フリーエリア
メニューバーA

予防歯科ガイドライン


ゆーちゃん歯科が、予防歯科を動画で説明


○歯ブラシで、何をとるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JkEg1CnGMck

○なぜ、虫歯になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=hDroKmncErM

○なぜ、歯周病になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JRVOdOmRzVU

○歯石は、取らないの。
http://www.youtube.com/watch?v=3Kjr6GvZUWs

○歯ブラシの、動かし方は。
http://www.youtube.com/watch?v=E2s4wvubSDs

○歯間ブラシの重要性。
http://www.youtube.com/watch?v=TYMDC99C1sg

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<詰めた>。

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<根の治療をした>。

EBMセミナー

EBMを理解しよう


○EBMの理解のために
患者になると理解できるよ(5分で理解できるEBM)
 http://www.youtube.com/watch?v=f5vEvcNbhzY

○EBM どんな論文を調べるのか
患者さんと私の冒険の紙芝居
http://www.youtube.com/watch?v=tN1SNdtjCOA

○EBM システィマテックレビューとは
http://www.youtube.com/watch?v=3gd3-V03Pu8


論文を使って批判的吟味の一部


○testEBM検索
http://www.youtube.com/watch?v=8GCa1inwMm8

○testEBM RCTの論文の流れ
http://www.youtube.com/watch?v=c_JzL0lHhV8

○testEBM RCTのPECO
http://www.youtube.com/watch?v=8bsUl5ms520

○testEBM RCTの助成金をチェック
http://www.youtube.com/watch?v=jv6WEpvJReA

○testEBM RCTの批判的吟味どこから
http://www.youtube.com/watch?v=QFzpgqdtOes

○testEBM RCTのサンプルサイズ
http://www.youtube.com/watch?v=XPpWKsqEmmU

○testEBM RCTの脱落ITT
http://www.youtube.com/watch?v=XBg85akKqIc

○testEBM RCTのマスキング
http://www.youtube.com/watch?v=-aklFTwy_fg

○testEBM RCTのベースラインの差
http://www.youtube.com/watch?v=xygp9e_n1P4

○testEBM RCTの結果の大きさ
http://www.youtube.com/watch?v=g1mDAAjLweI

手元にある論文を読んでみよう


○抜歯後の穴に薬剤を入れてドライソケットの予防になる?TCコーンは、エビデンスないと思っていたけど、調べる必要があるのかな〜。
http://zoome.jp/ebm/diary/1
http://zoome.jp/ebm/diary/2




論文を探して読んでみよう

最新コメント
カテゴリー
フリーエリア

顎骨壊死・骨髄炎

 ・歯科医師の方へclick本Wiki
 ・医師の方へclick
 ・一般の方へ→工事中


詳しくは、次の論文を参照してください。
危ない! 骨粗鬆症患者の外科処置に注意――ビスフォスフォネート系薬剤と顎骨壊死
第1回 顎骨壊死に関する注意文書の意味と抜歯時の対応…
日本歯科評論 2008年 2月号 No.784 (68巻2号)
これに連動して、同意書、ポスターなどの、本Wikiより良いものが公開されています。これは、ヒョーロン社のHPからみれます。


この、「顎骨壊死・骨髄炎」のページで、本Wiki管理者が作成した、文書・プレゼンツールは、著作権は放棄しませんが、自由に加工して、自分たちの勉強会でお使いください。商用の使用は、行わないようにお願いします。
歯科医師の先生、まずここを読んでください。そして、海外の論文を読んで勉強してください。薬害エイズ問題で、なぜ、海外で話題になっているのに医師は、のんびりしていたのかと思ったことはありませんか。厚生労働省の通達を待つのがプロの行うことではありません。業界団体のガイドライン作成を待つのがプロではありません。それですと、エキスポランドの死亡事故は、法律的に問題がないので許しますか。その一企業・その一従業員の責任と思いませんか。そうです、「あなた」です! 【参考:失敗は予測できる (光文社新書 313) (新書)

多くの口腔外科医に、この問題を聞きました。みなさん、すでに良くご存知でした。しかし、ほとんどの口腔外科医が同意書を取ってないばかりか、抜歯時に説明すらしておらず、普通に抜歯していました。知っているけど、危機意識が、まったくありませんでした。

抜歯は、口腔外科専門医に紹介すれば良い、と言うことではありません。一般歯科医師と口腔外科医の抜歯によって予後(顎骨壊死)に差があるとは、思えません。歯科医師一人一人の問題です。また、すべての顎骨壊死を口腔外科医が治すことができないので、世界中で問題となっています。


  • 暫定版ということですが、本Wikiのようにだらだら年代別に並べるのではなく、読みやすいマトメです。→click

  • 「ビスフォスフォネート系薬剤には、注意してください」は、みなさん知っています。しかし、その意味するところを知っている人が少ないです。骨粗鬆症の患者さんに、簡単な抜歯を、普通に抜歯したら、医療訴訟になる危険性があるという内容だと言うことを、ご存じですか?

