C/C++プログラマの管理者が, Androidプログラムにチャレンジ. AndroidプログラミングのTipsをメモっていく予定です.

ウィジェットは, 自身の中にパディング(Padding)と呼ばれる一定の間隔を設定できる.
パディングは, 設定対象の内側に設定される間隔である.



XMLファイルにより設定

  • res/layout/main.xml
    • リニアレイアウト(LinearLayout)のTop及びLeftにパディングを設定する.
    • テキストビュー(TextView)のTop/Buttom/Left/Rightにパディングを設定する.
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
  android:orientation="vertical"
  android:layout_width="fill_parent"
  android:layout_height="fill_parent"
  android:paddingTop="50.0px"
  android:paddingLeft="100.0px"
  >
  <TextView android:id="@+id/text01_id"
    android:layout_width="wrap_content"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:background="#FFFF00"
    android:textColor="#000000"
    android:text="パディングあり"
    android:padding="20.0px"
    />
  <TextView android:id="@+id/text02_id"
    android:layout_width="wrap_content"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:background="#00FFFF"
    android:textColor="#000000"
    android:text="パディングなし"
    />
</LinearLayout>

注) エディットテキスト(EditText)やボタン(Button)など一部のウィジェットは, デフォルトのパディングが設定されている.
そのため, パディングを設定すると予想と異なる見た目となるので, パディングを設定する際は注意が必要である.



コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


逆引き(基礎編)

画面表示/操作(49)

フラグメント(1)

逆引き(応用編)

AD



管理人のみ編集できます