NPO法人バードリサーチのための図鑑


(撮影:内田博氏)

赤色形(撮影:石渡賢一氏)

特徴
見られる時期:5月中旬から9月
見られる環境:森林、公園、河川敷の緑地
観察の度合い:鳴声は住宅地でも聞かれるが丘陵林から離れた場所では少ない。秋の渡りの季節には時おり見られる。
大きさ:ヒヨドリくらいの大きさで、全長約28cm。
体型の特徴:ほっそりした体型で、尾と翼が長い。
鳴声:キョッキョ、キョ、キョ、キョ、キョと鳴き、特許許可局などと聞こえる。
鳴声を聞く(WMA)鳴声を聞く(MP3)
識別点
とまっている時に似ている鳥
・カッコウ、ツツドリ:大きさはホトトギスより大きいが、姿勢や体色が酷似しており、識別は困難。
飛んでいる時に似ている鳥
・カッコウ、ツツドリ:飛んでいる体型は同じ。ホトトギスのほうが小さくほっそりしているが、識別は困難。
鳴声が似ている鳥
本州ではいない。
生態
夏鳥として、北海道南部以南の平野部から山地の林に生息する。夜間にも活発に鳴き、住宅地の上空にも飛来する。托卵性で、本州ではおもにウグイスの巣に産卵し、ヒナを育ててもらう。昆虫、特に毛虫やイモムシを食べる。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

特徴で種を絞り込む


【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます