NPO法人バードリサーチのための図鑑

 
繁殖羽のチュウサギ(撮影:渡辺美郎氏)                                 採食中のチュウサギ(撮影:渡辺美郎氏)


非繁殖羽のチュウサギ

特徴
見られる時期:おもに4月中旬から10月。
見られる環境:湖沼、水田、ハス田。
観察の度合い:やや普通。
大きさ:体自体はニワトリくらいの大きさ。全長約68.5cm。
体型の特徴:首と脚が長いシラサギ。
鳴声:グワ、ゴア。
識別点
とまっている時に似ている鳥
・アマサギ:繁殖羽の成鳥では見間違うことは少ないが、非繁殖羽では嘴が黄色いことで似ている。アマサギの方が小型で首や嘴が短く見えることで識別できる。
・コサギ:繁殖羽ではコサギに似ているが、後頭部の細長い飾り羽がないこと、目先の露出部分が黄色いことで区別できる。嘴がコサギほど長くないこと、足指が黄色くないことで識別できる。
・ダイサギ:チュウサギに比べてやや大きいこと、繁殖羽では目先の露出部分が青いことで識別できる。非繁殖羽では嘴が黄色く良く似ているので注意が必要。

 
(コサギ)                        (ダイサギ)

飛んでいる時に似ている鳥
・アマサギ:やや小型のサギで繁殖羽では下から見たとき首や胸がオレンジ褐色であることから容易に区別できる。
・コサギ:チュウサギより小型で足指が黄色いことで識別できる。
・ダイサギ:ダイサギのほうが大きいく脚や嘴が長く見えること、ゆっくりとした羽ばたきをすることで区別できる。

鳴声が似ている鳥
鳴き声だけではコサギやダイサギと識別するのは困難。
生態
おもに夏鳥として本州以南の水田や湖沼、ハス田、干潟などに生息する。コサギやダイサギのように河川などで採食することは少ない。コサギなどのように市街地の河川や池に飛来することはほとんどないが、秋期に郊外の水田などに比較的普通にみることができる。歩きながら昆虫類や両生類、魚などを捕らえて食べる。5月ごろから他のサギ類とコロニーを形成して繁殖する。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

特徴で種を絞り込む


【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます