日本の周辺国が装備する兵器のデータベース




中国発の本格的な衛星追跡兼ミサイル実験支援艦で1979年に2隻、1996年に1隻が就役した。1、2番艦は90年代に大型パラボラ・アンテナの増設(1基→3基)を含む改装工事を受けており、電子装備は3番艦に準じたものになっている。国家海洋局の所属だが、実質的な運用は海軍が行っている。21世紀に入ると船体を大型化して装備を近代化した遠望級の拡大改良型2隻「遠望5」「遠望6」が上海で建造され、2007年9月29日には「遠望5」が、2008年4月12日には「遠望6」が中国海上衛星測控部に引き渡された。

性能緒元
満載排水量21,000t(遠望1、遠望2)、16,000t(遠望3)、2,5000t(遠望5)
全長191.0m
全幅22m
主機ディーゼル 1軸(17,400馬力)
速力20kts
航続距離18,000海里(遠望3)
乗員470名

同型艦
1番艦遠望1Yuanwang11979年就役。2010年退役済み[7]
2番艦遠望2Yuanwang21979年就役
3番艦遠望3Yuanwang31995年4月就役
4番艦(改良型)遠望5Yuanwang52007年9月29日就役
5番艦(改良型)遠望6Yuanwang62008年4月12日就役。遠望4の代替か?当初艦名は「遠望4」とされていたが建造中に「遠望6」と改称した
6番艦(改良型)遠望7Yuanwang7江南長興造船所で建造中[8]

【参考資料】
[1]世界の艦船(海人社)
[2]中国/台湾海軍ハンドブック改訂第2版(海人社)
[3]Chinese Defence Today
[4]中国武器大全
[5]大公網 2007年9月30日「遠望五号正式交付使用」
[6]大旗網「実拍"遠望六"号交船儀式!」(2008年4月14日)
[7]China Defense Blog「Yuan Wang 1 Space Event Ship Decommissioned」(2010年10月22日)
[8]新浪網-軍事「中国航天测量远望船队新成员:远望7号来了」(2016年2月18日)

中国海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます