パラメトリックJSアルバム
  • カラー画像
更新ページ
カテゴリー
パラメトリックaffiliateエリア
実際には、当ページのヘッダー部分に表示させています。
Lightbox JS v2.0
実装手順はここをクリックしてください。また、prototype.js関数を利用しています。
パラメトリックFLASH
を新設しました。戻って、押してみてください。
×をクリックすれば停止できます。


ちょっと試しに Lightbox を利用してみるか

※ 緊急ニュース ※ 2007/12/11
あなたが
Livedoorブログか
FC2ユーザーなら!
老若男女、誰でも、超簡単Lightboxプラグインを無料で利用できます。
それも訪問者がLightboxのタイプをメニューから選択可能!
これで過去の全ての画像の投稿が全自動でLightbox表示できます!
またCSSスタイルシートに依存しませんから、
自由に好きな時にデザインテーマを変更可能!!
⇒ デモと解説のブログ
⇒ FC2版デモと解説のブログ


Lightbox検証wikiの編集権限の件
Lightbox検証wikiの※ ニュース ※で告知しております。

2006/02/15 20:00 JST 現在
 Firefoxでも実現しております。
欄外の添付画像ファイル群も対象です。
メインコンテンツと欄外の添付画像は別グループです。

 本ページの最終更新日時: 2007/02/17 20:20 JST  目次へ 
Link: 欄外「添付」画像ファイル群をアルバム化しますかページを読む 

Wikiは画像に弱いとあきらめていませんか?
● ブログと同じように画像を扱うことができるのです。

すでにページが数百ページだし、画像の修正が大変なのでは
● Wiki文法で埋め込まれた
     [[サムネイル画像>オリジナル画像]]
     [[文字>オリジナル画像]]
と言う標準Wiki文法であれば、全く編集は無用です。本JavaScriptをアンインストールしても全く影響無しです。

これからWikiを作るんだけど
● それなら、サムネイル画像の重要性と作成方法についてを読んでから、サムネイル画像を用意して、そのサムネイル画像とオリジナル画像をペアーでアップロードしましょうか。
     [[文字>オリジナル画像]] または、
     [[サムネイル画像>オリジナル画像]]
と言う標準Wiki文法で作成していきましょう。近い未来において「より強力な Lightbox 」を利用するにしても、美しい Wiki になります。本JavaScriptをアンインストールしても全く影響無しです。

また、画像を表示したいだけでリンクしたくない場合は、架空のアンカーを指定しましょう。
[[画像のURL>#xxxx]]とします。以下の画像をクリックしてみましょう。

【目次】


Lightbox を、自分のWikiなり、ブログで、実験的に利用してみますか

 あくまでも「自分のサイトで、ちょっとだけしよう(試用)」です。永続的に利用を続けないで下さい。理由は、永続的にファイルをメンテナンスしたり、提供を続けるものではないからです。試せたら、すぐにアンインストールしてください。そして本気で実装するか、見送るかを判断しましょう。
 MSIEだけでなく多くのブラウザーで利用可能となる正式利用の為の実装手順は、次の Livedoor Wiki内リンク先で解説中です。
 Livedoor wiki で Lightbox JS v2.0を使ってみる  有名FREEブログで Lightbox Plus を使ってみる 
サムネイル画像の重要性と作成方法について
wikiでの画像投稿方法 - Lightbox検証


まずは、Livedoor Wiki でテストしてみましょうか


こんな Livedoor Wiki に変わってしまいます。

一行の javaScript 呼び出しだけで、どんなデザインでも試験実装可能です。(の、はずです ^^;)

http://wiki.livedoor.jp/tkk_common/
但し、2007/01/20 現在、MSIEのみ機能します。
ですから、恐れ入りますが、MSIE以外の方は「お試し」できません。 済みません。

