日本の周辺国が装備する兵器のデータベース




▼砲身を前方に向けた走行状態。

▼キャビン上部のハッチには、射撃データを表示する情報端末が設置されている。


性能緒元(SX2150トラック)
重量  
全長7.120m
全幅2.500m
全高  
エンジンWD615.71水冷ディーゼル 256hp
最高速度70km/h
航続距離600km
武装96式122mm榴弾砲(PL-96)×1
発射速度6〜8発/分
俯仰角度0〜+70度
方向射界左右22.5度
乗員4名

96式122俑愧橡ぁPL-96)性能緒元
口径121.92(4.8インチ)
砲身長4.785mm(マズルブレーキ込み)、4,270mm(マズルブレーキ含まず)
初速690m/秒
発射可能砲弾榴弾、HEAT弾、ERFB弾、ERFB-BB弾、ERFB-BB-RA弾、クラスター弾、発煙弾、照明弾等
最大射程15,400m(榴弾)、18,000m(ERFB弾)、22,000m(ERFB-BB弾)、27,000m(ERFB-BB-RA弾)

2007年頃からその存在が明らかになり、近年部隊配備が確認される様になった新型自走砲。中国語記事では「122毫米卡車炮」(卡車はトラックの意味)と呼ばれている[1]。2010年9月にカザフスタンで開催された「和平使命2010」演習に派遣された中国軍部隊の砲兵部隊にも装備されており、その際の報道により制式名称が「09式122毫米車載榴弾砲」であることが明らかになった[3]。

122mm榴弾砲を装輪車輌の荷台に搭載した自走砲としては、既に中国北方工業公司(NORINCO)が輸出向けにSH-2 122mm装輪自走榴弾砲を開発しているが、こちらは中国軍への採用は確認されていない。SH-2は専用の装甲トラックを採用しているが、新型122mm自走榴弾砲ではコスト低減のためか通常の6×6式野戦トラック(SX250/SX2150)をシャーシとして使用している[1]。

陝西汽車製 延安SX250(SX2150)は砲兵部隊で広く運用されている野戦トラックの1つであり、同車をシャーシとする事で装備の共通化や整備性向上などの利点が得られると思われる。総重量は不明だが、ベース車輌であるSX250(SX2150)の空虚重量は9,490kgであり[2]、榴弾砲や弾薬など各種装備の重量を加算すると15トン程度になるのではないかと推測される。車体前部は4人乗りのキャビンとされており、車体中央部は射撃統制装置や砲弾/装薬搭載スペースとされている[1]。車体中央底部両側面には伸縮式の駐鋤が装備されており、射撃時には地上に設置して砲の発射による車体の揺れを抑制する[1]。榴弾砲が搭載されているのは車体後部であり、96式122mm榴弾砲(PL-96/D-30)をベースとした榴弾砲が搭載されている。榴弾砲には爆風避けの防盾が装備されており、砲尾左側には直接照準器が配置されている。砲身は全周旋回が可能で、走行状態では砲身は前方に向けて固定される。射撃の際は、砲身を車体後方に向けて射撃を実施する。122mm砲の俯仰角は0度〜70度。方向射界は左右各22.5度で全周射撃は出来ない。発射速度は毎分6〜8発とされる[1]。

使用可能な砲弾は、榴弾、ERFB(Extend Range Full Bore:低抵抗)弾、ERFB-BB(Extend Range Full Bore-Bass Bleed:低抵抗ベースブリード)弾、ERFB-BB-RA(Extend Range Full Bore-Bass Bleed Rocket Assisted:低抵抗ベースブリード/ロケット推進)弾等の各種122mm砲弾の射撃が可能。最大射程は、通常榴弾で15,400m、ERFB弾で18,000m、ERFB-BB弾で22,000m、ERFB-BB-RA弾で27,000m[1]。

射撃統制装置は、車輌位置測定装置、統合型データリンクシステム、弾道計算機、電動制御システムなどで構成されており、自動モード、半自動モード、手動モードの3種類の射撃方式が用意されている[1]。

牽引砲に比べて大幅な省力化が達成されているのが、本自走砲の特徴とされる。走行状態から射撃開始に要する時間は45〜50秒に過ぎず、2分間で目標に6発の射撃を行った上で陣地転換のための移動を開始し得るとされる[1]。頻繁な陣地転換が可能となった事で、敵の対砲兵射撃に対する生存性は牽引砲とは比べ物にならないほど改善されている。本自走砲は、その車体規模から中国空軍のIL-76MD輸送機Y-8輸送機(運輸8/An-12)による空輸が可能であると推測される。

【総括】
09式122mm車載榴弾砲は、本格的な自走榴弾砲と牽引式榴弾砲の中間に位置する車輌という事が出来る。89式122mm自走榴弾砲(PLZ-89)などの装軌式自走砲と比較すると、全周射撃が不可能、路外機動性に劣る、車体後部にオープントップで122mm榴弾砲を搭載しているため乗員の防護性に限界がある等自走砲としての性能では及ばない部分も多い。その代わり、装軌式自走砲よりも調達費用や運用コストを抑える事が可能となる。また、牽引砲と比較すると自走化により陣地展開の迅速化が図られ戦術的機動性が向上、牽引車両が不要になり、操作要員を削減する事で部隊の省力化・コンパクト化を実現し得る、などのメリットがある。

本車は、成都軍区の第13集団軍隷下の第149師などに配備が行われている[1]。ただし前述の様に、配備が開始されたばかりの車輌のため、まだ具体的な情報には乏しいのが現状で、今後の情報公開が待たれる。

【参考資料】
[1]大旗網「好消息、国産我軍自用型122毫米卡車炮列装成都軍区149師[鉄拳師]炮兵团!!!!!!!!!!!!!!」(2010年8月3日)
[2]ChineseDefenceToday「SX2150 Truck」
[3]新浪網「上合军演中方04式弹炮结合系统可打超低空目标」(2010年9月25日)

【関連項目】
96式122mm榴弾砲(PL-96/D-30)

中国陸軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます