パラメトリックJSアルバム
  • カラー画像
更新ページ
カテゴリー
パラメトリックaffiliateエリア
実際には、当ページのヘッダー部分に表示させています。
Lightbox JS v2.0
実装手順はここをクリックしてください。また、prototype.js関数を利用しています。
パラメトリックFLASH
を新設しました。戻って、押してみてください。
×をクリックすれば停止できます。


トラックバックってエラー無く受け付けるのか?

 あなたの努力で作成される折角のブログの投稿が、不完全なシステムによってトラックバックできないでいるとしたら、乗換えを考える必要もあるのかも知れませんね。

 Topページでは、JavaScriptの埋め込みが可能なFREEブログをレポートしてきましたが、トラックバック機能が不完全、相性が悪いFREEブログがどうやら存在するようです。トラックバックは双方向ともに受け取れないと、ブログとしては機能不全と言えないでしょうか。そこで、実験をしてみることにしました。  表中の「 XoopS + WordPress 」とは、xoopsのインストール 【XREA編】で解説した、XOOPSに、FREEブログWordPressを導入したものです。Trackbackは完璧ですね。xoopsのインストール 【XREA編】で解説中です
更新日時: 2006/07/25 23:00

各FREEブログからの双方向トラックバック通信検査をしてみましょうか。
トラックバック受信側
送信側Livedoor WikiLivedoor BlogCoco LogSeesaaFC2YaplogAmebaBanyYahooMSN楽天GooXoopS + WordPress
Livedoor Blog××
Coco Log××
Seesaa××
FC2××××
Yaplog××××
Ameba××××
Bany×
Yahoo××××
MSN×××××××
楽天××××
Goo××
XoopS + WordPress×

 表の見方

【例】:Livedoorブログの場合を考えましょう。あなたがLivedoorブログに参加しており、面白いブログの投稿しているとします。さて、全国(全世界)のブログ利用者が、あなたのLivedoorブログの投稿トラックバックに応答する設定で、様々なブログで紹介投稿されたと仮定します。すると、相手のブログが「FC2」、「Yaplog」、「Ameba」、「Yahoo」、「MSN」、「楽天」の場合、無条件でトラックバックを受け付けず、折角の「友達の友達はみんな友達だ」にならず、あなたのLivedoorブログは相手に対して「無視」を決め込むこととなります。あなたに「無視」の気持ちが無くても、Livedoorブログ側がトラックバック通信を受け付けないわけですから、「あなたが俺の、私のトラックバックを拒絶しやがった!無礼な奴だ!!」と誤解されても仕方が無いのかも知れません。  ここでは、ほんの一部のFREEブログしかレポートしていないことに気付くでしょう。しかし、これだけ少ないFREEブログの中でも、トラックバック通信を完璧にこなせないブログは、確率として、ここでレポートした以外のブログともトラックバック通信できない可能性が大きいことを意味しないでしょうか。

 【結果】:


 とても正常なブログ

 縦軸に注目してください。縦軸はトラックバックの受信性能を表します。全てが「○」のブログは・・・・
 正常なブログとは、『CocoLog』、『YapLog』、『AmebaBlog』、『自前XoopS+WordPress』、『Goo』 


 MSNブログによって不完全となったブログ

 縦軸において、MSNブログだけがエラーを起こすもの。
 『Bannyブログ』、『Yahoo!ブログ』、『楽天ブログ』 


 MSNブログFC2ブログによって不完全となったブログ

 縦軸において、MSNブログとFC2ブログだけがエラーを起こすもの。
 『Livedoor Wiki』 


 完全とは言えないブログ

 縦軸においてエラーがあるブログ
 『Livedoorブログ』、『Seesaaブログ』、『FC2ブログ』 


 全く排他的なブログ

 縦軸においてエラーだらけのブログ。当方の設定ミスなら良いのですが。それでも設定に特別なオペレーションが必要なら、きっと多くの利用者も知らないままに落とし穴につかまっているのではないでしょうか。
 『MSN』 
 MSNは異常すぎるので、名誉の為に(誰の?)解説するが、上に掲載したように「一般的なWebサイトからのトラックバックを許可する」を選択しているのもかかわらず、全方面に対してトラックバック受信を許可していない。 いつしか、近未来において正常に機能するに違いない。しかし、その近未来までに多くのトラックバックを無視した大罪は消えない。よって、このホームページは、ある過去の実績として残しておきたい。

 当方の希望は、各FREEブログ管理企業様が、トラックバックの仕様ならびに、そのポリシーを訂正し、インターネット文化にふさわしい完全な機能に改訂してくださることを期待するものです。それには、利用者、使用者である私達が、正しく認識し、同じ気持ちとなって、各FREEブログ提供企業さまに地道に要望するしか無さそうです。みなさまの応援次第と言えそうです。
2006年07月25日(火) 23:06:30 Modified by mmj_aos

添付ファイル一覧(全1件)
0795d42780fc4ec3.png (18.96KB)
Uploaded by mmj_aos 2006年07月23日(日) 07:43:49



スマートフォン版で見る