フリーエリア
メニューバーA

予防歯科ガイドライン


ゆーちゃん歯科が、予防歯科を動画で説明


○歯ブラシで、何をとるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JkEg1CnGMck

○なぜ、虫歯になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=hDroKmncErM

○なぜ、歯周病になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JRVOdOmRzVU

○歯石は、取らないの。
http://www.youtube.com/watch?v=3Kjr6GvZUWs

○歯ブラシの、動かし方は。
http://www.youtube.com/watch?v=E2s4wvubSDs

○歯間ブラシの重要性。
http://www.youtube.com/watch?v=TYMDC99C1sg

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<詰めた>。

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<根の治療をした>。

EBMセミナー

EBMを理解しよう


○EBMの理解のために
患者になると理解できるよ(5分で理解できるEBM)
 http://www.youtube.com/watch?v=f5vEvcNbhzY

○EBM どんな論文を調べるのか
患者さんと私の冒険の紙芝居
http://www.youtube.com/watch?v=tN1SNdtjCOA

○EBM システィマテックレビューとは
http://www.youtube.com/watch?v=3gd3-V03Pu8


論文を使って批判的吟味の一部


○testEBM検索
http://www.youtube.com/watch?v=8GCa1inwMm8

○testEBM RCTの論文の流れ
http://www.youtube.com/watch?v=c_JzL0lHhV8

○testEBM RCTのPECO
http://www.youtube.com/watch?v=8bsUl5ms520

○testEBM RCTの助成金をチェック
http://www.youtube.com/watch?v=jv6WEpvJReA

○testEBM RCTの批判的吟味どこから
http://www.youtube.com/watch?v=QFzpgqdtOes

○testEBM RCTのサンプルサイズ
http://www.youtube.com/watch?v=XPpWKsqEmmU

○testEBM RCTの脱落ITT
http://www.youtube.com/watch?v=XBg85akKqIc

○testEBM RCTのマスキング
http://www.youtube.com/watch?v=-aklFTwy_fg

○testEBM RCTのベースラインの差
http://www.youtube.com/watch?v=xygp9e_n1P4

○testEBM RCTの結果の大きさ
http://www.youtube.com/watch?v=g1mDAAjLweI

手元にある論文を読んでみよう


○抜歯後の穴に薬剤を入れてドライソケットの予防になる?TCコーンは、エビデンスないと思っていたけど、調べる必要があるのかな〜。
http://zoome.jp/ebm/diary/1
http://zoome.jp/ebm/diary/2




論文を探して読んでみよう

最新コメント
カテゴリー
フリーエリア

疫学

最近の統計手法


キシリトールガムのRCT。RCTなので、統計手法はわかるかなと思ったが・・・。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC365475...
○メインアウトカム 負の二項回帰モデル
重回帰分析の利用法 著者: 君山由良
稀に起る現象であっても人間行動については、ポアソン分布よりも負の2項分布のがよく当てはまる場合が多い。
今さら人に聞けない「重回帰分析の各手法の使い分け」
http://tjo.hatenablog.com/entry/2013/09/18/235052
う〜ん、DMFなどの歯科の評価には、ロジスティック回帰分析より負の二項分布のモデルのがよいのか?そもそも、その基本的なことから理解できてないぞ。
○メインアウトカムでも、歯根は、0スコアが多いので、ゼロ膨張のモデルを使用。
なんじゃ? まず日本語で、
ゼロの多いデータの解析:負の2項回帰モデルによる傾向の過大推定
http://www.ism.ac.jp/editsec/toukei/pdf/61-2-271.p...
私たちは本当にゼロ膨張したモデルが必要なのですか?
http://statisticalhorizons.com/zero-inflated-model...
ふむふむ、わからないが、こんなのがあるのだ。
おお〜、そうか。
Caries Res. 2012;46(4):413-23. doi: 10.1159/000338992. Epub 2012 Jun 15. Review and recommendations for zero-inflated count regression modeling of dental caries indices in epidemiological studies. Preisser JS1, Stamm JW, Long DL, Kincade ME.
とわかったふりをするが、タイトルしかわからない。フリーでも読める。
よくわからないが、そうなんだ。日本の歯科の口腔衛生の研究者から、こんな話を聞いたことがないぞ(まあ、学会にもでていませんが)。
Caries Resというメジャー雑誌ではないか!
すると、やはり、統計ソフトは、SASか〜。たぶん、Rでも、使えるようにしている人がいるはずだけどな。
困ったな〜。
○These analyses adjusted the standard errors to account for the intraclass correlation of the D2FS indices within participants using the clustered empirical sandwich estimator.
サンドイッチ推定量?????
結局、書いてある結果の数字って、臨床的に、どんな感じのものなの?
だれか、ヘルプ〜。



う蝕

  • う蝕のナチュラルヒストリーがわかってなければ、これからの治療の指針が成り立ちません。ところが、これが、わかってないのです。
  • 2010年7月時点での、私の知識では、ホワイトスポットは、プラークを付けて砂糖を摂取していれば、30日ほどで変化します。そして、永久歯の崩出後、3年ぐらいでDMFに現れるぐらいのカリエスになります。

    • Dental Caries: The Disease and Its Clinical Managementによると、低リスクの第1大臼歯の咬合面のカリエスのnatural historyの長期経過の疫学データはない、と明記されています。
    • その系統の論文の検索のきっかけの論文(Survival Time)は、見つけたので、随時、紹介予定です。特に、活動的・非活動的のナチュラルヒストリーの違いや、それをフッ素などの介入を行ったら、何年でどのようになるかなど、ほとんど不明なことばかりです。
    • The Diagnosis of Root Caries pdfでまとまっている。NIH CDCからも入れる。Natural history of coronal cariesがのっている重要解説書である。根面カリエスも参照。
    • The natural history of dental caries can be viewed as a continuum, a series of stages, from microscopic demineralization of apatite to an active, cavitated, progressively enlarging lesion (Dodds & Wefel, 1995) (Figure 1). この参考文献がは、たぶん、Dodds MWJ and Wefel JS. The developing carious lesion. In: Primary Preventive Dentistry, 4th Edition. (Edited by Harris N and Christen AG), Appleton and Lange, Norwalk, CT, 1994.ここよりでも、最新の第6版の、同じ題名の章の筆者が変わっていて、内容が不明です。
White spotIncipientclinical
EnamelEnamelDentine
? years3 to 4 yeares? years
Loss of ionsNon-cavitated lesionCavitared lesion

  • Longitudinal Studies of the Natural History of Caries I. Eruption Patterns of the Permanent Teeth. JAMES P. CARLOS and ALAN M. GITTELSOHN, J Dent Res 44(3): 509-516, 1965
    • http://jdr.iadrjournals.org/cgi/content/abstract/4...
    • Longitudinal Studies of the Natural History of Caries II. a life table study of caries incidence in the permanent teeth ,JAMES P. CARLOS and ALAN M. GITTELSOHN, Arch oral Biol Vol10 739-751, 1965. は、DMFを使って、崩出後のカリエスの生存曲線に挑戦している。第1大臼歯などは、4年で30%ぐらいの発生率。でも、この時代のDMFのデータよりの換算なので、いまでは、どうでしょうか。
  • A. Hannigana, D.M. O'Mullaneb, D. Barrya, F. Sch醇Bferc, A.J. Robertsc A Caries Susceptibility Classification of Tooth Surfaces by Survival Time. Caries Research 2000;34:103-108

Survival Time論文


  • Hannigan A, O'Mullane DM, Barry D, Schafer F, Roberts AJ. A caries susceptibility classification of tooth surfaces by survival time. Caries Res. 2000 Mar-Apr;34(2):103-8.  click
    • The definition of the survival time for the study was as follows: time from the start of the trial (if surfaces are erupted at baseline) or time from eruption during the trial (for surfaces unerupted at baseline) to the time when a surface is recorded as decayed or filled.
    • サイバルタイムの中央値の表があるけど、最終グループは、なんと62年で、実際的じゃないような気もする点が、気になる。
    • 上の元になるデータの論文、Freeで読める:http://jdr.iadrjournals.org/cgi/reprint/76/11/1776
    • 同じ著者(Hannigan A.)のまとめ Freeだ!でも増刊号なので注意。内容は、統計の話。"Right censoring" "Left censoring" のことものっている。
      • Hannigan A. Using survival methodologies in demonstrating caries efficacy. J Dent Res. 2004;83 Spec No C:C99-102.click
median年tooth surfaces
3.9上下左右6番咬合面
4.4下左右7番咬合面
5.4上左右7番咬合面
6.4上左右6番近心
・・・・
62.3下左右123唇舌側など