  • 何をどのように注意するのかの具体的な情報が、製薬会社・厚生労働省・歯科医師会・各学会からありません。そのため、「注意して抜歯したり、抜歯後に注意して観察する」だけになります。恐ろしいことです!一般の顎骨壊死では、ありません。きわめて治りの悪い、骨髄炎です。すぐに、考えを変えてください。

  • 経口でもリスクがある。すなわち、骨粗鬆症の患者も注意すること。顎骨壊死だけでないぞ。骨髄炎も同じだ。その場合に、安易な生検が、予後を悪くするぞ。経口での危険性について、認識してないなら読んでください。→click 前半

    • 一般の骨髄炎の治療では、奏功しない!口腔外科医専門医だからといって、治らない症例が存在する。口腔外科に紹介すればよいということではありません。

    • 2007年Levin Lらが、義歯性潰瘍からの発症を報告している。

    • 海外の論文では、動注による抗菌剤の投与の論文がない(静注(ペニシリンV)も少ないけど)。

    • 実際の同意文書や患者さんへの説明をどうするのか、総論ばかりでは・・・、具体的な行動に助けとなる、雛形を用意しました。→click・以下のポスターのワードファイルにも掲載

    • 地域の一般開業医へ啓蒙したい、歯科医師の先生が利用しやすい雛形も用意しました。→click・以下のポスターのワードファイルにも掲載


    • 簡単な告知のための文章例です。
骨粗鬆症でお薬を飲んでいる方へ
近年、骨粗鬆症のお薬を飲んでいる方が、歯科医院で歯を抜いた後に、治りの悪い顎の骨が膿むという病気になることがあると報告されています。
そのため、歯科医院を受診した場合には、お薬を飲まれていることを受付に申し出るようにしてください。
また、歯を抜かなくて良いように、歯科医院での予防処置も重要となってきます。
該当するお薬は、フォサマック・ボナロン・アクトネル・ベネット・ダイドロネルです。
歯科口腔外科 ○○○○


    • 「ともかく、具体的に何をするべきか」、今日の夜に海外の論文で勉強する方にとって、とりあえず今日の診療のために知っておきたいこと。



    • キーワード:("Aseptic Necrosis" OR "Avascular Necrosis" OR "Osteonecrosis") AND ((bisphosphonates OR diphosphonates) OR (alendronate OR zoledronate OR clodronate OR etidronate AND disodium OR etidronate OR risedronate OR incadronate OR tiludronate OR ibandronate OR medronate OR pamidronate))

アレンドロネート(alendronate) フォサマック萬有
 ボナロン帝人
リセドロネート(risedronate)アクトネルアベンティス
 ベネット武田
エチドロネート(etidronate)ダイドロネル住友製薬


抜歯時の注意としては、エビデンスは極めて弱いけど、「可能なら3ヶ月の休薬と、その間の歯周病に対する治療(ブラッシングで炎症を抑える・歯石除去は少しのみ)、必須として濃度が薄いけどコンクール・ラカルト・BUTLER CHX洗口液による洗口(クロルヘキシジンについて) (少し参考になるかな)、術前2日間と術後10日間のサワシリンかオーグメンチンの投薬」ぐらいでしょうか。


  • 監修 日本口腔外科学会の、製薬会社たちで作った、「ビスホスホネート系薬剤と顎骨壊死」の文書を読みました。
    • 勉強になったことは、「  10万人年あたり95件とは、薬剤を10万人が1年間服用した場合、そのうち95件の発現がある、という解釈。5万人が2年間も2万人が5年間も、10万人年となるということ。  」 です。
    • 注目は、2点あります。
  1. 経口BP製剤投与期間が3年未満で他の危険因子がない場合:予定された侵襲的な歯科処置の延期・中止や経口BP系製剤中止の必要はない。JOMS 2007:65:369-376のAAOMS
  2. BP製剤(経口)投与中に抜歯等の侵襲的歯科処置が必要となった場合の歯科治療:広範囲に及ぶ骨への侵襲を伴う手技(抜歯、歯周外科処置、上顎洞底挙上術など)では、創の治癒期間に予防的抗菌薬投与をしてもよいが、必ずしも強制ではなく、推奨もされていない。JADA 2006:137:1141-1150のADA



文献集→顎骨壊死・骨髄炎1:2007年までの分が中心です。今後は、機会があれば、メインのもののみ、集めていきますが、期待しないでください。そろそろ歯科医師に広まってきたので、この役目も終わりつつありますので。


日本の症例とか、その他の関連事項は、顎骨壊死・骨髄炎3をみてください。

2008年01月24日(木) 23:44:16 Modified by mxe05064




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。