カテゴリー
最近更新したページ
最新コメント
サイト内検索
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
読者数:0名
このウィキの読者になる

若者2人の乗る車が峠の道を走っていた

若者2人の乗る車が峠の道を走っていた。
道は急カーブの連続で、少し気を抜けば事故を起こしてしまいそうだ。
すると突然、車の前に血まみれの女性の顔が運転席と助手席の間に浮かび上がり、
そして消え入るような声で、「あぶないよ・・・・・・」と言った。
驚いた運転席の若者は急ブレーキをかける。
車は大きくスリップして停止した。

彼らはライトをつけて恐る恐る社内を調べたが・・・そこに今の女の姿はない。
さらに驚いたことに、車はちょうど崖に乗り出すような格好で止まっていた。
あと少しブレーキを踏むのが遅ければ車は崖から転落していただろう・・・・・・・・・

今の女はここで死んだ女性の霊で、自分たちのことを助けてくれたんだ・・・
そう考えた彼らは崖の方に向かい、「助けてくれてありがとうございます」と
手を合わせて女性の成仏を祈った。


祈りを終えた2人がその後もしばらく走り続けて10分ほど経った頃、
運転席と助手席の間に先ほどの女幽霊の顔が再びゆっくりと現れた。
二人は始め驚いたが、先ほどのことを思い出し
「さっきは有難うございました」などと感謝の言葉を述べた。
その直後、女幽霊の低いつぶやく声が聞こえた


「死ねばよかったのに・・・・・・・・・」



若者2人の乗る車が峠の道を走っていた。
道は急カーブの連続で、少し気を抜けば事故を起こしてしまいそうだ。
すると突然、車の前に血まみれの女性の顔が運転席と助手席の間に浮かび上がり、
そして消え入るような声で、「あぶないよ・・・・・・」と言った。
驚いた運転席の若者は急ブレーキをかける。
車は大きくスリップして停止した。

彼らはライトをつけて恐る恐る社内を調べたが・・・そこに今の女の姿はない。
さらに驚いたことに、車はちょうど崖に乗り出すような格好で止まっていた。
あと少しブレーキを踏むのが遅ければ車は崖から転落していただろう・・・・・・・・・

今の女はここで死んだ女性の霊で、自分たちのことを助けてくれたんだ・・・
そう考えた彼らは崖の方に向かい、「助けてくれてありがとうございます」と
手を合わせて女性の成仏を祈ったら父親からボコられた。

一方ロシアは鉛筆を使った。
2006年05月18日(木) 03:21:43 Modified by moe_channel1




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。