Berkeyらの論文

  • いろいろとあります。PubMedで、「berkey douglass」といれて検索するとよいです。Dental Caries: The Disease and Its Clinical Managementには、41歳と51歳の2グループを10年間フォローした論文が紹介されていました。
    • Berkey CS, Douglass CW, Valachovic RW, Chauncey HH. Longitudinal radiographic analysis of carious lesion progression. Community Dent Oral Epidemiol. 1988 Apr;16(2):83-90.

Foster LVの論文

    • Foster LV. Three year in vivo investigation to determine the progression of approximal primary carious lesions extending into dentine. Br Dent J. 1998 Oct 10;185(7):353-7. click
    • CONCLUSIONS: The depth of an approximal dentine lesion was the main clinical marker which related to its progression. It is recommended that operative intervention is considered for approximal lesions which extend deeper than 0.5 mm into the dentine, while preventive treatment and re-assessment may be considered for shallower lesions

Mejare Iらの論文

  • いろいろあります。PubMedで、「Mejare I Caries」として検索。かなり、細かな仕事をしています。有名で、他の論文からの孫引きでもたくさんあります(下記参照)Freeで読めるものclick

Mjor IA.らの論文

  • この人もいっぱいあります。PubMedで、「Mjor IA dental」と検索すると215もでてきます。

隣接面カリエスでエナメル質から象牙質に進行する50%生存率の論文(孫引きで知った)


2.1〜2.8年:Mejare I, Kallestal C, Stenlund H, Johansson H. Caries development from 11 to 22 years of age: a prospective radiographic study. Prevalence and distribution. Caries Res. 1998;32(1):10-6. click

7年:Shwartz M, Grondahl HG, Pliskin JS, Boffa J. A longitudinal analysis from bite-wing radiographs of the rate of progression of approximal carious lesions through human dental enamel. Arch Oral Biol. 1984;29(7):529-36. click

ミュータンス菌の母子感染が本当に原因かを調べようとしたのですが・・・。


ちょっと、とっかかりを調べようと思ったのですが、コクランや、Dental Caries by Fejerskovらの教科書には、ないですね。というか、小児歯科の予防関係の教科書を持ってない。以前持っていた、Primary Preventative Dentistry の本も捨ててしまったし・・・。

以下のサイトから孫引きぐらいの知識になり、原著はしりません。

Mutans Streptococci: Acquisition and Transmission
Robert J. Berkowitz, DDS
http://www.first5oralhealth.org/downloads/0/1631/B...

ちなみにPubMedで調べて、関連をみるとレビューがたくさんありますが、
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12636317
さすがに、ちょっと、そこまで興味がないので、パスです。

ちょっとここで、脱線、そもそも、「window of infectivity」という言葉も、知らなかったです(お恥ずかしい)。

齲蝕原性菌および歯周病原性菌の母子間の伝達
http://www.dent.niigata-u.ac.jp/nds/journal/351/05...
であらためて勉強できました。

といろいろ遊んでいると、

Dental Caries Vaccines: Prospects and Concerns
D.J. Smith
http://cro.sagepub.com/content/13/4/335.full
これは、ちょっと問題の回答もあるけど、それより文献の孫引きがしやすくて、ブックマークにしました。

Prevention of Early Childhood Caries (ECC) Needs More Knowledge of Mothers
Authors: PD Dr. Susanne Kneist1, Prof. Dr. Annerose Borutta1,
http://ipj.quintessenz.de/index.php?content=issues...
共分散構造分析らしいパスずがあります。

などおもしろそうなのが見つかり、脱線しまくりで、まったく進みません(^^;。

第1大臼歯

崩出してから:

  • カリエスリスクの高い集団では、2年で80%がカリエスになる。
    • Dental Caries: The Disease and Its Clinical Managementによると、家庭でのフッ素入り歯磨き剤とフッ素リンスをしている。
    • PubMedによると、Duraphatを3ヵ月ごと24ヶ月続けた場合、35%しかカリエスにならない。
Holm GB, Holst K, Mejare I. The caries-preventive effect of a fluoride varnish in the fissures of the first permanent molar.Acta Odontol Scand. 1984 Aug;42(4):193-7. click

実験でカリエスを作る!

