C/C++プログラマの管理者が, Androidプログラムにチャレンジ. AndroidプログラミングのTipsをメモっていく予定です.

アクティビティマネージャ(ActivityManager)クラスを利用することで, システムのメモリ情報を取得することができる.

メモリ情報の取得

  • MemoryInfo01.java
    • getSystemServiceメソッドで, ActivityManagerのインスタンスを取得する.
    • ActivityManager.MemoryInfoクラスのインスタンスを生成する.
    • AcrivityManager#getMemoryInfoメソッドで, メモリ情報を取得する.
注) availMem < thresholdとなった時, Activity#onLowMemoryメソッドがコールされる.
package com.moonlight_aska.android.memoryinfo01;

import android.app.Activity;
import android.app.ActivityManager;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;

public class MemoryInfo01 extends Activity {
  /** Called when the activity is first created. */
  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.main);

    // メモリ情報を取得
    ActivityManager activityManager = (ActivityManager)getSystemService(ACTIVITY_SERVICE);
    ActivityManager.MemoryInfo memoryInfo = new ActivityManager.MemoryInfo();
    activityManager.getMemoryInfo(memoryInfo);

    // システムの利用可能な空きメモリ
    Log.v("MemoryInfo", "memoryInfo.availMem[MB] = " + (int)(memoryInfo.availMem/1024/1024));
    // 低メモリ(LowMemory)状態の閾値
    Log.v("MemoryInfo", "memoryInfo.threshold[MB] = " + (int)(memoryInfo.threshold/1024/1024));
    // 低メモリ状態を示すフラグ(trueでメモリ不足状態)
    Log.v("MemoryInfo", "memoryInfo.lowMemory = " + memoryInfo.lowMemory);
  }
}




コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


逆引き(基礎編)

画面表示/操作(49)

フラグメント(1)

逆引き(応用編)

AD



管理人のみ編集できます