C/C++プログラマの管理者が, Androidプログラムにチャレンジ. AndroidプログラミングのTipsをメモっていく予定です.

Android Things

UARTでデータを書くには, UartDeviceクラスを利用する.

データライト

  • UartActivity.java
    • PeripheralManagerServiceクラスのインスタンスを生成する.
    • PeripheralManagerService#openUartDeviceメソッドで, ポートを指定してUartDeviceクラスのオブジェクトを取得する.
    • UartDevice#setBaudrateメソッドで, ポーレートを設定する.
    • UartDevice#setDataSizeメソッドで, データサイズを設定する.
    • UartDevice#setParityメソッドで, パリティの有無を設定する.
    • UartDevice#setStopBitsメソッドで, ストップビットを設定する.
    • UartDevice#setHardwareFlowControlメソッドで,ハードウェアフロー制御の有無を設定する.
    • UartDevice#writeメソッドで, データを送信する.
    • UartDevice#closeメソッドで, デバイスを解放する.
package com.moonlight_aska.androidthings.uart;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import com.google.android.things.pio.PeripheralManagerService;
import com.google.android.things.pio.UartDevice;
import java.io.IOException;

public class UartActivity extends Activity {
  private final static String TAG = "UartActivity";
  private final static String UART_NAME = "UART0";
  private UartDevice mUart;

  @Override
  protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);

    PeripheralManagerService manager = new PeripheralManagerService();
    try {
      // UARTデバイスオープン
      mUart = manager.openUartDevice(UART_NAME);
      // UARTのパラメータ設定
      setUartParam();
      // データ送信
      byte[] data = {'S', 'e', 'n', 'd', ' ', 't', 'e', 's','t', '.'};
      int bytes = mUart.write(data, data.length);
      Log.d(TAG, "Wrote " + bytes + " bytes");
    } catch (IOException e) {
      Log.e(TAG, "Error on PeripheralIO API", e);
    }
  }

  // UARTのパラメータ設定
  private void setUartParam() throws IOException {
    // ボーレート
    mUart.setBaudrate(115200);
    // データサイズ
    mUart.setDataSize(8);
    // パリティ
    mUart.setParity(UartDevice.PARITY_NONE);
    // ストップビット
    mUart.setStopBits(1);
    // フロー制御
    mUart.setHardwareFlowControl(UartDevice.HW_FLOW_CONTROL_NONE);
  }

  @Override
  protected void onDestroy() {
    super.onDestroy();

    if (mUart != null) {
      try {
        // UARTデバイスクローズ
        mUart.close();
      } catch (IOException e) {
        Log.e(TAG, "Error on PeripheralIO API", e);
      } finally {
        mUart = null;
      }
    }
  }
}
  • 動作例
ボード:Raspberry Pi 3
PC側画面結果




コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


逆引き(基礎編)

画面表示/操作(49)

フラグメント(1)

逆引き(応用編)

AD



管理人/副管理人のみ編集できます