C/C++プログラマの管理者が, Androidプログラムにチャレンジ. AndroidプログラミングのTipsをメモっていく予定です.

磁気センサーは, 電磁波の強さを測定するセンサーである.
Androidの磁気センサーでは, 以下のようにx, y, z軸の磁気強度[uT]を取得できる.



磁気センサー値の取得

  • Sensor04.java
    • センサーイベントを取得するために, SensorEventListenerインタフェースを実装する.
    • onCreateメソッド
      • getSystemServiceメソッドで, SENSOR_SERVICEを指定してSensorManagerのインスタンスを取得する.
    • onStopメソッド
      • SensorManager#unregisterListenerメソッドでリスナーの登録を解除する.
    • onResumeメソッド
      • SensorManager#getSensorListメソッドで, TYPE_MAGNETIC_FIELDを指定してセンサーのインスタンスの一覧を取得する.
      • Sensor#getメソッドで, センサーのインスタンスを取得し, SensorManager#registerListenerメソッドでリスナーを登録する.
    • SensorEventListener#onSensorChangedメソッド
      • 磁気センサーの場合にSensorEvent.values[]の値を読み出す.
package com.moonlight_aska.android.sensor04;

import java.util.List;
import android.app.Activity;
import android.hardware.Sensor;
import android.hardware.SensorEvent;
import android.hardware.SensorEventListener;
import android.hardware.SensorManager;
import android.os.Bundle;
import android.widget.TextView;

public class Sensor04 extends Activity implements SensorEventListener {
  private SensorManager manager;
  private TextView values;
  /** Called when the activity is first created. */
  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.main);

    values = (TextView)findViewById(R.id.value_id);
    manager = (SensorManager)getSystemService(SENSOR_SERVICE);
  }

  @Override
  protected void onStop() {
    // TODO Auto-generated method stub
    super.onStop();
    // Listenerの登録解除
    manager.unregisterListener(this);
  }

  @Override
  protected void onResume() {
    // TODO Auto-generated method stub
    super.onResume();
    // Listenerの登録
    List<Sensor> sensors = manager.getSensorList(Sensor.TYPE_MAGNETIC_FIELD);
    if(sensors.size() > 0) {
      Sensor s = sensors.get(0);
      manager.registerListener(this, s, SensorManager.SENSOR_DELAY_UI);
    }
  }

  @Override
  public void onAccuracyChanged(Sensor sensor, int accuracy) {
    // TODO Auto-generated method stub
  }

  @Override
  public void onSensorChanged(SensorEvent event) {
    // TODO Auto-generated method stub
    String str = "";
    if(event.sensor.getType() == Sensor.TYPE_MAGNETIC_FIELD) {
      str = "X軸:" + event.values[0]
          + "\nY軸:" + event.values[1]
          + "\nZ軸:" + event.values[2];
      values.setText(str);
    }
  }
}
  • 動作例
端末:SHARP SH-03C / Android 2.2





このページへのコメント

askaです.

磁気センサは, 磁場(磁界)の大きさや方向を計測するセンサで, 大きく2種類に分けられます.
1) 磁場と電流の相互作用で電流にローレンツ力が加わり
起電力が発生する素子(ホール素子)のホール効果を利用した「ホール素子センサ」
2) 磁界の強さに応じて電気抵抗値が変化する磁気抵抗素子(MR素子)を用いて
ホイートストン・ブリッジを構成する「MRセンサ」

Androidの磁気センサは, 地磁気(地球が持つ磁気)を計測し方位を測定する
ことができますが, Androidに金属や磁石を近づけるとその影響によりセンサ値が
変化します.
ラップタイムが測定できるアプリは, そのセンサ値の変化を利用している
のではないかと思いますが....

Posted by aska 2015年03月30日(月) 23:05:43

気になることがあります。

磁気センサーは磁気感知センサーと同じものなのか同課は未確認。
サーキット(レース)などに設備しているコントロールラインと呼ばれるところ(その下、中には磁気を埋め込まれていることは分かっている)を通過すると、ラップタイムが振出しに戻ってカウント出来ていたので、不思議に思いました。
不思議に思ったのはAndroid&アプリでラップタイムが出来たからです。
GPSなのか磁気センサーなのか不明です。

以上の事知りたく思い、コメントしました。

Posted by Java(じゃじゃ馬の略?w) 2015年03月29日(日) 19:30:12

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


逆引き(基礎編)

画面表示/操作(49)

フラグメント(1)

逆引き(応用編)

AD



管理人のみ編集できます