このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
Wiki内検索
最近更新したページ
最新コメント
MenuBar1 by awesome things!
MenuBar1 by awesome things!
MenuBar1 by check it out
MenuBar1 by awesome things!
MenuBar1 by awesome things!
MenuBar1 by check it out
MenuBar1 by awesome things!
MenuBar1 by awesome things!
MenuBar1 by stunning seo guys
MenuBar1 by watch for this
メニューバーA
ここは自由に編集できるエリアです。
カテゴリー
タグ
Wiki内検索
フリーエリア
Menu

キングドラ・ネンドール

低エネコストで殴れるキングドラを主軸としたビートダウンデッキです。
速攻デッキとしてはHPも高く、いざとなれば100ダメージ以上の出力で殴れることが特徴です。
デッキの種類として、ドラゴンポンプをメインとした形とアクアストリームをメインとした形があるそうですが、こんかいはドラゴンポンプをメインとした形を作りたいと思います。

ポケモン
キングドラが立たなければ元もこうもないのでラインを太くします。
タッツーとキングドラは4枚つむとして、シードラは好みで2、3枚いれればいいと思います。
ドラゴンポンプをメインに使うということでコンスタントで手札を補充することのできるネンドールを採用したいところです。
無駄なものをいれると逆に回らなくなるのでシンプルにこれだけでいいと思いますが、好みで何かを加えてもいいとは思います。

トレーナー
こちらもキングドラを立たせることを最優先に考えたいのでそのような構築にしたいところ
とりあえず確実にポケモンを持ってこれるニシキのネットワークと場を展開しつつ展開後はエネルギーを持ってこれるハマナのリサーチは4枚入れたいところ。
あとは好みですが、個人的にはスージーの抽選やTVレポーターなどより純粋にサポーターとしての性能のよいサポーターを中心に組んだほうがいいと思います。
またドラゴンポンプで殴るだけでいいといっても60ダメージではパチリスしかり、ベンチに20ダメージ与えて調整した結果10ダメージ足りないく落とせないとかいうことも容易にありえると思うのでドローしながらダメージソースとして働くバグのトレーニングを入れておきたいです。
それと手札の消費が半端ないのでそれだけネンドールで引ける枚数も上がるのでポケドロアーなどを使える可能性も高いのではないかと思います(が序盤邪魔になり展開の妨げになりそうですが

エネルギー
アクアストリームのために水エネルギーを多めに入れてもいいのですが、ドラゴンポンプが1エネしかいらないので最低限にしてもいい、ということで結構食いちがるところ
どのように戦いかで変わってくるので調整を、サンプルでは間を取ったぐらいの枚数をいれます。


ポケモン
4:タッツー(DP5)
3:シードラ(DP5)
4:キングドラ(DP5)
2:ヤジロン(DP4)
2:ネンドール(DP4)

トレーナー
4:ニシキのネットワーク
4:ハマナのリサーチ
2:ロケット団の幹部
3:バグのトレーニング
4:ダイゴのアドバイス
4:不思議なあめ
2:暴風
4:ワープポイント
2:ポケモン回収装置
2:ゴージャスボール

エネルギー
15:水エネルギー
2008年08月16日(土) 11:19:15 Modified by nahiroshi




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。