C/C++プログラマの管理者が, Androidプログラムにチャレンジ. AndroidプログラミングのTipsをメモっていく予定です.

インテント(Intent)を利用することで, メール作成画面を呼び出して表示することができる.



メールの呼出

  • IntentMail01.java
    • インテントのインスタンスを生成する.
    • Intent#setActionメソッドを使って, アクションにACTION_SENDTOを設定する.
    • Intent#setDataメソッドを使って, 宛先のメールアドレスを設定する. (必須)
    注) 複数人に同時に送信する場合, "mailto:xxx@gmail.com, yyy@yahoo.co.jp"といった風に記述する.
    • Intent#putExtraメソッドを使って, メールの各項目のデータを設定する. (オプション)
      • EXTRA_CC : CCするメールアドレス
      • EXTRA_BCC : BCCするメールアドレス
      • EXTRA_SUBJECT : 件名
      • EXTRA_TEXT : 本文
       :
    注1) CC, BCCについては, Yahoo!メールヘルプ参照.
    注2) EXTRA_STREAMを使ったファイル添付はできない. ファイル添付する場合はメールに画像を添付するを参照.
    • startActivityメソッドを使って, メールを起動する.
package com.moonlight_aska.android.intentmail01;

import android.app.Activity;
import android.content.Intent;
import android.net.Uri;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.Button;

public class IntentMail01 extends Activity {
  /** Called when the activity is first created. */
  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.main);

    Button btn = (Button)findViewById(R.id.btn);
    btn.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
      @Override
      public void onClick(View arg0) {
        // TODO Auto-generated method stub
        // インテントのインスタンス生成
        Intent intent = new Intent();
        // インテントにアクション及び送信情報をセット
        intent.setAction(Intent.ACTION_SENDTO);
        intent.setData(Uri.parse("mailto:xxx@gmail.com"));
        intent.putExtra(Intent.EXTRA_SUBJECT, "TEST");
        intent.putExtra(Intent.EXTRA_TEXT, "これはテストメールです.");
        // メール起動
        startActivity(intent);
      }
    });
  }
}



コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


逆引き(基礎編)

画面表示/操作(49)

フラグメント(1)

逆引き(Android Things)

周辺I/Oポート(2)

逆引き(応用編)

AD



管理人のみ編集できます