NPO法人バードリサーチのための図鑑


停空飛翔中の雄(撮影:大塚啓子氏)


雌(撮影:平野敏明氏)

特徴
見られる時期:本州中部以北では一年中、以南では秋冬期。
見られる環境:河川敷、草原、農耕地、市街地。
観察の度合い:秋冬期にはやや普通。
大きさ:ハトより少し大きい、全長約38cm(雌)。
体型の特徴:翼と尾が長いほっそりとした猛禽類。
鳴声:キィーキィーキィーなどと甲高く鳴く。
鳴声を聞く(WMA)鳴声を聞く(MP3)
識別点
とまっている時に似ている鳥:秋冬期にはコチョウゲンボウがいる。コチョウゲンボウのほうがやや小型で、尾が短く見える。
飛んでいる時に似ている鳥:コチョウゲンボウ、ハヤブサ。コチョウゲンボウのほうが尾が短めで、翼も短め。力強い羽ばたきで直線的に飛翔する。ハヤブサは一回りほど大きく、胴体が太く見え、力強い羽ばたきで直線的に飛ぶことが多い。
鳴声が似ている鳥:チゴハヤブサ、ハヤブサ。チョウゲンボウの方が甲高く聞こえる。
生態
日本では、おもに本州中部以北で繁殖しているが、秋冬期には積雪のない本州以南に生息する身近な猛禽。巣は河岸段丘や石切り場などの崖の岩だな、橋やビルなどの建造物に造る。食物は、小鳥類やネズミ類のほか、昆虫類やコウモリなどである。電柱や竿の先、枝先に止まって獲物を探すほか、空中で停空飛翔して探す。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

特徴で種を絞り込む


【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます