NPO法人バードリサーチのための図鑑


イカル(撮影:大塚啓子氏)

特徴
見られる時期:住宅地周辺では主に秋冬期。
見られる環境:雑木林、緑の多い公園。
観察の度合い: 少ない。
大きさ:スズメより大きく、全長約22.8cm。
体型の特徴:嘴が太くて短い。
鳴声:地鳴きはケケッ、ケケッ、とかクリュリ、クリュリなど。囀りはキキコ、キーなどで、「イイ子ねー」などと聞こえる。
地鳴きを聞く(WMA)地鳴きを聞く(MP3)囀りを聞く(WMA)囀りを聞く(MP3)
識別点
とまっている時に似ている鳥
・シメ:嘴が太くて短いのは似ているが、イカルでは嘴が黄色く、尾が長い。
飛んでいる時に似ている鳥
鳴声が似ている鳥
生態
全国の低山から山地の森林で繁殖し、冬期には平野部の森林や疎林に生息する。北日本のものは冬期には暖地へ移動する。住宅地周辺では、主に春と秋の渡りの時期や冬に観察することが多い。秋冬期には数羽の小群で行動することが多い。ヌルデやエノキ、ムク、カエデなどの木の実を食べる。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

特徴で種を絞り込む


【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます