C/C++プログラマの管理者が, Androidプログラムにチャレンジ. AndroidプログラミングのTipsをメモっていく予定です.

特定のキー(例えば BACKキー)を無効にするには, 無効にしたいキーのイベントが発生したときに, dispatchKeyEventメソッドにおいてtrueを返す.

特定のキーの無効化

dispatchKeyEventメソッドはキーを押したとき, 押し続けたとき, あるいはキーを押すのをやめたときににコールされる.
以下, BACK(戻る)キーを無効にする場合を例に説明する.
    • dispatchメソッドをオーバーライドする.
    • KeyEvent#getActionメソッドで, キーアクション(DOWN/UP/MULTIPLE)を取得し, DOWNの処理の場合キーコードを調べる.
    • KeyEvent#getKeyCodeメソッドで, 押されたキーのキーコードを取得し, キーコードがBACK(戻る)キーの場合trueを返す.
注1) BACKキーは, 他のキーと異なり, キーUP時にdispatchKeyEventメソッドがコールされない.
注2) HOMEキーは, キーを押してもdispatchKeyEventメソッドがコールされないので, 無効化できない.
package com.moonlight_aska.android.keyevent02;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.KeyEvent;

public class KeyEvent02 extends Activity {
  /** Called when the activity is first created. */
  Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.main);
  }

  @Override
  public boolean dispatchKeyEvent(KeyEvent event) {
    // TODO Auto-generated method stub
    if(event.getAction() == KeyEvent.ACTION_DOWN) {
      if(event.getKeyCode() == KeyEvent.KEYCODE_BACK) {  // BACKキー
        return true;
      }
    }
    return super.dispatchKeyEvent(event);
  }
}



コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


逆引き(基礎編)

画面表示/操作(49)

フラグメント(1)

逆引き(応用編)

AD



管理人のみ編集できます