調べ物で困ったら参照する、インターネット上のレファレンスツールに。。。したい。

実施にあたって


目標:富士山の上でアイロニング!
バイブルはコレ Extreme Ironing

検討事項

電源
 ガソリンを使う発電機は重すぎ&騒音が気になる。
 風力発電、ソーラー発電あたりが周りに迷惑をかけなくてよいか?
 風力発電機高すぎ。10万はちょっと、、、
 ソーラー発電は出力が心配。(通常のアイロンの出力は1000W)
 使えて3、4日充電して1分くらい?
電源を使わないアイロンにすればこの部分は解決。

今のところの候補

小型風力発電入門セット
http://www.sizennokaze.com/earojyenset.html

ポータブル電源 SG-1000
http://www.f-plan.co.jp/solar/detail/sg1000.html

10万は見ておかないといけないのか。。。なのか orz


 
アイロン台
 かついであがるのでなるべくコンパクトに
 立ちスタイルが正式らしいのでなるべく立ってかけられる台を。
 当然のごとく一般のアイロン台は重い!!!

 → 無印良品のアイロン台イイ!
   今まで見てきたアイロン台の中では一番軽いかも。
   あと折りたたむと足がアイロン台の中に隠れるので
   収納性もOK。屋外に持ち出すならこれかなぁ?
   アイロン台の部分が取り替え可能ならなおGoodなんだけどな。
   (アイロン台部分が軽い分?かなりチャチい)

アイロン
 とりあえずフツーのでよいのでは?
 ただし「電源」にもあるようにあまりに電源取得が難しければ
 昔ながらの「火熨斗」をつかうか?
 原料の炭はどうする?

 もしくは水を注ぐと発熱、なんかの素材はないか?

 Extreme Ironing
によると"水を入れて暖かくなる(特許をとった素材)で屋外のアイロンが楽になった"との記述あり。

 やっぱりー。写真にも火熨斗のようなものを使っている絵もあった。

大和パーツホームページ-パライト・ヒートパック
 「水を注ぐと100℃になる」 こ れ だ 。

アイロンするもの
シャツが正式(というかこれをアイロンする人が多いとか)
らしいので、シャツは必須。これはさほど重くないので無問題。
アイロンし終わった後に着て下山するというのも乙か。

#どーせやるなら手ぬぐい折り紙(←ひつこい)も。
アイロンのりは、無印か100均のスプレーボトルに
詰め替えたらよさそう。


体力づくり
 意外に重要かも。とりあえず登山できるくらいに。
 
 あと3000m以上の山は槍ヶ岳(標高3180m)と立山(標高3015m)
 しか上ったこと無いぞ。(2000mならちらほら)
 ン十年前の話だけど3000m以上は少し呼吸が苦しかったような。
 これより高いところだからちょっと心配。
 まぁ携帯用酸素はいらないと思い、、、(一応1本くらい持ってくか?)

登山グッズ
 登山用靴はあるので心配なし。
 リュックも山小屋に泊まる程度ならなんとかなりそう。
 アイロン台には水にぬれないカバーが必要か。
 アイロン台もろもろ担ぐバッグは?スノボ用のケースをつかうか?

 こんなとこ?ただしこれはボード(アイロン台)がむき出し。

スノーボードアタッチメント(モンベル)
http://www.e-na.co.jp/sports-mix/product/index.asp...


その他
 実況中継(ぉぃ)するなら携帯は必須。ノートPCは必要に応じて?
 (初チャレンジなので荷物はなるべく減らしたい)
 とりあえず富士山山頂付近でも電波は入るらしい。

携帯電話通話状況
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-keitai...


 スケボービデオみたいの作れたら面白いかも。CKYちっくなノリで。
 とりあえず音楽は↓がカッコいいかも!

  FuzinhoSanchezさんのDigitalBreaker
  http://www.yonosuke.net/dtm/5/12084.mp3
 
  panteraさんのロック(ショートバージョン)
  http://yu-net.info/flash_dtm/src/up046.mp3

管理人のみ編集できます