フリーエリア
メニューバーA

予防歯科ガイドライン


ゆーちゃん歯科が、予防歯科を動画で説明


○歯ブラシで、何をとるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JkEg1CnGMck

○なぜ、虫歯になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=hDroKmncErM

○なぜ、歯周病になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JRVOdOmRzVU

○歯石は、取らないの。
http://www.youtube.com/watch?v=3Kjr6GvZUWs

○歯ブラシの、動かし方は。
http://www.youtube.com/watch?v=E2s4wvubSDs

○歯間ブラシの重要性。
http://www.youtube.com/watch?v=TYMDC99C1sg

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<詰めた>。

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<根の治療をした>。

EBMセミナー

EBMを理解しよう


○EBMの理解のために
患者になると理解できるよ(5分で理解できるEBM)
 http://www.youtube.com/watch?v=f5vEvcNbhzY

○EBM どんな論文を調べるのか
患者さんと私の冒険の紙芝居
http://www.youtube.com/watch?v=tN1SNdtjCOA

○EBM システィマテックレビューとは
http://www.youtube.com/watch?v=3gd3-V03Pu8


論文を使って批判的吟味の一部


○testEBM検索
http://www.youtube.com/watch?v=8GCa1inwMm8

○testEBM RCTの論文の流れ
http://www.youtube.com/watch?v=c_JzL0lHhV8

○testEBM RCTのPECO
http://www.youtube.com/watch?v=8bsUl5ms520

○testEBM RCTの助成金をチェック
http://www.youtube.com/watch?v=jv6WEpvJReA

○testEBM RCTの批判的吟味どこから
http://www.youtube.com/watch?v=QFzpgqdtOes

○testEBM RCTのサンプルサイズ
http://www.youtube.com/watch?v=XPpWKsqEmmU

○testEBM RCTの脱落ITT
http://www.youtube.com/watch?v=XBg85akKqIc

○testEBM RCTのマスキング
http://www.youtube.com/watch?v=-aklFTwy_fg

○testEBM RCTのベースラインの差
http://www.youtube.com/watch?v=xygp9e_n1P4

○testEBM RCTの結果の大きさ
http://www.youtube.com/watch?v=g1mDAAjLweI

手元にある論文を読んでみよう


○抜歯後の穴に薬剤を入れてドライソケットの予防になる?TCコーンは、エビデンスないと思っていたけど、調べる必要があるのかな〜。
http://zoome.jp/ebm/diary/1
http://zoome.jp/ebm/diary/2




論文を探して読んでみよう

最新コメント
カテゴリー
フリーエリア

フッ素(歯磨剤以外)

フッ素 と書いていますが、基本的に、フッ化物のことです(^^;。


  • 家庭での、フッ素洗口は、継続が困難なのか、論文がほとんどなく、いずれも小学校で実施がほとんどです。と言うことは、家庭での、フッ素洗口VS「SIGN:小児は1日2回、1000ppmのフッ化物が配合された歯磨剤で歯をみがくべきである。歯磨剤は吐き出すべきで、うがいすべきではない。 」の直接的なRCTの論文は、ないようですね。すると、チェックアップうがい少ない方法とミラノールで洗口のどちらで指導すれば良いのでしょうか?
    • ちなみに、うがいをしたい方は、ミラノールを使っています。そして、うがいをしなくても気にならない人は、それでと指導しています。カリエスリスクの高い(すでに冠が多い)成人と子どもには、組み合わせて使ってもらっています。併用療法だからといって、効果が倍増するわけではないのですがね・・・(コクランより?)(Fureらによると少し効果あり)(Dental Caries: The Disease and Its Clinical Management:によるとハイリスクの場合は併用を推奨)。併用すると効果が減少する治療もあるけど、まあこれは、少なくとも減少しないので、確実性を増すという感じかな。自分自身は、カリエスリスクは低いはずなので、うがい少ない方法のみで、行っています。

総論的に

フッ素含有水道水

  • BestPracticeより、フッ素入り水道水は、成人の根面カリエスにも予防効果あり(以下の否定の文章より、服用は、どうかな〜)。
Stamm JW, Banting DW, Imrey PB. Adult root caries survey of two similar communities with contrasting natural water fluoride levels. J Am Dent Assoc 1990; 120: 143-9. Burt BA, Ismail AI, Ekelund SA. Root caries in an optimally fluoridated and a high-fluoride community. J Dent Res 1986;65: 1154-8.

