パラメトリックJSアルバム
  • カラー画像
更新ページ
カテゴリー
パラメトリックaffiliateエリア
実際には、当ページのヘッダー部分に表示させています。
Lightbox JS v2.0
実装手順はここをクリックしてください。また、prototype.js関数を利用しています。
パラメトリックFLASH
を新設しました。戻って、押してみてください。
×をクリックすれば停止できます。


Wiki内に埋め込んだ『パラメトリックJSアルバム』

 本ページの最終更新日時: 2006/12/23 18:00 

 本Livedoor Wiki のプラグインに実装した「JavaScript画像アルバム」についての解説ページです。


実 装 の 具 現 化 実 績 ※ 以下環境で全て正常稼動中 ※
OSブラウザー名バージョン
MS-Win98SENetScape7.1Mozilla/5.0 (Windows; U; Win98; ja-JP; rv:1.4) Gecko/20030624 Netscape/7.1 (ax)
MS-Win98SEInternet Explorer6.0.2800.1106Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
MS-Win2k ProFirefox1.5.0.8Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.0; ja; rv:1.8.0.8) Gecko/20061025 Firefox/1.5.0.8
MS-Win2k ProOpera9.02Opera/9.02 (Windows NT 5.0; U; ja)
MS-Win2k ProSleipnir2.49Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
KNOPPiX3.3 KDE3.1.4Mozilla Debian Package1.5Mozilla/5.0 (X11; U; Linux i686; ja-JP; rv:1.5) Gecko/20031107 Debian/1.5-3
KNOPPiX3.3 KDE3.1.4Konquerir3.1.3Mozilla/5.0 (compatible; Konqueror/3.1; Linux 2.4.22-xfs; X11)


【目次】


 まずは取り扱い方法から解説します。

 このWikiでは、左側の上部にメニューを表示しています。小さな写真、つまり少ない容量の写真を表示しています。 閲覧領域の最上部に浮遊文字 「● カラー画像」がありますね。
 これが浮遊文字 「● カラー画像」の拡大ですね。

  1. 「ボタン<<」なり「ボタン>>」を押すことによって、小さな写真は切り替わります。
  2.  1つ先の画像は先読みします。先読み完了しなければ、切り替わりません。
  3.  切り替えボタンの間に、写真の通し番号を表示します。番号は逆算します。
  4.  切り替えボタンの下には、配信者によって自由に設定されたコメントを表示します。
  5.  コメントの下の「コピー」ボタンは、コメント文字をIEならWindowsに記憶させます。Firefoxなら反転だけです。(Ctrl + C でコピーしてください)
  6.  さて、中版のカラー画像を表示させて見ますか。通常は隠れています。スクロールしてもふらふらとつきまとう「浮遊リンク文字」で中版画像の表示のON/OFFを行っています。ブラウザーの閲覧している画面の最上部を探してみてください。「●カラー画像」と言う文字があるはずです。この文字に注意深く近付いてクリックします。間違うと(笑)、この浮遊文字を透かして下に映っている本来の閲覧中のHPの制御を優先し、リンク先に飛んで行ったりします。(微笑)
  7.  この中版の写真の上のクリックするか、小さな写真をクリックすれば、小さな写真を中版写真領域に表示させます。
【要約】: まずは「中版画像を表示させる」。これはスクロールしても必ず同じ位置に表示する浮遊文字「● カラー画像」文字をクリックします。 そして、「ボタン>>」を押して、目的の写真に切り替えます。写真をクリックすれば・・・中版カラー写真が表示されます。

 最後にオリジナル情報の閲覧です。(^^)

 ここでは、オリジナル画像ファイルのURLを新しいWindowで表示させていますが、URLを設定できることに注目です。つまり、オリジナル画像の表示だけでなく、関連するHPへのリンクが可能だと言うことです。



【改訂内容】:

 画像の閲覧番号を再現します。2006/12/13

 従来、画像の最新を表示させていましたが、閲覧番号を再現します。もちろん、管理者によって画像枚数の追加、削除があれば、自動的にリセットされます。
【例】: 仮に画像が1000枚あると、従来は必ず1000枚目を表示していましたが、閲覧を繰り返し、500枚目までを見たなら、次回の再訪問時や、別のページへ移動しても、499枚目を表示します。

 オリジナル画像表示ルーチンの改訂。2006/12/14

  1.  3つのフレームを作成します。
    1.  1つはオリジナル画像を表示する。これは従来の通り。
    2.  1つは、独自のアフィリエイト。(^^); 本Wikiで採用した独自JavaScript。
    3.  後1つは、Free Web Hosting サーバー機の消してはいけないアフィリエイト。
  2.  Webサーバー認証に失敗すると、履歴を2つ分、戻す。
  3.  履歴が無くなると、自動的に、FLASHアルバムを表示する。
  4.  オリジナル画像表示専用のウィンドーはクリックしなくてもフォーカスする。
  5.  Webサーバー認証に失敗すると、ウィンドーを隠す。
2006年12月25日(月) 03:35:22 Modified by mmj_aos

添付ファイル一覧(全1件)
b5e34c94206720a1.gif (2.25KB)
Uploaded by mmj_aos 2006年11月26日(日) 09:31:35



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。