あくまでも、「お試し」ですので、MSIEが嫌いな方も、今回は我慢願います。 余裕があれば、他ブラウザーにも対応しようかとも思いますが、まあ「お試し」用ですから、こんなものかとも思っています。
そうそう、実装するのは、Lightbox Plusの方です。
MSIEに限定されずに多くのブラウザーで利用可能となっております。正式導入手順は、Livedoor Wiki内リンク「 Lightbox JS v2.0を使ってみる 」や「 Lightbox Plus を使ってみる 」で解説しています。
但し認証の問い合わせがあります。
ログイン名: wiki 
パスワード: 2007 
 黒字を見るには、、、Ctrl+A ですか・・・ (^^) 

ベーシック認証を行っている理由

ベーシック認証を行っている理由は、排他的な目的ではありません。 「わざ(技)と認証を無視」すれば、アンインストールしなくても、元の状態を確認できます。 もちろん「認証にパス」すれば、Lightbox の効能を確認できます。
つまり、使用前/使用後とでも言うのでしょうか、「認証」を利用して確認できるわけです。 (*^^*)/~

それでも見れるブラウザー

※ 以下のブラウザーでも正常に動作します ※
マルチエンジンで、MSIEコンパチを選んでください。
OS名称 (abc順)navigator.userAgent
Win2kPro SP4Firefox + IE tab ※Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
Win2kPro SP4Lunascape4 ※Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
ブラウザーはマルチエンジン搭載で行こうよをご覧下さい。


Livedoor Wiki に書き込んで試用してみる

Lightbox検証wikiの編集権限の件
Lightbox検証wikiの※ ニュース ※で告知しております。
1. Lightbox検証 wikiの読者になる登録 
2. 筆者のXOOPS2 BBS 読み書き用 2007/01/22 05:00am 稼動確認済みです
  1. http://wiki.livedoor.jp/tkk_common/ に記事を書き込むには、筆者によるメンバーの追加が必要です。 目下、LivedoorIDでログイン中なら誰でも書き込み可能です。
  2. をクリックしてLightbox検証 wikiの読者になる登録をしてください。
    その際に、「IDの公開をする」にしておいてください。
  3. 読者になっても、それがイコール「編集の権利が欲しい」とは伝わりませんね。 よって、筆者が管理しているXOOPSサイトのBBS(携帯利用可能)で宣言してください。(発言するにはXOOPS新規登録が必要です。) 新規登録の手順はここで解説しています。
    筆者のXOOPS2 BBS 読み書き用でIDを書き込んでください。(筆者のXOOPS2 BBS 携帯電話閲覧専用)
    この2つのIDをチェックしてから、筆者が編集メンバーに追加します。通知は、XOOPS BBSか、せっかく購読者になったのだから、LivedoorWikiに処置完了の結果を書き込みますか。

    ※ せっかくですから、好きな「Wikiのデザイン」もお知らせください。ついでに、変更して差し上げましょうか。 (*^^*)%%
  4. 新規登録を自由に行ってください。
    ※ 但しアフィリエイト広告目的の場合は、編集権利を剥奪し、対象ページを削除することに同意してください。 m(__)m
  5. 編集権利が確立したなら、をクリックして「読者登録の抹消」を行ってください。少なくとも、「IDを公開しない」設定にしておきましょう。
  6. 自由に違法性の全く無い画像を張り込んで書き込んでみてください。質問でも、つぶやきでも、どうぞ。
  7. 十分に書き込みテストが完了したなら、「テスト書き込みは終わりました。編集権利はお返しします。」とでも、必ず http://wiki.livedoor.jp/tkk_common/ 内で書き込んでおいてください。 即時とはいきませんが、筆者の方で、メンバー削除を行っておきます。