  • ある方より、教えてもらった論文です。
なんと、あの、歯磨きをしないと歯肉炎ができて、歯磨きをすると歯肉炎がなくなる実験の、カリエス版です。なぜ、こちらは、有名じゃないのでしょうか?

Frithjof R. von der Fehr, Harald Loe, Else Theilade
Experimental caries in man.
Caries Res. 1970;4(2):131-48.

抄録は、PubMedでは、読めませんが、こちらで読めます。
http://content.karger.com/ProdukteDB/produkte.asp?...

研究では、以下の評価方法を利用しています。
Caries Index system [VON DER FEHR, 1961]
0: surface appears intact
1: limited greyish tinge, with or without accentuated perikymata
2: perikymate well accentuated, in some areas confluencing into greyish-white spots
3: pronounced white decalcication
Lesions that did not fit definitely into one of the above stages were given in-termediate scores (0.5, 1.5 or 2.5).
23日間以下の群で実験した。
評価した場所は、bucco-gingival areas (excluding molars and mandibular incisors)だそうです。

結果の表からの引用です。
no hygiene control 12人(学生):
  • 平均Caries Index 0.69→0.73
  • New Lesions 0.5が5カ所、1.0が1カ所、1.5が0カ所
no hygiene sucrose 12人(学生):
  • 平均Caries Index 0.63→0.96
  • New Lesions 0.5が9カ所、1.0が11カ所、1.5が4カ所

感想としては、Caries Index systemが、少しカリエスがカウントしやすいシステムかな。よく言えば、カリエスに対して

厳しく、悪く言えば、実験に対して甘いと言えます。23日で、カリエスというか、白濁するというのは、その短さにちょっと驚きです。実際に、カリエスというか、穴が開くのは、他の論文から推測すると、ここから時間がかかるという感じでしょうかね。

オマケ!:また、このシステムを利用して、さらに、この論文の図も引用されていて、さらにFreeで読める論文が次です(元論文の図4が、図2として、あります)。 "white spot" がメカニカルに修復するかということから、用語の定義を論じた論文です。
http://adr.sagepub.com/cgi/reprint/8/2/144.pdf



  • 他にも、Caries Res. 1989;23(4):218-24. Microradiography of experimental root surface caries in man.
Nyvad B, ten Cate JM, Fejerskov O.  http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2790853 とか、Microflora Associated with Experimental Root Surface Caries in Humans  http://iai.asm.org/cgi/reprint/58/6/1628.pdf  とかを見つけました。

  • あまり関係なかったけど、フリーで読めるExperimental cariesは、他に、

http://adr.sagepub.com/cgi/reprint/8/2/134
http://jn.nutrition.org/cgi/reprint/43/2/303.pdf
http://jdr.sagepub.com/cgi/reprint/66/1/38
http://jdr.sagepub.com/cgi/reprint/45/5/1493
http://jdr.sagepub.com/cgi/reprint/45/5/1493

などです。



カリエスになりやすい歯は、どこ?


  • Freeで読める:Ripa LW, Leske GS, Varma AO. Grouping of tooth surfaces by susceptibility to caries: a study in 5-16 year-old children. BMC Oral Health. 2004 Oct 28;4(1):2. click
    • 図にもあるけど、やはり第1大臼歯の咬合面ですね。また、下顎の第1大臼歯の頬側も多いですね。これは、要注意。やはりデータの年齢が若いからか、上顎の第2大臼歯の頬側は、リスクが低いですね。25歳以上の女性に多発していると思うのですが。

再修復が必要になった年数など


  • Ivar A. Mj醇rr(Professor and Academy 100 Eminent Scholar,College of Dentistry, University of Florida,)という先生が、キーパーソンか。
    • Mjor IA, Dahl JE, Moorhead JE. Age of restorations at replacement in permanent teeth in general dental practice. Acta Odontol Scand. 2000 Jun;58(3):97-101. click

歯周病

2015年03月28日(土) 09:06:29 Modified by mxe05064




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。