タイトル「天下統一ヘビー級王座」

 元は「戦国プロレス」時代にエースの上杉謙人が保持していた戦国ヘビー級王座。
この王座をかけて上杉は武田晶や北条双雲(現・鋼氏の父)らを相手に激しい防衛線を
繰り広げていた。一連の戦いは当時のドル箱カードであった。
そして現在は「プロレスリングBASARA」旗揚げ時に、息子のケイトを暫定エースに
することで「天下統一ヘビー級王座」としてベルトを作成。権威を復活させる。
 なので当時のベルトとはちがい、BASARAのは新規の2代目のベルトとなる。
またバサラ者にふさわしく、赤側に金の装飾が施されていて派手ななのが特徴。

〜王座変遷〜
初代王者:上杉ケイト
※旗揚げ時に暫定王者に
●防衛戦
1:対 武田晶 2005/11/15 東京・遊楽園ホール
2:対 乾鷲雄(アルプロ) 2005/11/23 東京・スパイクドーム
3:対 武田晶 2006/2/5  日本武闘館(19分03秒 ビシャモンスライス→片エビ固め)


2代目王者:豊後虎太郎(BPN5)
:対 上杉ケイト 2006/6/10 日本武闘館(7分35秒 虎太郎ボム→エビ固め)
●防衛戦
1:対 乾鷲雄(アルプロ)2006/7/23 東京スパイクドーム (12分06秒 虎太郎ボム→エビ固め)
2:対 草薙嵐丸(嵐丸Office) 2006/09/24 関西国際記念ホール(12分17秒 クローズライン→フォール)


3代目王者:上杉ケイト
対:乾鷲雄(アルプロ)VS豊後虎太郎(BPN5)2007/2/28 日本武闘館(14分54秒 虎太郎をエビ固め)
※3WAYマッチによる勝利
●防衛戦
1:対 岩隈誠也(Impuct!!)2007/3/25 遊楽園ホール(16分24秒 ドラゴンクラッチ)

4代目王者:蔵王(ファイトクラブ)
対 上杉ケイト 2007/4/27 関西国際記念ホール(15分21秒 ビッグバン・ハマー→片エビ固め)


5代目王者:乾鷲雄(アルティメットプロレスリング)
:対 蔵王(アルプロ)2007/5/31 遊楽園ホール(7分58秒 KO勝ち)
●防衛戦
1:対 W・T・ヘラクレス(PWC)2007/6/31 東京・武闘館(10分01秒 サイドボディニーリフト)
2:対 皿田幸村(アルプロ)2007/8/28 遊楽園ホール(7分18秒 ショートレンジラリアット)
3:対 浅草仮面(ファイトクラブ)2007/10/28 新木田No1リング(12分45秒 高角度ライガーボム)
4:対 織田信彦(天下布武)2008/1/21 日本武闘館(12分45秒 高角度ライガーボム)
2008年01月23日(水) 18:06:35 Modified by ID:GweVL4l/3w




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。