奈良交通ファンがつくる「nako-club」サイトの用語集ページです

解説

  • よみがな:【いかるがちょうこみゅにてぃばす】
  • 2000年4月に運行開始。斑鳩町役場を拠点に町内を巡回するAコース・Bコースと、白石畑コースの3系統が設定された。
  • エヌシーバス郡山営業所が受託し、専用車として三菱ふそうローザ38号車が使用された。
  • 運行開始から2016年9月30日までは、運賃は無料だが利用は斑鳩町民に限られ、車両も貸切登録であった。
  • AコースとBコースは1日2便ずつ設定。BコースはAコースの逆回りである。年末年始を除き毎日運行されていた。
  • 白石畑コースは朝の白石畑発斑鳩町役場前ゆきと、夕方の東小学校発白石畑ゆきが1便ずつ運行された。
  • 2010年4月、専用車のローザが38号車から187号車に交代。38号車は「斑鳩町コミュニティバス」のロゴを消去した状態で転用され、企業送迎などに充当された。
  • 検査等で専用車が運用離脱した際は、郡山営業所のリエッセローザ54号車が代走した。
  • 2013年頃より、187号車の代走は38号車を塗装・登録変更したとみられる215号車が主に担うようになった。
  • 2016年春頃から、一部停留所の標柱・標識が更新されている。
  • 2016年10月1日に再編され、実証運行が開始された。

2016年10月1日改正

  • 従来のAコース・Bコースを基本にイオン斑鳩店・西里・龍田北・斑鳩文化財センター・法隆寺第3団地・目安の各停留所を追加。専用車がローザ1台からリエッセII2台となり、本数もA・B2便ずつから4便ずつに増加した。その一方で白石畑コースが廃止された。
  • 無料運行から有料運行となり、1乗車大人100円(中学生以下無料)となった。CI−CAや全国相互利用対応交通系ICカードも利用できる。
  • 運行は引き続きエヌシーバス郡山営業所が受託しているが、車両の所属は奈良交通になった。
  • 従来の専用車だったローザのうち、187号車は外観そのままで運賃箱が追加され、車体標記もエヌシーバスから奈良交通に変更された。リエッセIIの予備車となっている。
  • 無料運行時、コミュニティバスの法隆寺駅停留所はロータリー南側に設けられていたが、有料化後は奈良交通路線と同じ駅舎側に移動し、2番のりば付近になった。

コメント

  • イオン斑鳩店は屋上駐車場に停留所が設けられている。

関連リンク

Menu

「nako-club」サイト

五十音順

  • [+]ボタンをクリックすると項目を展開します。
  • Tagsボタンをクリックすると関連項目を表示します。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

英字・数字

分野別

  • Tagsボタンをクリックすると関連項目を表示します。
  • [+]ボタンをクリックすると項目を展開します。











【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

「nako-club」サイト

どなたでも編集できます