あなたの Livedoor Wiki に「お試し」実装してみましょう。

01-1 それでは、 http://wiki.livedoor.jp/tkk_common/ を例にします。何の参考になるかは別にして、当初のページです。2ページだけですね。
02-1 フロントページには画像が複数在りますね。しかし、左の画面の様にWikiには添付させていません。なぜなら、Livedoor Wiki の「添付」には、サムネイル画像作成機能が無いのですね。
03-1 デザインテンプレートはカスタムでなくても良いです。
※ prototaype.jsをインストールしている場合は、二重呼び出しとなって問題です。
04-1 1つのプラグインを追加するだけです。「フリーエリア」を追加します。
 左の例の場合、1つの「フリーエリア」以外は、ごくごくありきたりなプラグインですね。
05-1 「フリーエリア」には、以下のような1つのJavaScript呼び出しのHTML文を登録します。
<script type="text/javascript"
 src="http://designcheck.up.seesaa.net/Junk2007/lightbox_plus_LivedoorWiki5.js">
</script>
JavaScript呼び出し専用のプラグインがあるのなら、呼び出すURLは:
http://designcheck.up.seesaa.net/Junk2007/lightbox_plus_LivedoorWiki5.js
です。簡単ですね。 これで、試験的に利用できるはずです。
いろんな改造をされている場合は、不具合が起こる場合もありますね。そんな場合は、残念ですが、後述のアンインストールを行ってください。

あなたの Livedoor Wiki に実装した「お試し」をアンインストールしましょう。

新規に登録したプラグイン「フリーエリア」を削除するだけです。削除は間違わないようにしてください!!
違う「フリーエリア」を消しても、筆者は責任を負えません。


より便利な改訂内容

2007/02/15 16:10

■ 欄外の添付画像群もアルバム的に順次閲覧可能です。
 試しに、「 問い合わせフォームの埋め込み方法 」を訪れて欲しい。
下段の欄外の「添付」ファイルには、ページ内で利用していない画像が含まれている。全部で4つの画像ファイルが表示されているはずです。この内のどれでも任意のリンク文字をクリックして欲しい。画像に矢印が表示されたら、その矢印をクリックすることで、欄外の画像を順番に表示できる。
欄外の画像添付ファイルも「生き」ですかね。 (*^^*)
JavaScript呼び出しファイル名を変更しています。
<script type="text/javascript"
 src="http://designcheck.up.seesaa.net/Junk2007/lightbox_plus_LivedoorWiki4.js">
</script>
■ Firefoxでも正常機能します。
 お待ち動作まです。(微笑) 誰も待ってませんよね。

Ver:1.10 2007/02/17

■ 当該ページに添付ファイルが無い場合:
● 従来の通りとなります。遊びで、確認画面を表示させています。初心者用ですね。
■ 当該ページに添付ファイルが存在する場合:
●「添付」タグ文字の直後に のリンク文字が表示されます。クリックすると、欄外にレポートされている画像を表示させます。
■ 当該ページに添付ファイルは存在するけれども、画像ファイルが一つも無い場合:
● 今現在は「添付」タグ文字の直後に のリンク文字が表示されます。
■ 本バージョン1.10の実装先の Livedoor Wiki:
添付ファイルが存在するページの例
添付ファイルが存在しないページの例
<script type="text/javascript"
 src="http://designcheck.up.seesaa.net/Junk2007/lightbox_plus_LivedoorWiki5.js">
</script>


管理者(筆者)不在時は対応ができません。ご容赦願います。

あちらのサイトにスケジュールを掲載しました。対応が非常に遅れることになる場合があります。ご理解願います。 m(__)m


Lightbox JS v2.0を
使ってみる
Lightbox Plus を
使ってみる
サムネイル画像の重要性と
作成方法について
wikiでの画像投稿方法
Lightbox検証
2007年12月11日(火) 16:21:03 Modified by mmj_aos

添付ファイル一覧(全2件)
26714c047ce47087.png (1.01KB)
Uploaded by mmj_aos 2007年02月17日(土) 20:40:06
db7ff4d3ae25bd37.png (4.50KB)
Uploaded by mmj_aos 2007年02月17日(土) 20:40:06



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。