日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼南京軍区の陸軍船舶部隊に所属する271-1型。


271-I/II型汎用揚陸艇は1970年に一番艇が就役し、その後小規模な改良が加えられえながら1980年代まで建造が継続された小型揚陸艇シリーズ[1]。

1966年、中国陸軍は港湾施設の整備されていない沿岸部や島嶼部の陸軍守備隊への燃料飲料水の補給を任務とする搭載量100トンクラスの輸送船の開発を求めた。新型揚陸艇には「271型通用登陸艇」の名称が与えられ、第708研究所によって設計作業が行われた[1]。1番艇の建造は1968年8月に青島造船廠で開始され、1970年6月に竣工。9月から青島近海で公試が行われたが試験の結果は必ずしも軍の要求を満たすものではなかったため、第708研究所では問題点の解決を図った271-II型の名称が付与された改良型の設計作業を進めた。「271-II型」の命名に伴い「271型」の名称も「271-I型」に変更されている。なお271-I型の建造数は上記の一番艇のみという説[2]と複数隻が建造されたとの説[5]が存在するが、艦の写真から判断すると後者の方が蓋然性が高いと思われる。271-II型の設計作業は1971年に完了。翌72年12月から青島造船廠にて建造が開始され、1975年9月に進水、11月30日に陸軍艦艇部隊への引渡しが行われた[2]。

271-II型はエンジン出力を1,200馬力に強化、艦首扉の開閉を油圧作動式にする等の設計変更が施されている[1]。受領後に行われた揚陸試験、離岸試験も成功裏に終了し、軍の要求性能を満たしていると評価された事により1978年に設計案が正式に承認、量産が開始された[2]。翌79年には271-II型に小改造を加えた271-IID型が登場している[1]。271-I/II型シリーズの建造数については幾つかの説があるが、Chinese Defence Todayでは1970年代だけで25隻が建造されとしており[1]、トータルの建造数は200隻を超えるとの情報もある[5]。発展型である271-III型汎用揚陸艇の登場に伴って、初期に建造された271-I/II型の多くは現役を退いている[1]。

【性能】
前述の通り271-I/II型には複数の派生型が存在するが、ここでは量産型である271-II型の主なスペックを紹介する。空荷での排水量は400トン、満載排水量は570トン。全長54m、全幅9.2m、喫水1.7m。主機は6300ZCディーゼル2基で合計出力は1,200馬力。推進軸は2軸式で、最高速力は13kts。航続距離は1,000海里/10kts。近海での活動を前提とした艦艇ではあるが、一定程度の長期活動も考慮しており連続20日間の航海が可能[2]。艦固有の乗員は36名。271-II型の物資搭載能力は標準100トンだが最大150トンの搭載も可能とされる。中型戦車3輌もしくは大型トラック7輌、人員輸送の場合は完全武装の歩兵300名の輸送が可能。

271-I/II型は箱型船体を採用しており、船底はビーチングに適した平底。艦首にはランプを兼ねた艦首扉が設置されて、その後方が車輌甲板となっている。車輌甲板は閉囲構造であるが天井の開閉は可能 [4]。艦橋は船体中央よりやや後方に設置されており、長期航海に必要な居住区を収めた比較的大型の構造物を形成している[3]。舷側排気式のため煙突は設けられていない。艦橋構造物の前後には対空/対水上火器として合計4基の69式14.5mm連装機関砲が搭載されている。

【総括】
271型シリーズは小型の汎用揚陸艇としては搭載力が高く、比較的長い航続距離と荒天下での活動能力を有していることが評価されている[2]。1980年代以降、中国海軍では072型戦車揚陸艦(ユカン型/玉坎型)の戦力化を進めるなど揚陸艦の大型化、高速化を推進する様になった。そして数百隻が配備されていた排水量500トン以下の小型揚陸艇戦力については、基本的に陸軍船舶部隊が運用するものとされ、多くの揚陸艇が陸軍に移管、海軍籍に残されたものも多くは予備艦艇として保存される事になった[2]。271型シリーズは陸軍艦艇部隊の保有する揚陸艇としては最も大型の部類に属しており、主に港湾施設の整備されていない沿岸部や島嶼部の陸軍守備隊への車輌や資材などの輸送任務に従事しており、271型の発展型である271-III型と共に陸軍艦艇部隊の主力補給艦艇の地位を占めている[2]。当然、有事には兵員や戦闘車両を搭載しての着上陸作戦や橋頭堡への物資輸送を行うことも想定されている。

性能緒元(271-II型)
空虚排水量400トン
満載排水量570トン
全長54m
全幅9.2m
喫水1.7m
主機6300ZCディーゼル2基(合計1,200馬力) 2軸
速力13kts
航続距離1,000海里/10kts
乗員36名

【搭載能力】
戦車中型戦車3輌
車輌大型トラック7輌
人員歩兵300名
物資100トン(最大150トン)

【武装】
近接防御69式14.5mm連装機関砲4基

▼南京軍区の陸軍船舶部隊に所属する271-II型。

▼浜辺にビーチングした状態の271-II型。


【参考資料】
[1]Chinese Defence Today「Type 271-II/III Utility Landing Craft」
[2]中国武器大全「217系列登陸艇」
[3]世界の艦船 2009年1月号増刊 世界の揚陸艦(海人社)143頁
[4]中国武器大全「中国海军早期坦克登陆艇的发展」
[5]銀河「変遷與展望−中国現代登陸艦発展」(『艦載武器』2008.10号/中国船舶重工業集団公司)23〜36頁

【関連項目】
271-III型汎用揚陸艇  
中国陸軍
中国海軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます