パラメトリックJSアルバム
  • カラー画像
更新ページ
カテゴリー
パラメトリックaffiliateエリア
実際には、当ページのヘッダー部分に表示させています。
Lightbox JS v2.0
実装手順はここをクリックしてください。また、prototype.js関数を利用しています。
パラメトリックFLASH
を新設しました。戻って、押してみてください。
×をクリックすれば停止できます。


腐りかけの古い技術「MD5」を使い続ける理由は何?

腐りかけの古い技術「MD5」ハッシュ値生成アルゴリズムを採用中のCMSは危険!


 あなたのCMSは、古いMD5ハッシュ値生成アルゴリズムで運用されていませんか?

米国政府の言うことを真似る必要はありませんけど、日本政府が先を行くとも考え難い。

 少なくともパスワードに関係して「MD5」を採用している認証は危険ですよ! SHA1も危険!!

  • Utype XOOPS 2.0.16a ML は、MD5アルゴリズムを捨てることが可能です。
  • Utype XOOPS 2.0.16a ML は、MD5アルゴリズムを使い続けることも可能です。
  • Utype XOOPS 2.0.16a ML は、SHA1アルゴリズムに切り替えることも簡単です。
  • Utype XOOPS 2.0.16a ML は、32ビットCPU用SHA2アルゴリズムで運用可能です。
  • Utype XOOPS 2.0.16a ML は、64ビット以上のCPU用SHA2アルゴリズムで運用可能です。
  • Utype XOOPS 2.0.16a ML は、好きな時にハッシュ値演算アルゴリズムを「管理画面」で切り替え可能です。
  • Utype XOOPS 2.0.16a ML は、古いMD5形式のユーザーデーターをインポートして利用可能です。


Utype XOOPS 2.0.16a ML は、インストーラーの画面で適当なハッシュ値演算アルゴリズムを選択可能です。インストール直後よりMD5を捨てて、最新のアルゴリズムでXOOPSの運用を開始できます。


さあ、進化を続ける「 Utype XOOPS 2.0.16a ML 8.4.14x 」の完全無料配布ダウンロードサイトを訪問しよう!

こちら

インストール方法などが解説された話題のフォーラム

こちら
2008年04月20日(日) 12:30:14 Modified by mmj_aos




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。