×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

パラメトリックJSアルバム
  • カラー画像
更新ページ
カテゴリー
パラメトリックaffiliateエリア
実際には、当ページのヘッダー部分に表示させています。
Lightbox JS v2.0
実装手順はここをクリックしてください。また、prototype.js関数を利用しています。
パラメトリックFLASH
を新設しました。戻って、押してみてください。
×をクリックすれば停止できます。


XOOPSの話題

※ XREA.COMサポーターサイトに登録されました!
サポーターサイトの最下段(登録順)
  「●XREAで完璧XOOPS New!」です。

※ 本ページは凍結されました。
以後、XOOPS/PukiWiki
  最新更新いたします。


 英語化 本ページの短縮URL:

http://fs4y.com

 筆者はこの1年間、パーフェクト・フリー(完全?無料 ^^;)を必須条件としてXOOPSが運用できる Free Hosting を捜し求め、そして試行を繰り返してきました。 もちろん、本Wikiでレポートしてきました。
本ページの右側枠内で「XOOPS」や「Free Hosting」と入力して検索ボタンを押してみてください。


※ 今回は、JavaScriptを配信するサーバーを複数持つ為にドメインを取得し、DNS運用することとしました。ドメイン取得は実際にはどこでも良かったのですが・・・VALUE DOMAINさんのキャンペーン価格に、釣られてしまいました。(爆笑)
 よって、サブドメインを利用した複数のXOOPS、またDNSを利用して複数のHostingサーバーにおける負荷の軽減も試行します。
 ここに必須条件を追加して、新たなレポートを作成することとしました。 是非、ご声援願います。

 本ページ最終更新日時: 2007/07/30 01:20am JST 
更新日時の段階で実装完了項目には
完了マークを付記しておきます

筆者が改訂したXOOPS2のインストーラーメニュー
01-1 新設した項目は、まず、MySQLのメジャーバージョンの指定を追加しました。本オプションの設定を間違わなければ、両方のバージョンともに、phpMyAdminでの文字化けは起きないはずです。
02-1 次に新設しました項目は、「click」リンク文字です。クリックしますと新しいウィンドー(またはタブ)で閲覧チェック可能です。但し、閲覧されるのは、installディレクトリー下のphpinfo.phpとなります。
 また「SSLによるURL」(https:// なるSSL接続する場合のXOOPSにアクセスするURLを入力してください。末尾には「/」を付加しないでください。)を新設しました。
03-1 次に新設したのは、管理者登録画面です。「管理者番号」です。
詳しくはインストール解説ページをご覧下さい


【XOOPSを楽しむ為の筆者の必須条件】:


完了ボタン1つで切り替わる多言語対応とします。

※ 例えば、あなたが見慣れた「新規登録画面」の画像の国旗をクリックすると・・・・例えば「英語の新規登録画面」に早代わり。その逆も日本の国旗を押すだけ。

※ 日本語EUC-JP、日本語Shift-JISを利用する限りにおいて、隣国、周辺国の言語圏を排除したシステムと言えませんでしょうか。ここでは、日本語に囚われないで、隣国、周辺国、そして世界中のブラウザーで「文字化けしない」多国語化を実現しましょう。

留学生を増やす方針の学校では、文字化けの全く無い多言語版XOOPSは必須ですよね。
グローバル組にシフトする企業においても、多言語化が求められています。っよね?

 ※ 多言語化のメリットとは、言語の数だけMETAタグを管理できると言うこと。つまり、リンクアドレスを紹介する場合に、言語の数だけURLが存在すると言うこと。サブドメインを言語種分定義すれば良いよね。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その3 

完了多言語仕様でもXOOPSキャッシュ機能を利用する

※ キャッシュ・ディレクトリーの階層を深くし、利用言語毎のキャッシュディレクトリーに制御させる。
また、管理画面用のキャッシュファイルの同期も達成し、多言語による管理画面を表示する。日本語なら日本語の最新の管理画面を表示し、英語なら英語の最新の管理画面を表示させる。 テーマチェンジャーにご注意願います! 当方でご用意したモジュールならモジュール毎のMETAタグ切替に対応します。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 

完了無料アカウント利用時のバナー表示義務と有料アカウント移行時のバナー改訂を容易にする

XOOPSには標準でバナー管理システムがあります。それを利用しましょう。
 さて、誰もが最初は「無料アカウント」で試行しますか。そんな場合には、広告バナーを挿入する義務があるでしょう。
この広告バナーがデザインを壊すこともあって、違和感を齎します。
 試行期間を経過して、その後の選択肢としては「他のサーバーを利用することに決定し閉鎖」する場合もあるでしょうし、または「有料アカウントにアップグレード」すると言うステップアップがありますね。(このまま無料アカウントで利用を続行すると言う選択肢もありえますね)(微笑)
選択肢の「閉鎖した場合」は別として、「有料アカウントに移行した」場合には、「無料利用時の義務広告バナーを消す」作業を効率良く行えるのが良い。
また、バナーを消すだけではなくて「自分専用のアフィリエイト広告との差し替え」も効率良く行えるのが良い。そんな方法を試行します。 つまり、

1. デザイン重視(複数のXOOPSテンプレートを利用する)
2. 広告バナーの切り替えは全てXOOPSの標準バナーシステムを利用する。
3. 日本語専用で作成されたテーマであっても多言語化にしてしまう。
と、言うことです。
2007/07/12現在、SSL暗号化通信時にはバナー表示をOFFにする選択肢を設けました。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その5 

完了漢字コードは「UTF−8」で扱うこととします。

 日本語ファイルを標準のEUCから、全てUTF−8に変えます。HTMLのMETAタグで宣言される言語をUTF-8に宣言させます。目先の目標とは世界中のブラウザーで文字化けしないで表示させることですが、最終目的とは、多言語による投稿にあります。メニューが例え、英語と日本語しかなくても、フランス語での投稿も、隣国、近隣諸国の言語でも投稿可能で文字化け無しなら構わないですよね。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その1  MySQL5にも対応済み 

完了漢字コード変換mbstring設定を行わないでサーバープロセスのストレス無し

 .htaccess なり php.ini系指定をmbstring関連について指定しないので、サーバー側への無用(?)な負担を削減する。ブラウザー対Webサーバー、そしてWebサーバー対MySQLサーバー間を、地球共通統一文字言語(微笑)のUTF-8が抵抗無く素通りする。
 Free Web Hosting の中には、.htaccessの組み込みの自由を許可していなかったり、mbstring処理をさせたからと言って、MySQL内部に文字化けが無いことを保証できません。一種の暗号化処理と言えるほどに無用な文字コード変換をさせている場合もあります。XOOPS全ての処理からmbstring強制変換プロセスを省くことが出来れば、これってサーバー管理者側からすれば優れたCMSとの再評価につながるでしょうか。あなたは社内なり学内のコンピューティング・システム管理部門に対して「管理者の設定された、そのままでも利用できるCMSを利用開始しても良いですか?」の提案は、非常にスマートと言えませんでしょうか。(*^^*)
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その1からXREAで完璧XOOPS その10の全共通

完了MySQLのバックアップと復元をphpMyAdminで完璧に行えること。

 UTF-8に運用を固定してしまって、UTF-8コードでのバックアップファイルの取得と、復元を行います。

筆者の経験とは、何も分かっていない時代に利用を開始したXOOPSのmySQLの文字コードがラテン語! で、ダンプすると文字化け!! それでも、最新のUTF-8なMySQLに、blob も含めて完璧にデーター移行を行っています。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その1  MySQL5にも対応済み 

完了MySQLのバックアップをmysqldumpを利用して完璧に行えること。

 MySQL4.1系以上、またはMySQL5系なら、UTF-8による文字化けは皆無。MySQL4.0系では無理でした。違うのかな?(^^);
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その7 

完了phpMyAdminを利用して日本語データーなどを直接編集できること。

 当然のこととして、データーベースを直接phpMyAdminを利用して、日本語を含めた多言語を文字化けなくダイレクトに編集できるようにしましょう。 phpMyAdminの言語ファイル群から管理者にとって無用で利用の見込みの無い外国語の言語ファイル群は全て削除しましょう。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その1  MySQL5にも対応済み 

完了シンボリックリンクを利用して複数のXOOPSシステムを最低限の容量で運用する。

 筆者は、1つのXOOPSに対して必ずデーターベースも別にしたクローン・ミラー・XOOPSも構築します。その方法を公開しましょう。

完了登録ユーザー情報は一元管理します。

 従来より1つのデーターベースに対して、複数のXOOPSをインストール可能で、同時運用も可能でしたね。
 そこで複数あるXOOPSに対して、どれか1つのXOOPSでユーザー登録すれば、他のXOOPSも利用できるように、ユーザー情報のみを一元管理しましょう。一元管理されたユーザー情報は、それを引用する全てのXOOPSを利用してどれでも編集可能です。個人情報を一元管理できるわけですね。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 

完了個人情報を閲覧できないように独自に仕様を変更します。

 個人情報保護を目的として、個人情報を安全に扱えるXOOPSに改良しましょう。管理者としては、個人情報に対するポリシーを免責公開できることは必須ですね。
 また、次のSSL通信に関わりますが、個人情報を他の閲覧者から盗めないようにしましょう。AffiliateなURLだけを埋め込むようなユーザー登録を拒絶させます。 ログインしない、ログイン出来ない接続者は個人情報の閲覧はできません。 ログインユーザーであっても、他人の個人情報も特定の内容しか参照できません。 ホームページの登録は、管理項目である発言数を超えないと登録できません。などなど
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その6 

完了SSL通信モードの確立

XOOPSの管理者メニューには、SSL通信の選択メニューがあります。 今回はこれを利用しましょう。
XOOPSの管理メニューのSSL通信メニューを選択すれば、個人情報が含まれるページの閲覧や編集作業には、SSL通信をサポートさせます。管理者の作業はログインからログアウトまで、全てをSSL通信化で行います。そして、ログインしていない訪問者に対しては、通常の「非SSL」通信でストレスを与えません。
XOOPSの管理者メニューのSSL通信メニューを選択しなければ、XOOPS利用の全てが「非SSL」通信になるように試行します。
※ 2007/07/19 JST 以降、セッションタイムアウト後には積極的に非SSL通信モードに切り替わります。 
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その9 

完了もちろんメール送信機能をサポートし、文字化けを起こさない。

※ メール送信機能の無いXOOPSでは、利便性が半減します。必ず日本語の文字化けの無いメール送信機能は必須ですね。

1.TITLEタグが日本語でも文字化けしない。
2.Subjectも文字化けしない。
3.もちろん本文も文字化けしない。
※ 全て文字化けしない。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その2 

完了多言語機能を利用してメールアドレスの多言語制御を実現させる。

 例えば、XOOPS管理メニューの管理者メールアドレスを多言語書式で複数のメールアドレスを登録する。そうすると、XOOPS利用者が例えば中国語を選択して投稿すると、イベント通知機能によるメール送信時に中国語のメールテンプレートを利用するだけでなく、中国語用の管理者メールアドレスに送信される。同じくXOOPS利用者が日本語を選択していると、日本語のテンプレートを利用して日本語用の管理者メールアドレスに送信される。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 

完了CRONTABを利用しての深夜バックアップと他サーバーへの転送リレー処理の自動化

 1つのサーバーで安全宣言できるでしょうか?! 1つだけのサーバー内でのバックアップでは、とても安全だとは公言できませんよね。 別々の2つ、または複数のサーバー間で、同じ環境のXOOPSを運用し、XOOPS1つをマスター、他のXOOPSをスレーブとして位置付けし、夜間深夜早朝のマスターDBバックアップとスレーブへの転送リレーを自動化します。 仮にどれか1つのシステムが障害に陥りましても、他の全てのXOOPSは正常に生き続けますよね。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その7 

MySQL本体内臓のレプリケーション機能を利用してDBのミラーリング

 将来的には「自宅サーバー」などをデーターベースのスレーブ化を行って、各XOOPSのデーターベースのミラーリングを行いますか。(未着手)
【参考文献】:2006/03/16 現場指向のレプリケーション詳説 著者:ひろせ まさあき (HIROSE, Masaaki) 氏

