NPO法人バードリサーチのための図鑑

 
雄(撮影:新井清雄氏)                                          雄後ろから(撮影:新井清雄氏)
 
雌(撮影:新井清雄氏)                                          若い雄(撮影:新井清雄氏)

特徴
見られる時期:4月中旬から10月上旬。
見られる環境:低山から山地の沢沿いの林。4月から5月上旬と9月から10月の渡りの季節には市街地の公園にも飛来する。
観察の度合い:市街地周辺では少ない。
大きさ:スズメよりわずかに大きく、全長約16.3cm。
体型の特徴:脚が短く、枝にとまる時は体を立て気味。
鳴声:ピィーギュイギュイギーなどと大きな声で囀る。地鳴きはギジィなどと濁る。
囀りを聞く(WMA)囀りを聞く(MP3)地鳴きを聞く(WMA)地鳴きを聞く(MP3)
識別点
とまっている時に似ている鳥
・コルリ:雄では上面が青色で似ている。オオルリでは喉が黒いが、コルリでは嘴の下側から腹側にかけて白い。ただし、コルリは住宅地周辺では著しく少ない。
・キビタキ:雄では見間違うことはないが、雌では似ている。キビタキの方が緑がかった褐色、オオルリ雌は体が大きく茶色味が強い。

キビタキの雌
・エゾビタキ、コサメビタキ:オオルリ雌よりやや小さく、灰色がかった褐色をしている。エゾビタキでは胸に縦縞がある。
 
エゾビタキ                       コサメビタキ

飛んでいる時に似ている鳥
鳴声が似ている鳥
生態
九州から北海道に夏鳥として丘陵から山地の森林に生息し繁殖する。渡りの季節には住宅地の樹木の多い公園にも飛来する。繁殖期には沢沿いの傾斜地に発達した森林を好む。雄は高木の枝先にとまって囀ることが多い。5月上旬に崖や林道の法面などの岩だなに苔を用いて巣を造る。時には、住宅地の戸袋の上などにも巣を造ることがある。枝先から飛立って葉に止まっていたり飛翔中の昆虫類を捕らえて食べる。秋期にはアカメガシワやサンショウなどの実も食べる。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

特徴で種を絞り込む


【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます