タイトル「小覇王ジュニア」

 戦国プロレス期にはなかったジュニア王座。BASARA立ち上げ時に
オーナーの上杉がジュニア部門の強化も兼ねて設立した。
当初はヘビー級王座を武田に、当ジュニア王座をケイトに巻かせる案も
あったらしいが、ケイトがヘビー級暫定王者になったので立ち消えとなった。
そのかわりかもしれないが、武田率いるカイランダーズのジュニアヘビー、
猿飛がアルプロの兵藤と王座を賭けて試合をすることになり、見事奪取した。
しかしこれはBASARA正規軍にジュニアヘビーがいなかったので
カイランダーズとアルプロに挑戦権がわたっただけという説が最も有力である。

〜王座変遷〜
初代王者:猿飛タスケ
対 兵頭洋平(アルプロ) 2006/4/23 東京・遊楽園ホール (17分17秒モンキーフライ→体固め)

2代目王者:豊後虎太郎(BPN5)
対 猿飛タスケ 2006/6/10 東京・武闘館(13分57秒 ブーメランキック→背面式片エビ固め)
●防衛戦
1:対 哀原勇陽(アテナ)2006/7/23東京・スパイクドーム(13分24秒 キジMAXホールド)

3代目王者:IKALI(アルティメットプロレスリング)
対 豊後虎太郎(BPN5)2006/9/24 関西国際記念ホール(13分40秒 電光石火)
●防衛戦
1:対 森乱馬(天下布武)2007/2/22 東京・武闘館(16分29秒 IKALIクラッシャー→エビ固め)

4代目王者:尾張元気(ファイトクラブ)
:対 IKALI(アルプロ)2007/3/25 東京・遊楽園ホール(12分16秒 屈伸式ダイビングボディプレス)

5代目王者:成宮一也(アテナ・ジェネレーション/嵐丸オフィス)
:対 尾張元気(ファイクラ)2007/4/27 関西国際記念ホール
(15分23秒 リストクラッチエクスプロイダー→エビ固め)
●防衛戦
1:対 血笑烏(EDO)2007/5/31 東京・遊楽園ホール(7分58秒 KO勝ち)
2:対 KAZU流星(翔天隊)2007/6/31 東京・武闘館(11分57秒 シャイニングウィザード→背面式エビ固め)

6代目王者:キングコブラ・ジョー(フリー)
:対 成宮一也(ファイクラ)2007/7/29 遊楽園ホール
(16分39秒 コブラドライバー)
●防衛戦
1:対 マスラオ・キッド(マスラオジム)2007/9/14 メキシコ(13分20秒 グラウンドキングコブラ)


7代目王者:直江兼太(プロレスリングBASARA)
:対 K・ジョー(フリー)2007/10/28 遊楽園ホール
(14分10秒 ジャーマン→体固め)
●防衛戦(※初防衛に失敗)


8代目王者:尾張元気(ファイトクラブ)
:対 K・ジョー(フリー)2007/11/27 新木田No.1リング
(12分55秒 レッグロックSPH)
●防衛戦
1:対 ジャック・ハーディス(アテナ) 2007/1/21 日本武闘館
(10分15秒 スーパー・キック→両手押さえフォール)
2008年01月23日(水) 18:41:32 Modified by ID:GweVL4l/3w




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。