フリーエリア
メニューバーA

予防歯科ガイドライン


ゆーちゃん歯科が、予防歯科を動画で説明


○歯ブラシで、何をとるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JkEg1CnGMck

○なぜ、虫歯になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=hDroKmncErM

○なぜ、歯周病になるの。
http://www.youtube.com/watch?v=JRVOdOmRzVU

○歯石は、取らないの。
http://www.youtube.com/watch?v=3Kjr6GvZUWs

○歯ブラシの、動かし方は。
http://www.youtube.com/watch?v=E2s4wvubSDs

○歯間ブラシの重要性。
http://www.youtube.com/watch?v=TYMDC99C1sg

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<詰めた>。

○痛くなかった歯を治療したら痛くなったのは<根の治療をした>。

EBMセミナー

EBMを理解しよう


○EBMの理解のために
患者になると理解できるよ(5分で理解できるEBM)
 http://www.youtube.com/watch?v=f5vEvcNbhzY

○EBM どんな論文を調べるのか
患者さんと私の冒険の紙芝居
http://www.youtube.com/watch?v=tN1SNdtjCOA

○EBM システィマテックレビューとは
http://www.youtube.com/watch?v=3gd3-V03Pu8


論文を使って批判的吟味の一部


○testEBM検索
http://www.youtube.com/watch?v=8GCa1inwMm8

○testEBM RCTの論文の流れ
http://www.youtube.com/watch?v=c_JzL0lHhV8

○testEBM RCTのPECO
http://www.youtube.com/watch?v=8bsUl5ms520

○testEBM RCTの助成金をチェック
http://www.youtube.com/watch?v=jv6WEpvJReA

○testEBM RCTの批判的吟味どこから
http://www.youtube.com/watch?v=QFzpgqdtOes

○testEBM RCTのサンプルサイズ
http://www.youtube.com/watch?v=XPpWKsqEmmU

○testEBM RCTの脱落ITT
http://www.youtube.com/watch?v=XBg85akKqIc

○testEBM RCTのマスキング
http://www.youtube.com/watch?v=-aklFTwy_fg

○testEBM RCTのベースラインの差
http://www.youtube.com/watch?v=xygp9e_n1P4

○testEBM RCTの結果の大きさ
http://www.youtube.com/watch?v=g1mDAAjLweI

手元にある論文を読んでみよう


○抜歯後の穴に薬剤を入れてドライソケットの予防になる?TCコーンは、エビデンスないと思っていたけど、調べる必要があるのかな〜。
http://zoome.jp/ebm/diary/1
http://zoome.jp/ebm/diary/2




論文を探して読んでみよう

最新コメント
カテゴリー
フリーエリア

口腔ケア

  • 口腔ケアについて一言
良い悪いは別として、世界的に標準とされる高齢者施設や総合病院内での「口腔ケア」と、日本で行われている口腔外科医などが総合病院で行っている「口腔ケア」とは、かなり内容が異なっています。日本での「口腔ケア」は、予防歯科という概念とは少し異なり独自の概念?です。なぜ、そうなったのかはわかりませんが、「口腔ケア」と「Dental care/Oral care」と、違うものと考えた方が整理しやすいです。ここでは、日本的な「口腔ケア」という概念に近いのだけれど、基本的に「Dental care/Oral care」について書かれてあるものを紹介します。

  • 口腔ケアについて書いてみました
|口腔ケアとは?
実は、口腔ケアの定義がはっきりしていません

1・虫歯予防:フッ素を使用して1日数回の歯ブラシ
2.歯周病予防:1日1回の丁寧な、歯ブラシ
3.誤嚥性肺炎:口腔内全体の細菌数の減少と嚥下訓練

のなかで、「誤嚥性肺炎:口腔内全体の細菌数の減少」を指す用語との認識で良いと思われます。
特に、本邦では、3.誤嚥性肺炎のみが行われていますが、海外では、フッ素を積極的に利用したり、グルコン酸クロルヘキシジンの含漱も含めて、1.虫歯予防・2.歯周病予防も含めて、 oral health care などが使われています。

虫歯・歯周病・誤嚥性肺炎など にならないためには?
細菌(プラーク)がなければよい
それ以外にも、砂糖・フッ素・喫煙・糖尿病・遺伝・生活習慣など、いろいろな要因がありますが・・・

虫歯・歯周病・誤嚥性肺炎など にならないためには?
他の要因を考えると、
たとえば、
虫歯予防:フッ素を使用して1日数回の歯ブラシ
歯周病予防:1日1回の丁寧な、歯ブラシ
誤嚥性肺炎:口腔内全体の細菌数の減少と嚥下訓練
など、異なることを理解してほしい!|