歯科医院でのフッ素塗布


総論

  • 種類による明確な差がない。低リスクなら、歯科医院でのフッ素塗布の必要はない。
    • Dental Caries: The Disease and Its Clinical Managementのp215より知ったが、従来型総論だよ。でも。リスクにあわせて書かれており重要論文。
    • There is no distinct difference among caries-preventive effects of concentrated fluoride solutions, gels, or varnishes.
    • In individuals with low caries activity, professional application of topical fluorides is not necessary.
    • Individuals with high caries activity have many approximal fillings and new lesions in enamel and dentin that progress rapidly. Topical applications should be performed twice a year.
Ogard B, Seppa L, Rolla G. Professional topical fluoride applications--clinical efficacy and mechanism of action.Adv Dent Res. 1994 Jul;8(2):190-201. Review. Freeだよ、click

フッ素ゲル:


  • Dental Caries: The Disease and Its Clinical Management:p308では、ゲルの効果は少ないとある。その根拠論文は、以下のもの。そして、Duraphatが効果があるとしている。
van Rijkom HM, Truin GJ, van 't Hof MA. A meta-analysis of clinical studies on the caries-inhibiting effect of fluoride gel treatment.Caries Res. 1998;32(2):83-92. click

フッ素含有ガムが日本でも発売

明治のプレスリリース
http://www.meiji.co.jp/corp/news/2006/0510.html
 コクランのアブストでは、見当たらず。PubMedで、検索式(急いで、とりあえずのサーチなので、漏れがあるかもしれません)、(fluoride chewing gum) OR (fluoride-containing chewing gum) OR (fluoridated chewing gum)なら97論文(2006.9.19)。LimitでRCTなら、19論文ですが、めぼしいのはなさそう(タイトルより)。Meta-Analysisは0論文。CQのページで、Find Systematic Reviewsでも、2論文ですが、どうも、直接フッ素含有チューインガムの論文ではなさそうです。よって、Freeで気軽に読める、以下の論文を、まず、読むのかな〜と思いました。でも、直接予防効果をみたRCTでは、ありません。うーん、根拠が、もう少し欲しいところです。どうも、フッ素含有ガムで予防効果があると明確に示している臨床研究もないようです(僕の知識不足かもしれませんが)。下の論文の参考文献も唾液の濃度の代用のアウトカムばかりですね。
 フッ素の唾液での濃度は、あくまでも代用のアウトカムにしか過ぎないので、これのみでは、これまでのうがいとか、塗布に置き換わって、ガムを採用にはなりませんよね。もちろん、併用効果でさらに予防効果があがるという論文もないので、使わないより使う方がちょっとは良いだろうという想像で使うのも、費用効果的に問題ですよね。フッ素も、お茶由来と、他の材料由来で、効果に差があるのか、というところまでは、僕は、まったく知りません。
Freeです:Bijella MF, Brighenti FL, Bijella MF, Buzalaf MA. Fluoride kinetics in saliva after the use of a fluoride-containing chewing gum. Pesqui Odontol Bras. 2005 Dec;19(4):256-260. Epub 2006 Feb 14. click


フッ素 肯定

  • 歯科臨床におけるフッ化物応用:僕は、よく書かれていると思うのですが・・・。そこまで詳しくないので自信なし。
http://www.fihs.org/hoken3.html
  • York大(英国)水道水フッ素化の効果と安全性についてSystematic Review。
http://www.york.ac.uk/inst/crd/fluorid.htm
  • 田浦勝彦  東北大学歯学部予防歯科 コンパクトにまとまってある。
http://www18.ocn.ne.jp/~yamasita/nitif25.htm
  • ちょっと変わった歯のお部屋:視点が良い。
http://www.geocities.jp/go_fluoridation/

フッ素 否定

  • このような否定もあることは、肝に銘じておきましょう(服用でなく、塗布や洗口として僕は使用しています)。
  • The Fluoride Debate 海外には、このようなサイトまでありますね。http://www.fluoridedebate.com/index.html
  • WHO(世界保健機関)テクニカル・レポート・シリーズ 846「フッ化物と口腔保健」の日本語翻訳版の誤訳問題  詳しく書かれていて、本を読んだ気になる。
http://www.geocities.jp/m_kato_clinic/flu-who-repo...
  • 虫歯予防を目的とした水道水へのフッ素添加の有効性と危険性に関する文献的調査研究報告書  医薬ビジランス研究所
http://npojip.org/fusso/fusso.html
  • フッ素毒警告ネットワーク:ここもよく書かれています。海外の論文の翻訳が多いので、助かります。
http://members.jcom.home.ne.jp/tomura/index.htm

各論的だがまとめ


  • 日本の現状
    • 家庭で
方法商品名NaFフッ素
週1回法 0.2% 
毎日法 0.05%226ppm
毎日法ミラノール黄色0.055%250ppm
毎日法ミラノールピンク0.099%450ppm
毎日法オラブリス 250ppm〜450ppm
毎日法バトラーF洗口液0.1%0.05〜0.1%
    • 歯科医院で
フッ素バーニッシュ(コルゲート)Duraphat(デュラファット) $33.00フッ素5%配合:輸入なので、実質不可かhttp://www.shika-mall.com/shop/item.cgi?a=d&n=10&s...
フッ素ゲル(日本だけ?)フルオール・ゼりー、ビーブランド社9000ppmFhttp://www.f-take.com/bee-f-jelly.htm http://www.bee.co.jp/contents/products/04_preventi...
フッ素液フローデンA(酸性フッ素リン酸溶液)9000ppm http://www.e-pharma.jp/dirbook/contents/data/prt/2...
計算方法リンクは承諾がいるので、リンクしません「フッ化物配合歯磨剤のフッ素量計算法」を検索してください。
 
  • SR(コクラン):16歳以下の小児が、フッ素の洗口をすると、洗口やシーラントやガムなど予防処置をしない子どもと比較して、26%ぐらい、う蝕予防効果があった。たまたま選んだ論文は、すべて学校での洗口であった(家庭での洗口の論文がほとんどないため)。
Marinho VC, Higgins JP, Logan S, Sheiham A. Fluoride mouthrinses for preventing dental caries in children and adolescents. Cochrane Database Syst Rev. 2003;(3):CD002284. Review. click

  • SR(コクラン):16歳以下の小児が、フッ素含有歯磨剤を用いると、洗口やシーラントやガムなど予防処置をせずにフッ素が入ってない歯磨き剤を使っているのと比較して、24%ぐらい、う蝕予防効果があった。選ばれたほとんどの論文が、1970年代であったが、論文数は70もある。
Marinho VC, Higgins JP, Sheiham A, Logan S. Fluoride toothpastes for preventing dental caries in children and adolescents. Cochrane Database Syst Rev. 2003;(1):CD002278. Review. click



  • BestPracticeより、60歳以上の成人に毎日のfluoridated mouthrinseが有効という論文click この論文で使用したのは、ACT潤・Fluoride Rinseであり、この会社のHPには、フッ素の成人への利用が詳しく参考文献付きで書かれている。
Wallace MC, Retief DH, Bradley EL. The 48-month increment of root caries in an urban population of older adults participating in a preventive dental program. J Public Health Dent. 1993 Summer;53(3):133-7.

  • BestPracticeより:頭頚部放射線治療後の患者にフッ素ゲルの使用が有用だった。
Epstein JB, van der Meij EH, Emerton SM, Le ND, Stevenson-Moore P. Compliance with fluoride gel use in irradiated patients. Spec Care Dentist. 1995 Nov-Dec;15(6):218-22. click

