングを聞く(WMA)ドラミングを聞く(MP3)
識別点
とまっている時に似ている鳥
・オオアカゲラ:体色が似ている。オオアカゲラの雄の頭頂部が赤く、雌雄とも腹部は黒っぽい縦じまのある淡い赤色をしていることでアカゲラと識別できる。平地林では少ない。


・アオゲラ:通常は体色が異なるために見間違うことはないが、逆光では見間違う恐れがある。アカゲラのほうが小さく、ほっそりしている。
飛んでいる時に似ている鳥
・オオアカゲラ:腹部に黒褐色の縦じまがあることや赤色部が広いことなどで識別できるが、少し離れると識別は困難。
アオゲラ:逆光では識別は困難。アカゲラの方がやや小型でほっそりしている。
鳴声が似ている鳥
・アオゲラ:アオゲラの方が低い声で、ケラララ、ケラララとかピョー、ピョーという声も出す。
アオゲラの声を聞く(WMA)アオゲラの声を聞く(MP3)アオゲラの地鳴きを聞く(WMA)アオゲラの地鳴きを聞く(MP3)
・オオアカゲラ:鳴声だけでは区別は困難。
オオアカゲラの声を聞く(WMA)オオアカゲラの鳴声を聞く(MP3)
生態
全国の平野部から山地の森林に生息する。秋冬期には住宅地付近の小規模な雑木林や公園の緑地、河川敷の疎林などにも生息する。一夫一妻で繁殖する。巣は木の幹に穴を開けて造り、夜間も巣穴や巣箱を利用する。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

特徴で種を絞り込む


【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます