パラメトリックJSアルバム
  • カラー画像
更新ページ
カテゴリー
パラメトリックaffiliateエリア
実際には、当ページのヘッダー部分に表示させています。
Lightbox JS v2.0
実装手順はここをクリックしてください。また、prototype.js関数を利用しています。
パラメトリックFLASH
を新設しました。戻って、押してみてください。
×をクリックすれば停止できます。


ZenCartオンラインショップで多店舗実現済み



現実社会の購入者の期待に応えたい!
だから実現した
「ZenCart オンラインショップ 多店舗実現済み」はこちら!

ZenCartをCMSで完全にコントロールすることによって、


1.顧客情報データーベースはCMSで一元管理する


 ZenCartではメールアドレスでログインするが、CMS側でメールアドレスの実在性を本格的に検査するので、ZenCart管理者側としても、メール不達に悩まされることは無い。もちろん経年とともに、顧客側の環境が変化して、メール不達もあるだろう。CMS側では24時間365日、メールアドレスの変更を独自認証によって実現しているので、ZenCart側の顧客用のメールアドレスの更新も確実に行える。概して、メールが到着しないメールアドレスでZenCart顧客データーを運用するような不備は起きない。

2.オンラインショップのZenCartは多店舗実現済み!


 オンラインショップ店舗が複数運営可能。現実社会と同じ。つまり、店舗オーナーはそれぞれ別登録可能。顧客情報は、訪問した顧客自身が店舗に登録しない限り、顧客情報が店舗側には伝わらない。 顧客側からして安心して利用できてこそのオンラインショップの多店舗管理なので、よりいっそうの口コミを伴って、顧客は安心してより自由な購買意欲を伴って安心して多店舗オンラインショップを訪問できる。

 顧客側からすれば、未だに購入していないけれども、例えばZenCart機能の1つ「店舗からのメールマガジンは購読したい」場合、住所なし、本名なしで、顧客登録も可能。 顧客は実際に購入する段階で、実際の顧客情報を登録できるから、親近感を持ち易いオンラインショップの多店舗化といえる。

 カートも現実社会よりも便利な機能を実装している。 ゲストのまま、複数のオンラインショップに渡り歩いて、それぞれの店舗で自由に商品をカートに入れることが可能。「購入しないけど、預かってて!」って感覚で、どんどん他の店舗に出掛けることが出来る。そして最終的に、店舗を自由に切り替えては比較し、吟味して、最終的に決めた店舗でお買い物の決済を行える! 現実社会では「御取り置きは出来かねます!」と断られるけど、「万引き!」って疑われることも無く、「あっちの店でうろうろ、こっちの店でも検討し、最終的にはそっちのお店で決めちゃった!」と、現実世界のショッピングの楽しさを提供している多店舗化システムを提供している。

「一元ゲストさん」と「お得意様」を全自動で提供しているのが、Utype ZenCart の多店舗機能だ。 もちろんログインしていない場合は、どれだけ有名人でも、どの店舗を覗いても「一元ゲストさん」扱いである。これはセキュリティー上有効なので仕方が無い。
しかしながら、どこかの店舗でユーザーログインしておけば、アカウントの登録が既に済んでいる店舗に移動すると、自動的に「お得意様」モードとして、ログインユーザーのまま処理が進む。これが、Utype ZenCart の特徴でもある。 ご心配無用!アカウントの登録が済んでいない店舗に入れば自動的に「一元ゲスト」扱いに切り替わる。そして、アカウント登録済みの店舗に移動すれば、自動的に「お得意様」に戻るのは言うまでも無い。

そんな期待の新星「Utype 多店舗展開標準装備」のZenCartシステムを提供しているのが、Utype XOOPS 多言語+マルチメディアXOOPSを提供しているサイトだ。一度、覗いてみることをお薦めしておく。既に、オンラインショップを持っているオーナーも、これからオンラインショップを開設する個人も必見なサイトである。

3.PDF正式見積書発行機能を搭載している!


 忘れてならないのは、カートに商品を入れた段階で、好きな時に、PDF見積書を発行してくれることだ。「指定伝票」にも対応してくれるので、高額な商品でも購入稟議申請用の公文書としてPDF見積書の発行機能は期待される!

4.多言語CMSと完全連動しているから海外への販売にも!


 多言語+マルチメディアCMSと完全連動しているので、外国語による販売も、そしてCMSのあらゆるモジュールも多言語化しているので、ZenCartの機能を大幅に越えた機能を、多言語で利用可能なことも特筆するべき機能だ。 例えば「ZenCartで購入したユーザー様用のサポートなら、CMS側の多言語フォーラムで行える」などなど、国内だけでなく、広く海外への販売だけでなく、アフターフォローまでもCMSで行うことが出来るのも特筆しておきたい。CMS側の多言語ブログをZenCartの全ての店舗のオーナーに開放も出来るので、そんなCMS側の資源を有効利用して、自分の店舗への誘導も可能だ!CMSが提供しているあらゆるモジュールで多言語+マルチメディアを提供しながら、多店舗ZenCartと共存していることのメリットは、訪問者をあきさせないばかりか、SEO対策上も非常に効果がある。




 こんな高機能で、購入者側の満足度を重視し、日本国内だけに留まらない多言語への拡張性を提供する Utype ZenCart with Utype CMS/XOOPS の情報を手に入れよう!!

&ref(http://img.simpleapi.net/small/http://www.fs4y.com/,128,128)
  1. 多言語+マルチメディア実装メインサイト
  2. 多言語+マルチメディアCMSなど無料配布多店舗ショップ1号店
  3. PDF見積書発行機能搭載多店舗ショップ2号店
  4. 導入検討者用サイト
  5. 検索してみましょう
    1. ZenCart 多店舗で検索する
    2. tcpdf 日本語 プラットホーム
2008年09月09日(火) 22:57:56 Modified by mmj_aos




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。