NPO法人バードリサーチのための図鑑

 
横方向から(撮影:大塚啓子氏)                                         頭上方向から(撮影:大塚啓子氏)


正面方向から(撮影:石渡賢一氏)

特徴
見られる時期:住宅地周辺ではおもに秋から冬。
見られる環境:森林、公園の緑地
観察の度合い:年によって異なるが、市街地では少ない。
大きさ:スズメより小さい。全長約11cm。
体型の特徴:スズメのような体形をしていて、頭部の羽毛が立っていることが多い。
鳴声:チィ、チィチチィとかツツピィ、などと鳴き、ツツピン、ツツピンなどと早口で囀る。
さえずり(WMA) さえずり(mp3)  地鳴き(WMA) 地鳴き(mp3)
識別点
とまっている時に似ている鳥
・シジュウカラ:シジュウカラのほうが大きく、尾が長い。シジュウカラでは胸にネクタイのような黒い帯がある。



・コガラ:コガラでは背や尾が灰黒色をしている。住宅地周辺では稀。


飛んでいる時に似ている鳥
鳴声が似ている鳥
・エナガ・シジュウカラ:チィチチィと聞こえる声はよく似ている。エナガではジュリ、ジュリという声が、シジュウカラではジュクジュクジュクという声が続くことが多い。
エナガ(WMA) エナガ(mp3)  シジュウカラ(WMA) シジュウカラ(mp3)
・キクイタダキ:チィチチチの声がヒガラに似るが、キクイタダキではシシシシと低く聞こえる。
キクイタダキ(WMA) キクイタダキ(mp3)  
生態
全国の低山から山地帯の森林に生息、繁殖し、秋冬期は平野部の森林や公園の緑地などにも生息する。秋冬期には、数羽から十数羽の群れで、シジュウカラやヤマガラと混群を形成する。平野部の森林では年によって個体数が変動する。忙しく枝葉のあいだを飛び回り、アカマツの種子や昆虫類、クモ類などを食べる。巣は、樹洞や岩の隙間などに獣毛などを集めて造る。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

特徴で種を絞り込む


【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます