パラメトリックJSアルバム
  • カラー画像
更新ページ
カテゴリー
パラメトリックaffiliateエリア
実際には、当ページのヘッダー部分に表示させています。
Lightbox JS v2.0
実装手順はここをクリックしてください。また、prototype.js関数を利用しています。
パラメトリックFLASH
を新設しました。戻って、押してみてください。
×をクリックすれば停止できます。


統合画像アルバム構築手順 【その01】

戻る次へサムネイル画像の重要性と作成方法についてサムネイル画像の話題をスキップする

 全てのオリジナル画像に対して、2種類のサムネイル画像を作成しましょう。ホームページ(以後HPと称す)は、迅速な表示が求められます。オリジナルの大容量画像だけで、HPでは縮尺させて表示する方式では、迅速な応答は無理となります。

 2種類の画像とは以下の通りです。

 ◆ 小窓メニュー用の可能な限りファイルサイズの小さな画像。

   初期値では「幅160ピクセル、縦120ピクセル」です。(JavaScriptですからスクリプトを理解して変更は可能です)
   オリジナル画像を縮小して、白黒にして、8色に減色しましょう。

 ◆ 迅速に表示させるための画像を用意します。

  初期値では「幅480ピクセル、縦360ピクセル」です。これはDVサイズでした。
  同じくオリジナル画像を縮小して、256色に減色しましょう。

     -----

  初心者の場合、ここで躓くかも知れませんね。
「ええええ〜、オリジナル画像からサイズを縮小させたり、減色させたり・・・複雑!」
「オリジナル画像だけで、何とか運用できませんかあ〜??!!」

確かに、オリジナル画像だけでも運用を開始できるのですが、重いHPでは、折角、素晴らしい画像が他のページにあるのに、最初のページで、「重すぎ!」と敬遠されてしまいます。よって、ハードルは高くても、アクセスが増えるように、自分の画像を軽くする努力は、最初の段階から始めましょう。

 バッチ処理で、サムネイル画像をどんどん作成するフリーソフトってありますよね。

無料ソフトの「Easy Graphic Converter」を推奨します。
http://www.etrusoft.com/graphic-converter/

     -----

 画像の種類はブラウザーが表示できる画像ファイルなら、どんな形式でも構いません。アニメーションGIFでも、PNGでも、様々なJPEGでも扱えます。

お決まり:著作権利を侵害しないこと!著作権利を理解できない方は、勉強してから再度ご訪問願います。

戻る次へサムネイル画像の重要性と作成方法についてサムネイル画像の話題をスキップする
2007年01月21日(日) 11:22:00 Modified by mmj_aos




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。