  • 口腔ケアの意義
    • 特に口腔ケアをするとQOLが上昇という論文はありませんでした。口腔と全身の健康状態に関する文献調査報告書(機  平成17 年 7 月に財団法人8020推進財団の助成を受けて、歯周病と循環器疾患・歯周病と低体重児出産・口腔の健康とQOLの系統的なレビューをしました。本Wiki管理者は、QOLを担当しました。
    • 高齢者白人男性の口腔保健と歯科的な行動との関連をみたもの。なんとなく手に入れた論文です。あたりまえですが、関連あり。でも、フロスなど日本の現状と異なりますね。Boehmer U, Kressin NR, Spiro A 3rd. Preventive dental behaviors and their association with oral health status in older white men. J Dent Res. 1999 Apr;78(4):869-77. click
    • 何となく手に入れた論文。ナーシングホームの口腔保健状態は、わりと良かったと感じましたが。Stubbs C, Riordan PJ. Dental screening of older adults living in residential aged care facilities in Perth.Aust Dent J. 2002 Dec;47(4):321-6.click


  • 口腔ケアと肺炎→誤嚥性肺炎を読んでください。
    • 有名な米山論文、参照誤嚥性肺炎
    • 米山論文に記載されている図がここでみれますclick


  • 口腔ケアのまとめ物(ガイドライン)
    • 2000 UK BSDH:14ページの簡単なまとめ。詳しい具体的な方法までは書かれていない。箇条書き程度。Fiske J, Griffiths J, Jamieson R, Manger D; British Society for Disability and Oral Health Working Group. Guidelines for oral health care for long-stay patients and residents. Gerodontology. 2000 Jul;17(1):55-64. 実は、こちらのページpdfのが元本と考えられる。
    • 2004 南オーストラリア :Guidelines 1-Checklist for visiting dentistの1ページが、良くまとまっている。写真もあって、よいでき。アセスメント表もあり、実際に導入するときに役立つ資料。 Oral Health Protocols for Residential Aged Care Facilities. Oral Health in Aged Care Working Group click
    • 2004 オーストラリア :認知症患者への口腔ケアですが、これが高齢者への口腔ケアの論文の最高のものでしょう。Oral Hygiene Care for Adults with Dementia in Residential Aged Care Facilities (Public Release: 20th Nov 2004) 2004 Vol 8 Issue 4 The Joanna Briggs Institute for Evidence Based Nursing & Midwifery オーストラリア、ニュージーランド、香港の大学、病院などの連携によってできたネットワーク。click  ExpertNurse Vol21No10 August 2005 102-107に抜粋の日本語訳があります。上記のサイトにもアップ予定とありますが、2006年3月時点では、まだです。内容は、口腔ケアの実際に記載。

    • 2007 人工呼吸患者に対して:残念、エビデンスが不足しているとの結論です。Systematic Literature Review of Oral Hygiene Practices for Intensive Care Patients Receiving Mechanical VentilationFree click

  • 口腔ケアまとめもの(まとめただけ)
    • 口腔保健推進ハンドブック 埼玉県歯科医師会:これは、良くまとまっていますね。わりと、科学的根拠に基づいています。予防歯科の観点からも読むところは多いです(歯科疾患予防ガイドライン(米国予防医療研究班)click)。click
    • 大阪府 健康福祉部 地域保健福祉室 健康づくり感染症課 健康栄養・歯科グループによる各種のまとめ:頑張ってまとめられています。click

口腔機能訓練


  • なぜか、急に介護に入ってきた、口腔機能の向上について。
  • 2006年に、RCTらしい、論文が日本からでました。
    • この著者が作った、スライドは、ここからみれます。
    • 原文を読むと、アルブミン以外に、total protein, total cholesterol. HDL cho lesterol, hemoglobinもみています。
    • total proteinとalbuminに有意差があったとしているけど、栄養付加+口腔機能訓練群の介入前後をWilcoxonで検定しているだけで、栄養付加の変化と、栄養付加+口腔機能訓練群の変化を検定しているわけではない。といっても、栄養付加では、下がっているので、たぶん、有意差はでるはず。
    • しかし、4ヶ月で、栄養付加をしている群のアルブミンが下がるということは、常識的に考えて問題がある。栄養を付加しているのに下がったら、その栄養付加自体が、有害となってしまう。
    • 人数は、たった14人、症例数の検討は行っていない。Fourteen subjects of 82 residentsとあって、82名の施設から14名を選択基準で選択したらしい。アルブミンは、もともと3.8以下の対象者を選択している。義歯のあるものないものは、混在。
    • 施設内で、どのようにマスキングしたのかも書かれていない。14人を、どのようにランダム割付したのか心配だ。

Kikutani T, Enomoto R, Tamura F, Oyaizu K, Suzuki A, Inaba S. Abstract Effects of oral functional training for nutritional improvement in Japanese older people requiring long-term care. Gerodontology. 2006 Jun;23(2):93-8. click
2011年10月13日(木) 07:49:16 Modified by mxe05064




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。