  • BPで丁寧に書かれていた:
Fure S, Gahnberg L, Birkhed D. A comparison of four home-care fluoride programs on the caries incidence in the elderly. Gerodontology. 1998;15(2):51-60. click
    • 抄録:
    • 目的: 高齢者に対して2年間、4つのフッ素プログラムを実践した。
    • 場所: The Public Dental Clinics of Balsta and Knivsta and the Faculty of Odontology in Goteborg, スエーデン.
    • 対象: 164人。60歳以上(平均71.5 歳)カリエスリスクがある者。
    • 方法: RCTである。
      • rinsing group) 一日二回のリンス a 0.05% NaF solution (n = 49),
      • tablet group) 一日二回の錠剤 on a 1.66 mg NaF tablet (n = 51),
      • slurry group)一日三回の歯ブラシ 泥状のリンスを使った歯ブラシ法 using a toothpaste slurry rinsing technique (n = 32),
      • control group) 自分のいつもの方法による歯ブラシ(n = 32).
    • 4グループともに、少なくとも 一日二回の フッ素入り歯磨き剤 (containing 0.32% NaF 他の論文の孫引きでは1500ppmとなっていた) を使用した。
    • 結果: No new carious lesions 2年間で新しいカリエスがない%と、DFS The mean (+/- SD)  2-year caries incrementは、
      • rinsing group:67%  0.8 +/- 1.4
      • tablet group:43% 1.4 +/- 1.7
      • slurry group:25%  1.9 +/- 1.9
      • control group:16%  2.3 +/- 2.1
    • rinsing groupが、control group より有意に低かった。
    • tablet groupが、slurry groupよりDFSが有意に低かったけれど、舌側面だけであった (p < 0.05).
    • BPでは、「Caries incidence was significantly lower in the rinsing group versus the control group. The slurry and tablet groups did not have a significantly lower caries incidence.」
    • 結論: フッ素プログラムのタイプが、高齢者のカリエス予防にッ重要だ。
    • すると、フッ素入りの歯磨き剤のみでは、予防効果がないということになるぞ! そして、フッ素の洗口と1500ppmフッ素含有歯磨剤の併用が良いということになる。

  • 長期ケア施設に在住する高齢者のう蝕予防に有用なのは、クロルヘキシジンの洗口よりフッ素洗口であったというRCTがあります。まあ、う蝕の予防ですから、フッ素ですよね。しかし、日本で週一回法として行われている0.2%NaFのフッ素濃度を、毎日洗口するということなので、今後の害などの検討がまたれる。(他にも掲載)
Wyatt CC, MacEntee MI. Caries management for institutionalized elders using fluoride and chlorhexidine mouthrinses. Community Dent Oral Epidemiol. 2004 Oct;32(5):322-8.click

フッ素の効果の論文


  • フッ素の殺菌作用について:The antibacterial effects of fluoride have been largely ignored, despite clear evidence that fluoride, even in extremely low concentrations, can affect bacterial metabolism (Marquis, 1990). 
Bowen WH. Do we need to be concerned about dental caries in the coming millennium? Crit Rev Oral Biol Med. 2002;13(2):126-31. Freeです、この論文は、古い重要論文のMedlineにリンクしているので、役立ちます。内容は、字が多くて、理解不十分なのですが・・・。この論文より、孫引きしました。click

  • 2歳までの早期のカリエスに対するフッ素バーニッシュ:カウンセリングのみより、カウンセリング+年2回のフッ素塗布に効果があるそうです。私は、砂糖の管理のが大切と考えるけど、砂糖の管理の協力の得られない家庭には、必要な予防処置だと思います。Sample Sizeの検討までなされているので、良さそうかも。
Weintraub JA, Ramos-Gomez F, Jue B, Shain S, Hoover CI, Featherstone JD, Gansky SA. Fluoride varnish efficacy in preventing early childhood caries. J Dent Res. 2006 Feb;85(2):172-6 Free click





う蝕低リスク者の予防に詳細を


  • 低リスクの子供には、歯科医院での半年に1度のフッ素塗布に効果がない。
    • 最後の結論は、このようになっているようです。
    • Inclusion of non-cavitated lesions in the treatment effect statistics did not change the former conclusion that the treatment effect of fluoride gel application on dental caries reduction in a low-caries child population was considered not clinically relevant.
    • 注意するべき点は、シーラントとか6ヵ月後とのメインテナンスは行っていますし、ホームケアーは行っています。
    • この論文のみで、安易にフッ素塗布は効果がないと決めつけることはできないですが、示唆に富む論文だといえます。

Truin GJ, van't Hof MA. Caries prevention by professional fluoride gel application on enamel and dentinal lesions in low-caries children. Caries Res. 2005 May-Jun;39(3):236-40. click

G.J. Truin*, and M.A. van ’t HofProfessionally Applied Fluoride Gel in Low-caries 10.5-year-olds J Dent Res 84(5):418-421, 2005 click:Free

  • 低リスクならレギュラーの洗口は必要ない。Dental Caries: The Disease and Its Clinical Managementより。
    • For populations or groups with a high incidence of disease it may be feasible(実行可能な) to introduce of disease they are not cost-effective and hence in many countries, such as Denmark, the regular use of rinsing was stopped during the 1989s.
2014年10月12日(日) 08:30:03 Modified by mxe05064




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。