完了可能な限りの低容量化PHPソースに変換済みです。

※ 筆者は、1ミクロンの単位での命令で稼動するような、プラスチック金型業種〜プリント基板パターン設計製造などの工業工場向けCNC(コンピューターによる数値制御装置)にも深く関わってきた関係もあってか、コンピューターに効率を求めるには、1文字でも無駄なデーターを与えないことが重要だと考えてきました。 よって、筆者が配布する全ての「XOOPS用のPHPソースファイル」は、開発者が置き忘れた(大変失礼!ご容赦!!)文字列を削除しています。 XOOPSをインストールしたサーバーのリソースを無駄にしない方向へのアプローチです。興味のある方は秀丸マクロでスクリプトファイル容量を圧縮するかを参照願います。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その1  XREAで完璧XOOPS その3など 

完了フルセット・インストーラーを作成する

 ブロックのタイトルを含めた多言語仕様で、フル・ファイルセットなインストーラーを作成する。添付モジュールのタイトルも多言語仕様とする。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 

完了画像リンクには全てのモジュールで Lightbox を利用する

 管理画面のメニューで簡単に機能のON/OFFなどを行えるようにする。また、動的に、1つでも画像へのリンクがあるページである時にのみ、クライアントプロセスな「 Lightbox 」環境を自動的に構築する。初期値は「 Lightbox plus 」とするも、他の Lightbox系への乗換えを支援する。また、過去の投稿も、未来の投稿も、XOOPS標準書式で機能させる。投稿時に特別な意識をする必要は全く無い。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 

完了ユーザーグループ管理をもっと利用する

 管理画面のメニューによるユーザーグループの増殖を支援します。もっと簡単にユーザーグループの追加を行えるようにしましょう。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 

完了ユーザーのメールアドレス変更の為の認証プロセス

 管理画面のメニューによる「ユーザ自身のEmailアドレス変更を許可する」を選択すると、認証プロセス付きで自由にメールアドレスをいつでも自由に変更できるようにする。
 管理画面のメニューによる「新規登録ユーザアカウントの有効化の方法」の選択肢をまもるものとします。
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 

完了RSSなど、2種類のMETAタグ出力用のシステム管理領域新設

 テーマへのHTML出力用のパラメーターを新設しました。当方で配布中のテーマであれば、対応済みです。
※ 筆者の場合は、クライアントサイドで機能するアクセス解析を定義しています。 
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 

完了HeartBeatポップアップウィンドーを採用

 ログインメニューに「HB」チェックボックスを新設しました。チェックしてログイン認証にパスすると、HeartBeatポップアップウィンドーを起動します。これでセッションタイムアウトによるログアウトを抑止し、時間の束縛に囚われずに投稿できるようになります。投稿しようとしたら拒絶に遭うことも無くなります。
 最も重要な効能とは、XOOPSのセッション・タイムアウトを現状よりも大幅に短く設定可能となると言うことです。これでセッション・ハイジャック被害からXOOPSシステムを護る傾向へシフトできます。よね (^^);
 達成レポート: XREAで完璧XOOPS その10 




以上を条件として、新たな出発を行いますか。
以下にホスティングサービス毎に詳細をレポート致します。
各バージョン
設置年月日 Hosting名 
 解説リンク 
 MySQL  phpMyAdmin 
 クライアント 
 PHP  Apache  出費費用 
2007/04/04XREAの場合
s277.xrea.com他
4.0.27-standard2.8.2
5.1.11-beta
4.4.61.3.37790円(年)
comドメイン取得経費
2007/08/13CORESERVERの場合
s5.coreserver.jp
5.1.202.10.1
5.1.20-beta
5.2.31.3.376000円(年)
※ 表中の「出費費用」とは
銀行振込・クレジット支払などの支出があった場合の総支出金額です。
インターネットを利用するには一般に支出は必須であって、それらインターネットを利用するための支出は含んでおりません。



是非、ご訪問ください。
 特集リンク先: 複数サーバーで処理速度を向上 


×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

2007年10月12日(金) 13:03:02 Modified by mmj_aos




スマートフォン版で見る